« 楽しいトラックの広告から‥ | Main | Menüのデザート これは「別腹」 »

July 28, 2017

夏はスイカ!!

Img_2012_08_5458

今日は「フルーツの話題」をお届けしましょう。

しかし、改めて日本と言う国を見ると、本当に果物の種類が豊富だと思います。もちろん、バナナやパイナップル、キウイ、オレンジのように輸入品が幅をきかせている品種もありますが、その多くは国内で生産されていますよね。

林檎、桃、梨、柿、蜜柑に代表される各種の柑橘類、メロン、西瓜、葡萄など、季節に合わせて、国産の「旬の果物」を食べることができるのは、素晴らしいことだと思います。

さらに、海外品種についても、日本で独自に品種改良を施した結果、オリジナルよりも美味しくなっている例もあります。Feriが好きな洋梨も、その一つかもしれません。

これは、国土が狭い割に、南北に広がっていることが要因になっているような気がします。

Img_2012_08_4286


ご存じのようにオーストリアは、元々、緯度が高い上に、国土も狭く、かつ現在は、国土が東西に広がっている関係で、自国で産出される果物は、非常に限られています。

オーストリア産の果物としては、林檎や梨が代表的なものですね。林檎については、需要拡大のキャンペーンを推進していることを、このブログでもご紹介したことがありました。

ただ、陸続きのため、陸上輸送で各国から、各種の農産物が入っているため、店頭には色々な果物が並んでいます。

今日、ご紹介するのは日本でも「夏の果物」の代名詞であるスイカ(西瓜)です。電子マネーのSuicaではありません。

Img_2012_08_4279

夏のバカンスシーズンにオーストリアを旅行すると、ホテルの朝食でスイカが出てくることがあります。こちらでは、Wassermeloneと言いますが、英語がWatermelonなので、同じニュアンスですね。

ホテルの場合、写真のようにスライスしたものが出てきますが、スーパーマーケットなどに行くと、日本と同じく、半分に割った状態、または四分の一に小分けしたものを販売しています。

やはり大食漢の方が多い、こちらでも1個はハードルが高いのでしょうかね(笑)。

また、入り口の平台に陳列しているところを見ると、やはり季節のオススメなのでしょう。

このスイカですが、その野生種がアフリカ中部の砂漠地帯に分布していることから、おそらくそこが原産地だろうといわれています。

Img_2007_07_7995

果物として栽培されるようになるのは地中海沿岸に伝ってからだそうで、その後、ヨーロッパを経て、17世紀にアメリカへ移住民が持ち込み、品種改良が進んだという記録が残っています。

一方、アジアでの歴史は古く、紀元前にはインドへ、そして11世紀にはシルクロード経由で中国に伝わったとされています。

「西瓜」という名前はもともと中国のもので、中国から見て西域の中央アジアから伝わったことに由来しており、日本にもそのままの名前で渡来してきたようです。

Img_2016_08_2468

日本で一般的に普及するようになったのは、江戸時代後期だそうですが、明治時代に入り、日本の風土に合わせた品種改良が進み、今日に至っているとか‥

また、日本では、スイカは昔から単に食用としてではなく、「体に良いもの」として親しまれてそうですが、現在ではその効能も科学的に分析され、スイカの果汁は薬用として利尿に特別の効果があることがはっきりしているそうです。

果汁を濃縮した「スイカ糖」は、急性や慢性の腎臓炎に服用されとか‥

Img_2015_08_2722

現在、世界的に見てスイカの生産量が最も多いのは中国(中華人民共和国)で、他国を圧倒しているそうです。そして、以下、トルコ、イラン、ブラジル、エジプトと続きます。

オーストリアに入っているスイカですが、スペインあたりから輸入されているようです。お値段は、例によってグラム単位です。

なお、日本は世界的に見ると生産量は少ないのですが、Feriの住まいがある千葉県は、生産量全国2位を誇っています。

20170727ss00001

成田空港にほど近い富里と八街の両市で、県内生産量の5割を超えているそうです。そう言えば、自宅近くのスーパーマーケットにも地場のスイカが並んでいたような気がします。

オーストリアで食べたスイカですが、日本に比べると甘みが薄感じがしました。特にホテルで提供されるものは‥

ただ、必ずしも総てのスイカの味が薄いという訳ではなく、友人宅でご馳走になったもの(トップの写真です)は、甘みも強く、美味しかったですね。いずこも同じですが、やはり選び方によるのでしょう。

なお、今回の記事をまとめるにあたって、JA全農やまぐち様のホームページを参考にさせていただきました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, 日記・コラム・つぶやき |

« 楽しいトラックの広告から‥ | Main | Menüのデザート これは「別腹」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 楽しいトラックの広告から‥ | Main | Menüのデザート これは「別腹」 »