« 内燃機関自動車の未来は? | Main | 変わったお店シリーズ128 小さな街のChina-Restaurant »

August 13, 2017

郷土料理「Bauernschmaus」を作ろう!!

1992_08_02

今日は「郷土料理の話題」をお伝えしましょう。

このブログを始めた直後の2005年8月に「Bauernschmaus」(バウワンシュマウス)という料理をご紹介したことがあります。

Feriは、これを親愛の情を込めて「農夫のご馳走」と名付けています(正確には「農家のご馳走」ですが‥)。

オーストリアの田舎で手軽に手に入る材料を使って、地元の皆さまがちょっと贅沢な食事をしよう‥そんなニュアンスが伝わってくる料理です。

主役はSpeck(ベーコン)、Schinken(ハム)、Wurst(ソーセージ)などの豚肉加工品。それにSauerkraut(サワークラウト)、Knödel(クネーデル)、Kartoffel(ジャガイモ)などが一皿に盛り付けられています。この「一皿に盛り付ける」というのが、田舎料理らしいところかもしれません。

20170812_x201_00001

本来、地方の郷土料理ですが、ウィーンのバイスルや、庶民的なレストランなどでもメニューに載っていることがあります。

お値段の割のボリュームがあるので、Feriも、若かった頃は、旅行中に食べていたものです。

さて、以前、日本オーストリア食文化協会の世話役をしている方とお目にかかった際、“Feriさん、日本でも材料選びを間違えなければ「Bauernschmaus」は簡単に作れますよ”というアドバイスを頂きました。

そこで、教えて頂いた方の了解を得たので、「Bauernschmausの簡単な作り方」をご紹介しましょう。

まずは、材料集めから。ベーコンは、こちらではポピュラーな「田舎風皮付きのもの」がベストだそうですが、日本では入手が困難。そこで、一般的なものを「厚切り」で代用します。

ハムに関しては、ロース部分を使った「カスラーリッペン」がベストだそうです。なお、代用品はロース肉のローストポーク。

20170812_x201_00002

ソーセージは、フランクフルトやチョリソーなどでOK。これが一番、入手しやすいですよね。なお、例の「タコさんウィンナー」が載っている例も多数。

サワークラウトは、日本のキャベツで作ると柔らか過ぎて溶けてしまうそうで、輸入物の缶詰や瓶詰めを利用します。こちらも最近では、ちょっと大きなスーパーマーケットなどで、手に入るようになりました(さすがに日本です‥)。

ジャガイモは、茹でてからカットして、炒めればOKです。またベーコン、玉葱のみじん切りと共に炒めて、いわゆる「ジャーマンポテト風」にしても良いそうです。

「Bauernschmaus」にはSenf(センフ、カラシ)がつきものですが、こちらも最近では、比較的入手が容易になっていますね。

これらを大きな皿に盛り合わせて完成です。入手は手間がかかりますが、オーストリアのBierとともに食べれば、気分はチロルの田舎(笑)。

ただ、ある程度、特殊な材料を用意するので、大人数で分けて食べた方が良いかもしれません。

20170812_x201_00003

また、いわゆる郷土料理・家庭料理なので、盛り付けは色々なパターンがあるようです。「こうしなければならない」という掟はありませんから、自分流の「Bauernschmaus」を作るのも楽しいと思います。

地方では、「Bauernschmaus」のお供はBierと相場は決まっていますが、ウィーンではWineとともに食べることも‥ 

GRÜNER VELTLINERなど、辛口の白ワインともピッタリです。材料さえ揃えば、簡単にできるお料理なので、夏休みに皆さまも是非、作ってみてはいかがでしょうか。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング |

« 内燃機関自動車の未来は? | Main | 変わったお店シリーズ128 小さな街のChina-Restaurant »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 内燃機関自動車の未来は? | Main | 変わったお店シリーズ128 小さな街のChina-Restaurant »