« 短い合流アプローチ | Main | Zahnradbergbahnen in Österreich(その1) »

August 27, 2017

変わったお店シリーズ129 ブルスト君はバカンス中?

20170826_x201_00001

最近、「手抜きの記事」が多くて、皆さまには申し訳ないと思っております。色々と身辺多忙なもので‥

オーストリアでは、9月から新学期が始まるなど、秋はバカンスを終えて、新生活がスタートする時期でもあります。

ご存じのように、ウィーンでは地下鉄U1が9月2日にOberlaaまで延長開業するのが、大きなニュースでしょうか。

今週になって、開業日当日のイベント内容もWiener Linienから発表され、Oberlaa開業に対する意気込みが感じられます。

Img_2010_08_5369

案内用リーフレットの表紙はU1と書かれたコーヒーカップ。Oberlaaに本店があるKonditorei Oberlaaをイメージしていることは明白と言いたいところですが、もちろん、Feriの冗談です。公共企業が個別の企業に肩入れすることはありませんので‥

Feriは、以前、U2の延長開業に立ち会ったことがありますが、あちらは新興住宅地。それに対して、今回はウィーンでも屈指の温泉保養施設がある場所なので、盛り上がり方も半端ではないような気がします。

今後は、しばらく地下鉄の延長開業はないので、ある意味、エポックメイキングな日になると言えるかも知れません。

Img_2009_08_5829

なお、現在、主要駅ではイベント案内を兼ねたチケットが配布されていますが、これは9月2日の9時から21時まで、Wiener Linien市内全線(地下鉄、路面電車、バス)が利用できます。もちろん、無料。Wiener Linienは太っ腹ですねぇ。

さて、今日の記事は地下鉄延伸とは関係のない話題です(笑)。

以前、宿泊しているLungauの某街を散策していたところ、写真のようなミニバンを見かけました。ブルストを擬人化したイラストが後部に描かれているのは、ご覧のとおり。

サングラスをかけて、椰子の木に寄りかかっているブルスト君。バカンス中なのでしょうか? よく見ると台詞が吹き出しで書かれています。“Mir iss Wurscht!”

ある意味、人を小馬鹿にしたような印象も受けますが、これは、こちらなりのジョークなのでしょう。

Img_2010_08_5370

実は、Feriが最初に、このミニバンを見かけたのは、肉屋さんの前にある駐車スペースでした。

そのため、うっかりもののFeriは、肉屋がPR用に作ったのではないか‥と思い込んでしまいました。が、肉屋さんがミニバンを使うのは、考えられません。また、その後、市内の別の場所でも見かけたところから、別の店のミニバンではないかと考えるようになりました。

そこで、撮影した写真を、改めて見ると、「金曜、土曜は2時まで営業」の文字が‥どうやら市内にあるスナックのものだったことがわかりました。で、このスナックですが、「Mir iss Wurscht!」という屋号だったのです。

で、このバカンス中のブルスト君が、このお店のシンボルマークだった‥という訳です。なるほど、スナックだったら、わかるような気もします。

現在も営業しているかどうかは、わかりませんが、この屋号とロゴマークを考えた人が、どんな方なのか、興味があるところです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店, 街角の話題 |

« 短い合流アプローチ | Main | Zahnradbergbahnen in Österreich(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 短い合流アプローチ | Main | Zahnradbergbahnen in Österreich(その1) »