« ちょっと変わった小さな児童公園 | Main | 変わったお店シリーズ127 消防署がBierPabに変身 »

August 08, 2017

交通標識の上に‥

Img_2011_08_9049_2

今日は「交通標識の話題」をお伝えしましょう。

通常、一般の道路にある交通標識は当局が設置するため、基本的には、どこでも同じ仕様になっていると思います。

若干、デザインが異なることはありますが、民間の広告とコラボレーションするケースというのは、まず考えられないと思います。

さて、2009年の夏、夏休みのドライブ中に立ち寄った「とある小さな街」。車を駐車場に止めて、街中を散策していると‥

Img_2009_08_6835

何とも不思議な交通標識に出くわしました。三角形の一時停止標識の上に、何とアイスクリームのオブジェが載っているではありませんか!!

今の世の中、画像編集ソフトを使えば、簡単に合成写真を作ることができますが、これは決してフェイク画像ではありません。ホンモノです。

その証拠に、色々な角度から撮影した写真(2009年と2011年)を掲載しました。

さて、この場所なのですが、小さな街の中心にある広場で、中央に噴水があります。ランドアバウトではないのですが、路地から道路に出る箇所にあたるため、一時停止標識が付いているのです。

Img_2009_08_6834

当然、狭い路地よりも道路に優先権があるため、路地から合流する際には、一時停止して、安全を確認する必要があります。

それにしても、公共的な案内が載っているのならば、納得できるのですが、「アイスクリームのオブジェ」というのは、正直、我が目を疑いました。

確かに、近くにアイスクリームショップがありますから、その宣伝なのでしょう。さすがに屋号はオブジェには書かれていませんでしたが、かなりインパクトがある標識には違いありません。

Img_2009_08_6833

オブジェは、いわゆるコーンの上に複数のアイスが載ったタイプ。

こちらでは、ポピュラーな商品で、老若男女、夏はアイスクリームショップへ出かけて、自分が好きなアイスを乗せてもらいます。乗せるアイスの数でお値段が決まる仕組みなっているのは、いずこも同じ。

当初、私有地に建てた私設標識かとも考えたのですが、交通標識のポールには、正式な表示板が取り付けられているので、決してプライベートで建てたものではなさそうです。

誰が、どのような意図で、このようなオブジェの設置を許可したのか‥興味は尽きません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ちょっと変わった小さな児童公園 | Main | 変わったお店シリーズ127 消防署がBierPabに変身 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ちょっと変わった小さな児童公園 | Main | 変わったお店シリーズ127 消防署がBierPabに変身 »