« August 2017 | Main

September 2017

September 20, 2017

U5の使用車両はSIEMENSが落札

Img_2016_122_0891

今日は、またまた「ウィーン地下鉄のニュース」をお伝えしましょう。

U1のOberlla延長開業が、滞りなく行われ、次の大プロジェクトはU5とU2の建設に移りました。

このブログでも取り上げているように新たに建設されるU5では、自動運転が導入されることが決まっています。

使用される車両については、SIEMENSとBombardierの両者が競っていましたが、9月12日、Wiener Linienから、SIEMENSに決まったことが発表されました。

Img_2015_09_3334

今回、新製される車両はU5専用という訳ではなく、従来の地下鉄車両(Type U、愛称“シルバーアロー”)の置き換えを視野に入れており、2030年までに45編成が製造されることが決まりました。

基本的な仕様は、現在、U1、U2、U3、U4で使用されている6両固定編成のType Vに準じており、バリアフリー対応で、エアコンや監視カメラも装備されます。U5ではホームドアと自動運転が採用されますので、関連したシステムが装備されることになるでしょう。

なお、最初の車両は、各種テストを行う関係で2020年に投入される予定になっています。今回、SIEMENSは新型車両の継続的なメンテナンスも含めて受注したことも発表されています。

Continue reading "U5の使用車両はSIEMENSが落札"

| | Comments (0)

September 19, 2017

マッサージチェアでリラックスはいかが?

Img_2017_09_0175

読者の皆さまは、台風18号の被害はございませんでしたでしょうか。この時期、地域によっては学校や幼稚園で運動会を開催していると思うのですが、台風18号の雨にたたられたような気もします。

さて、今日は「やわらかい話題」をお届けしましょう。

先日、WestbahnhofのBahnhof Cityへ買い物に出かけた際、地下の通路で面白いものを見かけました。

写真をご覧になればおわかりのように「有料のマッサージチェア(Massagesessel)」です。

以前、このブログでも、ウィーン郊外にある南ショッピングセンターで見かけたマッサージチェアをご紹介したことがありますが、基本的には同じシステムです。

Img_2017_09_0176

8台が設置されており、料金ボックスにコインを入れるとマッサージシステムが作動します。

面白いのはコースが二つあること。8分間(2.0Euro)と12分間(2.5Euro)が設定されていました。12分コースの方がお得感はありますね。使用できるコインは2Euro、1Euro、50Centの3種類のようでした。

さすがに早朝から使っている人はいらっしゃいませんでしたが、午後に通りかかった時には、結構、座っているお客さまを見かけました。

Continue reading "マッサージチェアでリラックスはいかが?"

| | Comments (0)

September 18, 2017

WestBahnがHauptbahnhofにデビュー

Img_2017_09_0530

日本では、今年は9月18日が「敬老の日」で祝日。秋の行楽シーズンということで、お出かけを予定していた方も多かったと思うのですが、台風18号が襲来して、レジャーどころでは無かったかもしれませんね。

さて、今日は、またまた「鉄道の話題」で恐縮です。最も“オペレッタの話題はどうしたの?”という声は余り聞こえませんが‥

ÖBBの長距離優等列車が総てHauptbahnhof発着になり、Westbahnhofの長距離列車はWestBahnの列車だけとなりました。

先日、所用があってHauptbahnhofへ出かけた折、コンコースでWestBahnのスタッフがパンフレットを配ってアピールしていました。“Westbahnhofへ誘導するのも大変だなぁ”と思いつつ、何気なく、列車の発着案内表示器を見たら「WestBahn」の文字が‥

Img_2017_09_0526

ビックリして、プラットホームに上がってみると、件の電車が止まっているではありませんか。

当初、Feriは、WestBahnは、Westbahnhofだけを使うのではないか…と予測していましたが、見事に外れました(笑)。

この日は偶然、出発時間が遅れていたため、列車の出発を見送ることができたというのも、不思議なご縁です。ちなみに発着案内表示器の写真をチェックしたところ、当日の行き先はWestbahnhofになっていました。

で、コンコースでWestBahnのスタッフからもらったリーフレットをチェックすると‥

時刻表には「WESTshuttle」となっており、正式な運転開始は2017年12月のダイヤ改正からのようです。

Img_2017_09_0651

では、この日、Hauptbahnhofにやってきた電車は、何だったのでしょうか。試運転だったのか、何らかのプロモーションだったのかは確認できませんでした。

しかし、昔から、この手のSonderzug(特別列車)を引き寄せる力が強いFeri。久々に「当てました」(笑)。

余談になりますが、当日、WestBahnの電車の隣には、RaaberbahnのVENTUS(GySEV 4744)停車中。ウィーンの「鉄道の変化」を実感した一時です。

列車の出発を見送ってから、パンフレットをチェックすると、Hauptbahnhofへ乗り入れるのは「WESTshuttle」という名称の列車で、下りは午前中(Hauptbahnhof9時08分発から14時08分発まで、1時間間隔で6本、毎日運転)、上りは昼(Hauptbahnhof10時59分着から13時59分着まで、1時間間隔で4本。この他に運転曜日限定の列車が4本)に限定されているようです。

で、今回の運転区間はHauptbahnhof-Westbahnhof間でしたが、営業運転に際しても、「WESTshuttle」は、そのままSalzburg方面へ直通運転するのではなく、あくまでもウィーン市内の接続列車との位置づけのようです。

というには、リーフレットに掲載されている時刻表を見るとWestbahnhofの接続時間が10分以上設定されているからです。

Continue reading "WestBahnがHauptbahnhofにデビュー"

| | Comments (0)

September 17, 2017

地下鉄Oberlla延長開業余話

Img_2017_09_0195

今日は、先日、詳細にお伝えしたウィーン地下鉄U1のOberlla開業に関連したお話です。前回、ご紹介できなかった話題です。

ウィーン市長をはじめとするVIPが集まったのは、Reumannplatz駅なのは、ご存じのとおり。

ヨーロッパではテロが多発していることもあり、従来の警察による警備に加えて、民間警備会社の警備員も投入されていました。

一応、関係者とPressPassを持っている人しか入ることができないエリアが設定され、金属製の柵で仕切られていました。

Img_2017_09_0197

一般の見物客や試乗客は、柵の外で待機中。ところが、このVIPエリアは地下鉄の出口に隣接しているため、Reumannplatz駅に到着した乗客が地上に出てくると、結果としてVIPエリアを横切ることも‥

そのため、VIPエリアに一般人が混じっている時がありました。ところで、この手のイベントになると、マスコミの注目を集めるため、変わった格好をした人物が現れてくるのが常。

案の定、マスコミが喜びそうな奇抜な格好をしたおじさまがやってきました。

Feriが文章で説明するより、写真をご覧頂いた方がわかりやすいと思いますが、飛行機をくくりつけた帽子をかぶっているのが特徴。本人もマスコミのインタビューに答えるのが楽しみなようで、進んでORFインタビューに応じていました。

Img_2006_05_2357

当初は、柵の内側にいるレポーターが外側のおじさんにインタビューをしていたのですが、その後、なぜか、おじさんは柵の内側へ‥

さて、日本の場合、開通式ではテープカットが定番のセレモニーですが、今回、Reumannplatz駅では、何も行われなかったようです。単純にVIPも一般のお客さまと一緒に初列車に乗る‥という感じですね。

最も、Feriは混雑が激しく、Oberlla側の先頭車付近を避けていたので、何らかのセレモニーがあったのかもしれませんが‥少なくともセレモニーらしき準備は発見できませんでした。これはU2のSeestadt延長開業時も同じでした。

前日までは、Reumannplatz駅での折り返し列車は、一旦、Oberllaへ引き上げていましたが、延長開業の当日は、Leopoldau 方面から来た列車は1番線に入り、そのまま、折り返していました。

Continue reading "地下鉄Oberlla延長開業余話"

| | Comments (0)

September 16, 2017

Oberllaを散策

Img_2017_09_0083

今日は「Oberlla周辺のお話」です。

Feriは、地下鉄が開業する前日、工事の完成状況、廃止予定の路面電車路線がどうなているかが気になり、Oberllaを訪れました。

U1のOberlla駅では、最終的な仕上げ工事をしていましたし、駅前広場では各種イベントの準備が急ピッチで進められていました。

ただ、いらっしゃったのは工事関係者やイベント関係者が圧倒的に多く、Kurpark Oberlaaには、のんびりとした空気が流れていました。

Img_2017_09_0067

池を配した広大なKurpark Oberlaaはお散歩コースとしても最適で、当日も平日にもかかわらず、散歩を楽しんでいる人を見かけました。

ところで、Feriは、今までKurpark Oberlaa側は散策したことがあるのですが、南側にあるÖBBの線路を挟んだ反対側は、行ったことがありませんでした。

実は、Oberllaのホイリゲは、ÖBB線路の南側にあるのですよね。ただ、平日の昼間だったので、ホイリゲは、当然、営業していません。

Img_2017_09_0068

本当はホイリゲが営業しているタイミングで来れば良かったのですが、午後、市内中心部で友人と会う約束があったため、早めにOberllaへやって来たのです。

ただ、昼食時だったので、Oberllaで昼食をとろうと考え、ÖBBの南側へ行ってみることにしました。

Kurpark Oberlaa側からは旧67系統の停留所付近から、地下道で簡単に南側に抜けることができます。

かつてはOberllaにもÖBBの駅があったようで、立派な駅舎がありますが、現在、旅客営業は行っていません。

Img_2017_09_0071

教会の尖塔が見えたので、その方向へ歩いて行くと、ホイリゲの方向を示す看板が‥ 次はOberllaのホイリゲを訪れてみたいと思います。

路線バス70Aも通るOberlaaer Straßeに出ると、1軒のレストランを発見。In's Steff Gasthaus und Restaurantという名前で、ホイリゲではありませんが、中庭がシャニガルテンになっているようなので、ここで昼食をとることに‥

平日の昼間だったので、天気が良かったにもかかわらず、シャニガルテンはガラガラ。一組のご夫婦がゆっくりとお食事を楽しんでいるだけでした。

Continue reading "Oberllaを散策"

| | Comments (0)

September 15, 2017

建設会社のデモンストレーション会場で

Img_2017_09_0217

ウィーン地下鉄U1のOberlla開業から2週間が経過しましたが、「住民の足」として機能していることでしょう。

今回、始めてOberlla周辺を散策しましたが、その内容については、改めてご紹介したいと思います。さて、今日は「開通記念イベントで見かけた建設会社のデモンストレーションの話題」をお届けしましょう。

9月2日の「U1延長開業の模様」は、このブログでもお伝えしましたが、Oberllaでは旧バスターミナル周辺で色々なイベントが開催されていました。

奥の広場にある仮設ステージでは、コンサートも開催されていましたが、その手前の広場では、地下鉄建設に関連する組織や企業などがブースを出していました。

Wiener Linienも、トレーラー方式の売店を出して、各種グッズを販売、VORはブース内でパンフレットやグッズの配布を行っていました。余談ですが、無料のグッズは、こちらでも人気が高く、1時間ほどで配布終了‥という感じでした。

この中で、目立っていたのがオーストリアの大手ゼネコンPORRのコーナー。同社はU1の工事にも深く関わっています。

Img_2017_09_0218

で、PORRのコーナーにあったのは小型油圧ショベル。別に実物を展示するのは驚くに値しませんが、何と、来場者に搭乗させて、係員の指導で油圧ショベルを操作させていたのです(一般的に、この手の油圧ショベルをユンボと呼ぶことがありますが、この名称は某大手レンタル会社の登録商標なので、今回は使用を控えました)。

イベントでの試乗なので、子供さんが対象かと思っていたのですが、大人もOK。結構、大人の方がチャレンジしていました。

実際にシャベルのアームを操作して、バケツを運ぶといった作業を行っていました。普通の人が、油圧シャベルを扱うことは、ほとんど無いので、皆さん、興味津々。どのレバーを操作すると、どのような動きをするのか、係員の案内に従って真剣に操作していました。

こちらでは、プラーターなどにも、純粋なアミューズメント施設として、「油圧ショベルの乗り物」が設置されており、子供さんの人気を集めています。

しかし、今回、使用されていたのは、こういった遊具ではなく、小型ですが本物です。

Continue reading "建設会社のデモンストレーション会場で"

| | Comments (0)

September 14, 2017

路線図に変化が‥

Img_2017_09_0172

今日は地下鉄車内に掲出されている「路線図の話題」です。

このブログでもご紹介しているようにウィーンを中心とするエリアはVOR(Verkehrsverbund Ost-Region GmbH)という組織が統轄しており、運行会社は異なっていても、統一した運賃体系になっています。

そのため、利用者はWiener Linien、ÖBB、民間バス会社などを意識せずに利用することができます。これは、日本でも実現したい素晴らしいシステムだと思います。

日本では、電子系交通マネーが普及してから、乗り換えは楽になったものの、肝心の運賃は別会計。

Img_2017_09_0516

何しろ東京では、地下鉄ですら、東京メトロと都営が共通運賃ではないという位ですから‥

さて、9月のダイヤ改正を機に、当然、地下鉄車内などに掲出されている路線図も一新されました。

地下鉄駅や停留所に掲出されているWiener Linien制作の大型路線図には、従来からWiener Linienの各系統だけでなく、ÖBBが運行するS Bahnの路線も記載されていました。

しかし、地下鉄車内の地下鉄路線図には、当たり前ですが、地下鉄路線だけでした。

が、今回のダイヤ改正から、何と一部ではありますが、S Bahnの路線が描かれるようになりました。

Continue reading "路線図に変化が‥"

| | Comments (0)

September 13, 2017

Frühstückも色々です

Img_2017_09_001

今日は「Frühstück(朝食)の話題」をお届けしましょう。

Feriがウィーンに来るようになった頃は、ホテルに宿泊しており、当時は、ほとんど朝食付きでした。そのため、「朝食=ホテルでとるもの」といった考え方でした。今でも夏などに地方へ出かけると、そのパターンが多いですね。

その後、アパートで生活するようになってからは、朝食はアパートで食べるようになりました。オーブンが完備しているため、半生のセンメルを焼いて食べることができるようになったのが、最大のメリットでしょうか。焼き立てのセンメルは、本当に美味しいですからね。

また、自炊をすると、費用も抑えることができますし‥

しかし、日本からウィーンへ戻った直後などは、アパートに食材のストックがないため、「朝の買い出し」が必須になります。

Img_2017_09_002

さらにスケジュールの都合で、土曜日の夜に戻った場合などは、翌朝が日曜日ですから、食材の買い出しが事実上、不可能になります。

そんな時は、近くのCaféやBäckreiに出かけて、朝食をとることも‥

冒頭の写真はWestbahnhof地下にあるBäckrei Hebererのもの。「Wiener Frühstück」という名前が付いていました。

内容は至ってシンプル。センメル1個にジャムとバター、それにKaffee。

ここは店内で、半生のブロートを焼いているので、お味はそれなりです。ベッカライのこだわりなのか、ジャムが瓶入りなのがポイント。ちなみにお値段は3.7Euroです。

最近は食が細くなっているFeriでも、さすがに、この内容だけで、昼まで持たせるのは、ちょっと厳しい感じもします。

Continue reading "Frühstückも色々です"

| | Comments (0)

September 12, 2017

Auskreuzung der Linien2 und 44

Img_2017_09_5192

今日は再び「Wiener Linienの話題」をお届けしましょう。今回は「路面電車編」です。

今回、U1の延長開業に関連して路面電車の路線改編が行われました。先日、お伝えした58系統の廃止、67系統の路線短縮(Otto-Probst-Platz-Reumannplatz)、60系統の延長(Westbahnhof -Rodaun間)、更に停留所名の変更など、色々な変化がありました。

その中で、Feriが注目していたのは、大規模な設備改良工事を伴う2系統と44系統の路線変更です。

Img_2017_09_0507

このブログでもご紹介したように、ダイヤ改正前から、路線を短縮して地上設備の工事を行っていました。

そして、9月2日のダイヤ改正で、2系統はDornbach-Friedrich-Engels-Platz間、44系統はSchottentor-Maroltingergasse間に運行系統が変更されました。

両系統は、Wienを代表するBier会社Ottalringerの本社工場前のJohann-Nepomuk-Berger-Platzで路線が入れ替わる訳です。

Img_2017_09_5198

Wiener Linienも独自のロゴマークやリーフレットを制作してまで、アピールしている位ですから、力の入れ方がわかります。

そこで、ダイヤ改正後、路線が入れ替わったタイミングを見計らって(要するにJohann-Nepomuk-Berger-Platzでの路面電車の運転が再開されてから)、出かけてきました。

Feriは都心部から2系統で向かいました。

従来、Johann-Nepomuk-Berger-PlatzでNeuterchenfelder StraßeからOttalringer Straßeに道なりで合流していましたが、運行系統変更後は、Ottalringer Straßeを横断し、Taubergasseに入ったところに停留所が新設されました。

Img_2017_09_0506

ちなみに左の図が現在の運転系統図です。

Taubergasseは、元々一方通行なので、路面電車も片方向のみの運転。都心側へ向かう2系統はRosenstaingasseを通り、Ottalringer Straßeに一旦入ってから、Neuterchenfelder Straßeに向かいます。

一方、44系統はOttalringer Straßを、そのまま走り、OttalringでU3やS45をアンダーパスして、Maroltingergasse(旧停留所名はOttakringer Straße, Erdbrustgasse)に向かいます。

Feriは、現場に行くまで、2系統を旧44系統に乗り入れさせるだけなので、さほど、大きな工事ではないだろうと思っていました。

Continue reading "Auskreuzung der Linien2 und 44"

| | Comments (0)

September 11, 2017

高級アパートへのご入居が始まりました

Img_2017_09_0445

今日はFeriお得意の「定点観測シリーズ」です(笑)。

このブログで、逐次、建設の模様をレポートしてきた19区の高級アパートですが、やっと竣工し、ご入居が始まりました。

Feriの知り合いに入居している人がいる訳ではないので、内部はご紹介できませんが、最終的に完成したアパートと周辺の状況をお伝えしましょう。

まずは、高級アパート「Pfarrwiesengasse 23」のおさらいから。

このアパートは、古くなり移転した老人ホーム跡地にBUWOGというデベロッパーが建設を進めていたものです。集合住宅(Apartment)とTown Hauseが同じ敷地に設けられています。

Img_2017_09_0452

集合住宅はペントハウスを含めて9階建てで、78戸の住まいが設けられます。用途に応じて2室から4室までの仕様があり、床面積は62平方メートルから223平方メートルとなっています。

一方、集合住宅とは別に独立したTown Hauseが7戸、建設されました。こちらは床面積が109平方メートルから230平方メートルだそうです。

Img_2017_09_0454

このブログで、最後にお知らせした時は、躯体工事がほぼ完了し、内装工事に入っていると思われる時期でした。

先日、訪れたところ、すでにベランダにはイスやテーブルなどが置かれている部屋も多く、入居が始まっていることがわかりました。

当初は、コンクリート打ちっぱなしだったこともあり、威圧感がありましたが、白色に塗装された関係か、威圧感は弱くなったような印象を受けました。

Img_2017_09_0453

それにしてもStraße-Lanner-Park側から見ると、まるで公園がアパートの敷地内緑地のような錯覚を覚えます。ある意味、見事な借景と言えるかも知れません。

ところで、地下駐車場は完成し、機能しているようでしたが、隣接する区画の付帯施設に関しては、まだ工事が継続中のようで、整地も完全に行われていませんでした。

この区画に、どのような付帯施設が建設される予定なのか知る由もありませんが、ちょっと残念な印象を持ちました。

Continue reading "高級アパートへのご入居が始まりました"

| | Comments (0)

September 10, 2017

変わった自動販売機、再発見!

Img_2017_09_0240

ウィーンでは、今週のFestが各地で開催中です。Festの見学レポートをご期待の皆さまもいらっしゃるかもしれませんが、今日は「自動販売機の話題」をお届けしましょう。

日本は自動販売機大国であることは間違えないと思うのですが、時々、こちらでは「アッと驚くような自動販売機」と出会うことがあります。

これらは法的な規制なども関連していると思うのですが、「考え方の違い」も関係しているのでしょう。

U1の延長開業でOberllaへ行った際、Therme Wienの玄関前でも同館が飲食店のブースを出していました。まぁ、これは想定内。

で、その奥、玄関前にゆるキャラ風の置物が設置されていました。最初、遠くから見ていたFeriは“Therme Wienのシンボルキャラかな?”程度の認識でした。実際、子供さんが集まっていましたし‥

Img_2017_09_0242

メイン会場の見学を終えて、帰りがけに、せっかくなのでTherme Wienにも立ち寄ってみました。

と、このゆるキャラ風の物体は、単なる置物ではなく、何かの装置であることが判明。さっそく近くに寄って観察。何と、ソフトクリームの自動販売機がビルトインされているではありませんか。

自動販売機本体は、さほど巨大なものではないようですが、ゆるキャラ風の置物にビルトインされているため、子供さんにも大人気。

実際、お孫さんにせがまれたおばあちゃんが、お金を出して、使っている場面を目撃しました。いずこもお孫さんにはおさいふの紐が緩いものです‥

Img_2017_09_0243

まず、コイン投入口に2Euroを入れると、左側からコーンが出てきます。

次に、お客さまが、コーンを右側にあるソフトクリームのベンダーにセットして、ボタンを押すと、コーンが移動しながらソフトクリームが上から出てくるようになっていました。

できあがるまで、プラスチック製のカバーは開かないようで、その点は衛生面の配慮もできているようでした。また、ソフトクリームは、二種類ありました。

実は、この手の「ソフトクリームの自販機」については、その昔、ザルツカンマーグートで見かけたことがあります。

さっそく写真を探してみたところ、撮影したのは1985年のことでした。何と、今から30年以上前です。以前も、このブログでご紹介したことがありましたが、改めて写真を掲載します。

Continue reading "変わった自動販売機、再発見!"

| | Comments (0)

September 09, 2017

HARIBOの販促イベントがありました

Img_2017_09_0107

今日も軽い「お菓子の販促イベントにまつわる話題」です。

先日、WestbahnhofにあるBahnhof Cityに立ち寄ったところ、スーパーマーケットMERKURの前で、何やらイベントを開催していました。

金色い熊が目印と言えば、最近は日本でもコンビニエンスストアで販売されるなど、有名になったグミメーカーのドイツHARIBO

Img_2017_09_0003

HARIBOは、オーストリアでも有名なグミ。MERKURをはじめとするスーパーマーケットでも必ず販売している「定番商品」です。

今更、販促イベントをしなくても知名度は抜群なので、なぜ、わざわざBahnhof Cityの通路を借りて販促イベントを開催したのかは不明ですが、かなり大規模なイベントのようでした。

黄色い熊はもちろん(こちらも、背中が販売ワゴンを兼ねています)、トラックの形状をした販売ワゴン、さらに小型のメリーゴーラウンドも設置されていました。

Img_2017_09_0004

また、床にはHARIBOのじゅうたんも敷かれていました。

なお、このコーナーにはレジも設置されており、販促と同時に、販売も行っていました。

Feriが通りかかったのは、朝早かったので、あまり人が集まっていませんでしたが、その後、所用を終えて帰りがけに通りかかったところ、多くの子供さん達で賑わっていました。

Continue reading "HARIBOの販促イベントがありました"

| | Comments (0)

September 08, 2017

国会議事堂の仮施設オープン

Img_2017_09_0039

「Wiener Linienのダイヤ改正関連の話題」は、まだお知らせしたい内容が沢山あるのですが、鉄道関連の話題ばかりでは、面白くないと思いますので、今日は趣向を変えて「軽い話題」を‥

このブログでも、建設中の模様をお伝えした国会議事堂(パーラメント Parlament)の仮設施設ですが、予定どおり、完成し、実際に運用を開始しました。

Img_2017_09_0037

2016年秋から、ヘルデンプラッツの一部に、国会議事堂の代替仮設施設の建設が始まりました。この建物の中で国会を開催する訳ではなく、議会関連のオフィスが入居しいるそうです。

なお、以前もご紹介したように、仮設施設に総ての機能を集中させる訳ではなく、国会の機能はHofburgに移し、不足するスペースを本施設で補うようです。

Img_2017_09_0036

プレハブ方式の仮設施設ですが、予定どおりカール大公像の左右に、二棟の3階建ての建物が建設されました。

できあがった建物を見ると、興味深いのは、建物本体の外側に網状のカバーが取り付けられていることです。また、よく見ると網状のカバーには文字が描かれています。

これは、デザイン上の問題なのか、それとも保安対策なのかは、知る由もありませんが、なかなかユニークなデザインです。

ただ、このカバーのお陰で、プレハブ然とした感じは、かなり弱まっているような気がします。

Continue reading "国会議事堂の仮施設オープン"

| | Comments (0)

September 07, 2017

オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」

Img_2017_09_0367

今シーズンのVolksoperFestで、最大の目玉企画は、一般のお客さまを招待して実施する「Fest bei Orlofsky」です。

「こうもり」の第2幕、オルロフスキー公爵の夜会に一般のお客さま70名を招待して、実際にやってしまおうという、ぶっ飛び企画です。しかも、「夕方の部」と「夜の部」と2回実施。

7月上旬、Feriは、Robert Meyerさんに“参加の可否”を打診しました。すると、Festの事務局から、参加を承諾する旨のメールが到着。どちらの回に出演したいかを連絡して欲しいという内容が添えられていました。

正に「こうもり」の第1幕前半、アデーレに夜会の招待状が来て、舞い上がってアリアを歌う場面を連想してしまいます。それくらいFeriもテンションが上がりました。もっとも、アリアは歌えませんが(笑)。

実は、今回の企画は、1回目と2回目では、出演者が違うという凝りよう。実は1回目の方が出演者はFeri好みだったのですが、1回目を見学して状況を把握した方がリスクは少ないと判断し、2回目(夜の部)の出演をリクエストしました。

そして、迎えた本番当日の9月2日。Festの会場には、「Feri bie Orlofsky」出演者用のレセプションが設けられていました。

また、家族や友人に晴れ姿を見てもらうため、出演者用に席が確保されており、Feriもチケットを入手しました。ただ、親しい人が忙しく、残念ながら友人にFeriの晴れ姿を観賞してもらうことは実現できませんでした。

レセプションで受付を済ませると、劇場のバックステージに入場できる名前入りの「Bühenenpas」が交付されました。これで当日限りですが、劇団員の仲間入りです。

Img_2017_09_0010

7月下旬、Robert Meyerさんから、当日のスケジュールと第2幕の楽譜が送られてきました。もちろん、全員が歌唱の素養がある訳ではないで、“歌えなくても大丈夫”というコメントが添えられていました。

1回目が予定よりも時間が長くなってしまったため、2回目の劇場入りは、若干遅れて18時過ぎになりました。楽屋口の内部で出演者が「Bühenenpas」を首からぶら下げて待機しています。

皆さんのテンションが上がってきているのが、何となく伝わってきました。

係員の案内で、劇場最上階にあるDressing roomに案内されます。ここは、オペレッタで劇中、衣装を身にまとって小道具などを運ぶスタッフが使用する更衣室のようです。

Img_2017_09_0395

ただ、当日はゲスト用に、ちゃんと名前が入った紙製のプレートが取り付けられていました。

皆さま、ここで本番用の衣装に着替える訳です。当然、男性用と女性用で別の部屋ですが、2回目の陣容を見ると、女性が2/3、男性が1/3といった感じでした。

また、ご夫婦で参加のお客さまもいらっしゃいました。こちらは、舞台上でもカップルを演じていました。

着替えを済ませて、Dressing roomで待機していると、館内放送で“出演者は舞台へ”という指示があり、階段を下りて舞台へ向かいました。

実は、今回の「Feri bie Orlofsky」は「こうもり」の2幕を再現しているのですが、完全に行うのではなく、前半と後半に別れています。

Continue reading "オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」"

| | Comments (1)

September 06, 2017

VolksoperFestでシーズンがスタート

Img_2017_09_0394

地下鉄U1がOberllaまで延長開業した9月2日は、各地で様々なイベントが催されました。

そんな中、Feriが足を運んだのはVolksoperFestです。

今回の目玉は「Fest bei Orlofsky」ですが、これについては別途、ご紹介する予定です。

会場はVolksoperの劇場前道路。舞台装置を搬入する場所に仮設の舞台を設置して「Bühne vor der Volksoper」が行われました。

Img_2017_09_0322

プログラムは1時間単位で設定されており、様々な演奏が行われました。

途中、14時30分からはスポンサーから提供された豪華景品が当たる「Musik-Quiz」もあり、結構、盛り上がりましたね。クイズの問題は、いずれもフォルクスオーパーの2017/18シーズンの演目に関係するものばかりでした。

Volksoperのオーケストラメンバーの一部による演奏も行われましたが、「伯爵令嬢マリッツア」や「メリーウィドウ」の楽曲演奏もあり、お客さまにも大人気。

Img_2017_09_0323

やはりカールマンものは人気が高いことが、改めてわかりました。Feriも久しぶりに聴くカールマンものに感激です。

この他、Probebühne(練習場)で開催されたのが、「舞台衣装衣装の蚤の市」(Kostümflohmarkt)。

Feriは舞台衣装を買うつもりはありませんでしたが、Probebühneに入ることができる滅多にないチャンスなので、顔を出してきました。

床は木張りで、一応、照明などもあるようです。ただ、この日は舞台衣装が所狭しと並んでおり、大勢のお客さまが物色中。すごい人気でした。

Continue reading "VolksoperFestでシーズンがスタート"

| | Comments (0)

September 05, 2017

ウィーン地下鉄U1 Oberlla延長開業レポート(下)

Img_2017_09_5182

今日はU1の延長区間に新しくできた各駅の概要をお伝えしましょう。

○Oberlla
駅は地上でプラットホームは島式1面2線。両側に出入り口があり、Reumannplatz側に新しくバスターミナルが新設されました。

Img_2017_09_0055

Therme Wien側は、駅からガラス張りのブリッジで結ばれており、Therme Wienの前に出ることができます。

面白いのはÖBB側は土地が低いため、タワー上の駅施設が設けられていることでしょうか。エスカレーターはなく、エレベーターと階段で移動するようになっています。

また、車両基地が併設されており、終点側とNeulaa側の2箇所に車庫が新設されました。

Img_2017_09_0253

写真をご覧になるとわかるようにNeulaa側は車庫を避けるように本線が敷設されており、迂回して駅に入る形になっています。

これはÖBBの線路が並行しているため、敷地を広げることが難しかったことが要因かもしれません。また、地下駅に比べると、ホームの幅も若干、狭いような印象を受けました。

Img_2017_09_5178

ただ、開業初日は大混雑したものの、通常は、それほど多くのお客さまが集中することはないと思うので、この規模でも問題はないと思います。

なお、到着した列車はホームに据え付けた状態で折り返し運転も可能ですが、通常は一旦、引き上げてから、改めて1番線に据え付けて、発車するパターンが多いようです。

Img_2017_09_5180

Neulaa
この駅も地上駅です。ホームは島式の1面2線。両側に出入り口がありますが、Oberlla側は駅舎が上にあります。

やはりガラス張りのブリッジが設けられています。比較的小規模な駅と言えるでしょう。

地上駅に関しては、自然光を取り入れられるように屋根の一部がガラス張りになっています。

NeulaaとOberlla間には車両基地があるため、車窓からの景観はよくありません。

Continue reading "ウィーン地下鉄U1 Oberlla延長開業レポート(下)"

| | Comments (0)

September 04, 2017

ウィーン地下鉄U1 Oberlla延長開業レポート(上)

Img_2017_09_0393

予定どおり2017年9月2日、ウィーン地下鉄U1のReumannplatz-Oberlla間が延長開業しました。

今日は、開業当日のレポートをお届けしましょう。

日本では、新線の開業や延長開業の場合、始発列車の発車に合わせて式典を行うことが多いと思いますが、こちらでは、早朝に開業することはなく、10時から‥

9時過ぎにFeriがReumannplatz行くと、U1延長開業後は路線が変更される路面電車67系統が、通常どおり運行されていました。

Img_2017_09_5170

そう、U1がまだ、Oberllaまで行っていないためです。

しかし、67系統には通常の車両に加えて、ウィーン路面電車博物館所属の動態保存車が投入されて、お別れ運転の真っ最中。

鉄道ファンにとっては、U1の延長開業よりも、オールドタイマーの臨時運転の方が、人気はあったようです。

Img_2017_09_5152

前面にモールの飾りを付けたE1も運転されており、こちらも大人気。

駅の入り口では、例の無料チケットとパンフレットの配布も行われていました。

10時前にMichael Häupl市長をはじめとするお偉いさんがReumannplatzに到着。報道機関の取材に応じていました。時節柄、ソフトターゲットを狙ったテロが懸念されるため、通常よりも警備は厳重でした。

Img_2017_09_5164

10時過ぎにVIPの皆さんが先にReumannplatzのホームへ移動。その後、一般のお客さまも入場が許可されました。

しかし、Oberlla行きの一番列車はホームに据え付けられていません。列車は通常どおり運行されていますが、総てReumannplatz折り返しです。ただ、通常と異なり、1番線を使っての折り返し運転でした。

10時30分過ぎ、2番線の行き先表示器にOberllaが表示されると、ホームで待っていたお客さまから一斉に歓声が上がりました。

そして、10時35分、Oberlla行きの一番列車がReumannplatzに到着。ここでも大歓声。ちなみに2枚目の写真が、1番列車の入線シーンです。

Continue reading "ウィーン地下鉄U1 Oberlla延長開業レポート(上)"

| | Comments (0)

September 03, 2017

さようなら58系統

Img_2017_09_0148

今日は「路面電車の話題」をお伝えしましょう。

9月2日からU1がOberllaまで延長開業しますが、この話題は、別にお伝えします。さて、Wiener Linienでは、9月2日に大規模なダイヤ改正を実施しましたが、その中には路線の改編も含まれています。

WestbahnhofとUnter St.Veit間を結ぶ「58系統の廃止」もその一つです。

Feriもうっかりしていたのですが、8月30日になってWiener Linienから、廃止前日の9月1日にオールドタイマーによる「お別れ運転」が実施されることが発表されました。

Img_2017_09_0145

気がつくのが遅れたので、出かけるタイミングが遅くなってしまったのですが、様子を見にいってきました。

1日は午前中はまずまずの天気だったのですが、14時過ぎから雷雨となるという最悪の天気。さよなら運転は夕方から行われたのですが、幸い、その頃には雨も小康状態となりました。

Img_2017_09_0144

今回、投入されたのは1+5210、E1+C3、2+3443という3編成です。E1は厳密にはオールドタイマーではありませんが、前面にモールの装飾を施した特別仕様でした。

発表されていたダイヤでは、12往復運転されたようです。FeriがWestbahnhofへ到着した直後にやてきたのが、1+5210の編成。

当たり前ですが、多くの鉄道ファンで賑わっていました。さっそくFeriも終点のUnter St.Veitまで乗車することにしました。

営業している本線を走るオールドタイマーには味がありますね。Wiener Linienのスタッフと路面電車博物館のスタッフが車内でお客さまの対応に当たっていました。

Continue reading "さようなら58系統"

| | Comments (0)

September 02, 2017

9月に入って‥

Img_2017_08_0074

8月、ウィーンは猛暑に見舞われました。9月になって、だいぶ過ごしやすくなりましたが、8月31日も日中は30度を超えました。

しかし、日が落ちると多少は過ごしやすくなり、ホイリゲのシャニガルテンが、夜遅くまで賑わう今日この頃です。

さて、日本でも報道されているので、ご存じの方も多いと思いますが、ウィーンでは8月1日、今年初めて気温が35度を超え、観光馬車フィアカーが一斉休業しています。

Img_2017_08_0070

これは、ウィーン市が昨年から導入した制度で、「猛暑にさらされる馬の健康を守ること」が目的です。強制措置なので、基本的に例外はなし。そのため、この日はウィーン市内からフィアカーの姿は一斉に姿を消しました。

恐らく、この日、ウィーン観光をしていた方は、フィアカーの姿が見えなかったので、戸惑ったことと思います。

また、明日、2日にいよいよU1が延長開業しますが、それに合わせてWiener Linienでは大規模なダイヤ改正を実施します。

Continue reading "9月に入って‥"

| | Comments (0)

September 01, 2017

警報が発せられたら‥

20170831_x201_00002

9月1日、日本では「防災の日」ですが、今日は「防災に関するお話」をお届けしましょう。

オーストリアは基本的に地震が少ない国ですが、警報システムが準備されています。日本でも、最近、近くの国から「飛翔体」なるものが、上空を通過し、Jアラートが発せられて話題になっていますが、基本的には、同じ趣旨のシステムです。

警報は消防署などに設置されているスピーカーから発せられます。「サイレンの鳴り方」により、住民の行動が異なります。

Warnung(警告)
3分間連続でサイレンが鳴ります。直ちに情報を収集し、非難や待避の行動をとる必要があります。

Alarm(アラーム)
断続的に1分間、サイレンが鳴ります。「直ちに安全な場所に避難してください」という警報です。

Entwarnung(状況終了)
連続して1分間連続して、サイレンがなります。これは、危険な状況が終了したというサインです。

Feuerwehralarm(火災警報)
15秒間、3回のサイレンが鳴ります。いわゆる火災警報です。

Continue reading "警報が発せられたら‥"

| | Comments (0)

« August 2017 | Main