« U5の使用車両はSIEMENSが落札 | Main | Hauptbahnhofで「okidoki auf Tour」がありました »

September 21, 2017

「秋のウィーン」はイベントが盛りだくさん!

Img_2017_09_0658

9月も中旬になり、気温が下がってきたウィーン。同時に各種のイベントが目白押しです。今日は、そんなイベントのご紹介です。

○Wiener Wiesn 2017
本日から、プラーターの特設会場で「Wiener Wiesn Fest」(オクトーバーフェスト)が始まります。

開催期間ですが、今年は9月21日から10月8日まで。巨大なテントの中は、ビアホールになっており、日中は主にブラスバンドや民族音楽のバンドが演奏を繰り広げます。

夜(18時30分から)は有名な歌手やグループが出演するため、有料になりますが、日中(12時から17時30分まで)は無料です。

とにかく賑やかなことに関しては、本場、ミュンヘンにも劣りません。ただ、騒ぎ方を観察するとドイツとオーストリアの違いが見えてきます。

今年も週末に「州の日」が設定されており、その日は、各州からブラスバンドが来場して、パレードや演奏を繰り広げます。ちなみに「州の日」の日程は、以下のとおりです。

20170920ss00001

-9月22日:Burgenland-Tag

-9月23日:Niederösterreich-Tag

-9月24日:Oberösterreich-Tag

-9月27日:Wien-Tag

-9月29日:Kärnten-Tag

-9月30日:Steiermark-Tag

-10月6日:Vorarlberg-Tag

-10月7日:Tirol-Tag
Img_2014_09_6774

-10月8日:Salzburg-Tag

ウィーンは、日本の東京と同じく、地方出身者も多く住んでいます。そのため、「州の日」には、地元を懐かしむ皆さまが、友人を連れ立って大挙して来場します。

基本的にオーストリア人も個人できている人は少なく、グループでやって来て、楽しく騒いで、飲みまくる‥という感じです。

Feriが会場に行くと、だいたい地元のお客さまの「おもちゃ」になってしまうことが多く、毎回、色々なエピソードがあります。

プラーターが会場なので、日本の観光客の皆さまを見かけることもありますが、オーストリア人のハイテンションぶりに驚いている方も多いような気もします。

Mistfest der MA 48
毎年、恒例となっている清掃工場のオープンハウス。今年は、今週末の9月23日、24日の両日、17区にあるMistPlazで開催されます。時間は9時から18時まで。最寄り駅は43系統、S45のHernalsです。

Img_2017_09_0353

毎回、趣向を凝らした内容で、来場者も増えているような気がしますが、最近人気を集めているのは、蚤の市。

清掃工場に持ち込まれた廃品をリサイクルするという趣旨ですが、意外と良い商品が出品されるので、これを楽しみに来場する方も多いようです。

また、清掃工場の技術スタッフが、廃車となった自動車などを再整備して展示するのも目玉展示の一つ。昨年は、ヘリコプターでしたね。さすがに飛行可能な状態にまで復元はできませんでしたが‥ 今年は、何が搭乗するかは、お出かけになってからのお楽しみ。

Img_2016_09_0955

しかし、こちらでも、入場無料のイベントは人気が高いようです。

このブログでもお伝えしていますが、「ゴミ箱の模型」をはじめとするMA48グッズを販売しているファンショップも人気が高いコーナーの一つです。

最近では、色々なイベントでもMA48がブースを出していますが、本イベントのファンショップは、その規模が違います。是非、お立ち寄りください。ちょっと変わったウィーンのお土産を手に入れることができますよ。

Wiener Weinwandertag
毎年、9月最終週の週末に実施される「Wiener Weinwandertag」(ワインハイキング)。今年は、9月30日と10月1日に開催されます。

このブログでも何回かご紹介していますが、これはウィーン子が大好きなハイキングとワインの試飲を組み合わせた「ウィーンらしいアウトドア・イベント」で、今回で11回目を迎えます。

Img_2017_09_0657

コースはFeriのホームグラウンドでもあるWeinspaziergang Ottakring、Neustift bis Nußdorf、Strebersdorf bis Stammersdorfの3コースですが、最もお客さまが集まるのはホイリゲの数が多いメインコースのNeustift bis Nußdorfです。何しろ、ドナウ川を俯瞰できる風光明媚な場所を歩きますので‥

今までNeustift am Walde nach Nußdorfに関しては、途中から参加できるルートも設定されていましたが、コースが分割されていませんでした。今年から、コースが三つに分割され、本格的なハイキングはちょっと‥という方にも手軽に楽しめるようになりました。

Img_2014_09_7175

ちなみに、コースはNeustift am Walde-Sievering間(1.6km)、Sievering-Gspöttgraben-Wingut Cobenzl間(2.3km)、Wingut Cobenzl-Grinzing間(1.6km)、Grinzing-Nußdorf間(5.3Kkm)の四つに分割されました。1.6kmのコースは「お手軽コース」と言っても良いでしょう。

Strebersdorf bis Stammersdorfについても、Strebersdorf-Magdalenenhof間(4.8km)、Parkplzg Sendersstraße-Magdalenenhof間(1.5km)、Magdalenenhof-Sendersstraße間(2.3km)、Sendersstraße-Stammersdorf間(2.5km)という4コースが設定されました。

コース上のホイリゲも、通常よりも営業時間を前倒ししてオープンするほか、臨時の試飲ブースが多数設置され、多くのお客さまで賑わいます。

スタンプラリーも開催されており、所定のスタンプを集めるとグッズをもらうことができるので、こちらも人気があります。

Feriも今まで友人と一緒にGrinzing-Nußdorf間の一部に参加したことがありますが、本当に散歩とワインが好きな人にはたまらないイベントです。もちろん、晴れていれば‥ですが‥

また、ウィーン市も、従来の紙ベースのリーフレットに加えて、スマートフォン用にWeinwandertag-Appを配信するようになりました。力を入れていますね。

ストリートフェスティバル
この時期、週末に開催されることが多いのがストリートフェスティバルです。名称は、様々ですが、道路の一部を完全閉鎖して、イベント会場にするものです。当然、その区間を走る路面電車も部分運休となります。

Img_2016_09_0795

こちらも、去りゆく夏を惜しむようなニュアンスのイベントなので、各種の屋台が出て賑やかです。Ottakringのように移動遊園地が開設されることもありますね。

こちらは、観光客の方を相手にしているイベントではなく、完全に地元の皆さんのお楽しみ。しかし、普段着のウィーンに触れることができるチャンスなので、のぞいて見ると面白いと思います。

ちなみに今週末は、以下の3箇所で行われるようです。

-Floridsdorfer Apfelpfad 9月22日

-Stadlauer Kirtag 2017 9月22日~24日

-Währinger Straßenfest 9月22日

ウィーンの秋は短く、まもなく長い冬に入ります。そう考えると、短い秋を思う存分楽しむという発想は、日本人よりも強いのかも知れません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 街角の話題 |

« U5の使用車両はSIEMENSが落札 | Main | Hauptbahnhofで「okidoki auf Tour」がありました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U5の使用車両はSIEMENSが落札 | Main | Hauptbahnhofで「okidoki auf Tour」がありました »