« WestBahnがHauptbahnhofにデビュー | Main | U5の使用車両はSIEMENSが落札 »

September 19, 2017

マッサージチェアでリラックスはいかが?

Img_2017_09_0175

読者の皆さまは、台風18号の被害はございませんでしたでしょうか。この時期、地域によっては学校や幼稚園で運動会を開催していると思うのですが、台風18号の雨にたたられたような気もします。

さて、今日は「やわらかい話題」をお届けしましょう。

先日、WestbahnhofのBahnhof Cityへ買い物に出かけた際、地下の通路で面白いものを見かけました。

写真をご覧になればおわかりのように「有料のマッサージチェア(Massagesessel)」です。

以前、このブログでも、ウィーン郊外にある南ショッピングセンターで見かけたマッサージチェアをご紹介したことがありますが、基本的には同じシステムです。

Img_2017_09_0176

8台が設置されており、料金ボックスにコインを入れるとマッサージシステムが作動します。

面白いのはコースが二つあること。8分間(2.0Euro)と12分間(2.5Euro)が設定されていました。12分コースの方がお得感はありますね。使用できるコインは2Euro、1Euro、50Centの3種類のようでした。

さすがに早朝から使っている人はいらっしゃいませんでしたが、午後に通りかかった時には、結構、座っているお客さまを見かけました。

20170918_x201_00001

ただ、このマッサージチェアですが、無人で運用されているため、単なるベンチ代わりに使用している人がいる可能性があります。

そのため、どのくらいのお客さまが、料金を支払ってマッサージチェアを使っているのかは、わかりません。

このシステムですが、製造しているのはドイツKronburgに本社があるVITALTECH GmbHという会社です。このような有料マッサージチェアシステムだけでなく、家庭用のマッサージチェアを始め、家庭用サウナ、ジャグジーなどの健康機器を製造・販売しているようです。

ところで、日本では、この手のマッサージチェアは、空港出発ロビーや温泉施設などに設置されていることが多いような気がします。鉄道の駅やショッピングセンターでマッサージチェアを置いているところはあるのでしょうかね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« WestBahnがHauptbahnhofにデビュー | Main | U5の使用車両はSIEMENSが落札 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« WestBahnがHauptbahnhofにデビュー | Main | U5の使用車両はSIEMENSが落札 »