« HARIBOの販促イベントがありました | Main | 高級アパートへのご入居が始まりました »

September 10, 2017

変わった自動販売機、再発見!

Img_2017_09_0240

ウィーンでは、今週のFestが各地で開催中です。Festの見学レポートをご期待の皆さまもいらっしゃるかもしれませんが、今日は「自動販売機の話題」をお届けしましょう。

日本は自動販売機大国であることは間違えないと思うのですが、時々、こちらでは「アッと驚くような自動販売機」と出会うことがあります。

これらは法的な規制なども関連していると思うのですが、「考え方の違い」も関係しているのでしょう。

U1の延長開業でOberllaへ行った際、Therme Wienの玄関前でも同館が飲食店のブースを出していました。まぁ、これは想定内。

で、その奥、玄関前にゆるキャラ風の置物が設置されていました。最初、遠くから見ていたFeriは“Therme Wienのシンボルキャラかな?”程度の認識でした。実際、子供さんが集まっていましたし‥

Img_2017_09_0242

メイン会場の見学を終えて、帰りがけに、せっかくなのでTherme Wienにも立ち寄ってみました。

と、このゆるキャラ風の物体は、単なる置物ではなく、何かの装置であることが判明。さっそく近くに寄って観察。何と、ソフトクリームの自動販売機がビルトインされているではありませんか。

自動販売機本体は、さほど巨大なものではないようですが、ゆるキャラ風の置物にビルトインされているため、子供さんにも大人気。

実際、お孫さんにせがまれたおばあちゃんが、お金を出して、使っている場面を目撃しました。いずこもお孫さんにはおさいふの紐が緩いものです‥

Img_2017_09_0243

まず、コイン投入口に2Euroを入れると、左側からコーンが出てきます。

次に、お客さまが、コーンを右側にあるソフトクリームのベンダーにセットして、ボタンを押すと、コーンが移動しながらソフトクリームが上から出てくるようになっていました。

できあがるまで、プラスチック製のカバーは開かないようで、その点は衛生面の配慮もできているようでした。また、ソフトクリームは、二種類ありました。

実は、この手の「ソフトクリームの自販機」については、その昔、ザルツカンマーグートで見かけたことがあります。

さっそく写真を探してみたところ、撮影したのは1985年のことでした。何と、今から30年以上前です。以前も、このブログでご紹介したことがありましたが、改めて写真を掲載します。

1995_08_20_01

まだ、オーストリアシリングの時代で、お値段は10シリングでした。ただ、筐体は一般的な販売機形状でしたので、今回見かけたものの方がインパクト大。

しかし、撮影した写真を拡大して確認したところ、何とビックリ。筐体は異なるものの、基本的なシステムは、今回、Oberllaで見かけたものと同じようです。

つまり、30年前に「ソフトクリームの自動販売機」は完成領域に達していたことになります。

もちろん、その後、通貨統合があったため、検銭機構は改良されていると思われますが、最初にコーンを出して、それをお客さまがソフトクリームのベンダーにセットして、自動的にソフトクリームが盛り付けられるのは一緒です。

20170909_x201_00001

後日、Oberllaで撮影した写真を細かくチェックしたところ、この自動販売機を製造していると思われるメーカー名を見つけることができました。

SONNORA Eisideen GmbHというドイツの会社(本社はLandsberg)であることがわかりました。

同社のwebサイトをチェックしてみると、自動販売機だけでなく、各種のソフトクリームマシンしており、同時にサプライも供給しているようです。

ちなみに、この自動販売機の型式ですが、Polaris Uno A2というようです。同社のwebサイトには、設置例の写真が多数、掲載されていましたが、子供さんが喜ぶためか、Oberllaのように特殊な筐体の中にビルトインしているケースもあるようです。

20170909_x201_00002

実は、ソフトクリームは日本でも人気が高いアイテムで、コンビニエンスストアでも本来は導入したい商材らしいのですが、ベンダーのメンテナンスや、盛り付けが大変なこともあり、一部のチェーンでしか導入されていません。

自動販売機王国の日本ですから、この手の販売機を開発することは、比較的容易だろうと思います。

実際、生ビールのサーバーも自動システムが開発・導入されており、素人の店員さんでもビアマイスター並みの生ビールを提供することができるようになりました。

Feriがよく利用する日系航空会社のラウンジでも生ビールサーバーが設置されており、お客さまが自分でビアマグをセットして、ボタンを押すだけで、プロが注いだのと同等の生ビールを味わうことができます。

では、なぜ、日本でソフトクリームの自動販売機が導入されないのでしょうか。恐らく、食品衛生関連の法令がネックになっている気がします。

そんなことを考えながら、Oberllaを後にしました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, 街角の話題 |

« HARIBOの販促イベントがありました | Main | 高級アパートへのご入居が始まりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« HARIBOの販促イベントがありました | Main | 高級アパートへのご入居が始まりました »