« 「嵐」の季節 | Main | 粋な水飲み場を発見 »

September 30, 2017

広報雑感 非常通報装置を使って重大事故を防ごう

Img_2017_09_0132

今日は「Wiener Linienの広報活動にまつわる話題」をお届けしましょう。

最近、日本の鉄道会社でも、プラットホーム上の事故防止に関する啓蒙活動を盛んに行っていますね。万が一、プラットホームからお客さまが転落した場合、それを見かけた方は、躊躇なく非常停止ボタンを押してください‥というポスターなどを見かけた記憶があります。

そう言えば、日本でJRなどに乗車していると、“非常停止ボタンが押されたので、安全確認のため、一時停止します”というアナウンスを耳にする機会も増えたような気もします。あくまでも個人的な感覚ですが‥

転落の要因は、本人の不注意(酒に酔っている場合)、他のお客さまとの接触など、様々だと思いますが、日本では本人の不注意に対する啓蒙活動が中心になっているような気がします。

20170928_x201_00002

さて、前置きが長くなりましたが、先日、Wiener LinienがYouTubeに配信している映像を見ていたら、興味深い作品がありました。タイトルは「Auf Gleise gestürzt und in Fluchtnische gerettet」。

プラットホーム上で、友人と話をしていた若い女性のお客さまが、ヘッドホンステレオで音楽を聞いている屈強な男性の接触。その弾みで、女性は地下鉄の線路上に転落。

一緒にいた女性が、プラットホーム上にある非常停止レバーを引いて列車を緊急停止させるというものです。

しかし、この映像では、地下鉄の列車は、緊急停止が間に合わず、転落したお客さまが自力で、プラットホーム下のスペースに移動して、難を逃れる‥というストーリーになっています。

20170928_x201_00001

ポイントは「ドラマ仕立て」になっていること。結構、手がこんでおり、かなりリアル。ちなみにFeriは、この動画で非常停止レバーを引くと、どのような警報音が発せられるのかを始めて知りました。

もう一本は、「Rauferei in den Öffis? Nutze die Sicherheitseinrichtung!」という作品です。内容は、路面電車車内で、飲み終わったBierの空き缶を車内に投げ捨てたマナーの悪い若い乗客に対して、別のお客さまが注意したところ取っ組み合いの喧嘩に発展。

車内の異変に気づいた別のお客さまが、車内通報ボタンを押して、アラームを鳴らして乗務員に通報するというもの。

こういった車内で発生する乗客同士のトラブルでも、通報装置を積極的に使って欲しいというWiener Linienの考え方を示した映像作品です。

20170928_x201_00003

3本目は「Jemand ist bewusstlos? Sofort Hilfe holen」という作品。地下鉄の駅にあるエレベーターでの出来事。

若い女性と体調が悪そうな年配の男性が、エレベーターに乗ってきます。その後、年配の男性は、エレベーター内で倒れてしまいます。

しかし、若い女性は気にすることなく、エレベーターを降りてしまいます。そこへ「禁止のピクトグラム」が。正しい行動は、非常連絡装置を使って、駅係員に状況を連絡してください‥というもの。

本作品のポイントは、体調が悪そうな年配男性が、「酔っ払い」のようにも見える点です。そのため、一緒になった女性も“足元がおぼつかないほど酔っ払って困ったおじさんねぇ”といった表情を浮かべています。

ご存じの方も多いと思いますが、こちらでは泥酔した人は軽蔑の対象となります。このケースは、一見すると、そのようなパターン。そのため、若い女性が、無視してエレベーターを後にするのも頷けます。

Img_2017_09_0479

日本でも、こういったケースはありますが、通報を奨励するという例は、あまり耳にしたことはありません。

3作品とも、非常通報装置を使う場面と、使い方を紹介したものですが、ドラマ仕立てのリアルな展開なのがポイントです。日本だったら、何となく物議を醸し出しそうな内容ですが、わかりやすいのは事実。

この手の非常通報装置や非常停止装置は、実際にお客さまが使うとなると躊躇するもの。それだけに、大事故に発展するのを防ぐために、積極的に使って欲しいという当局の意思を示しているのでしょう。

ちなみに地下鉄車両の場合、非常通報装置と非常停止レバーが一体となっており、ドア横に取り付けられています。

しかし、こういった啓蒙活動にも、お国柄が出ますね。

それでは、Wiener Linien制作の映像作品をお楽しみください。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 鉄道のお話, in 街角の話題 |

« 「嵐」の季節 | Main | 粋な水飲み場を発見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「嵐」の季節 | Main | 粋な水飲み場を発見 »