« 路線図に変化が‥ | Main | Oberlaaを散策 »

September 15, 2017

建設会社のデモンストレーション会場で

Img_2017_09_0217

ウィーン地下鉄U1のOberlaa開業から2週間が経過しましたが、「住民の足」として機能していることでしょう。

今回、始めてOberlaa周辺を散策しましたが、その内容については、改めてご紹介したいと思います。さて、今日は「開通記念イベントで見かけた建設会社のデモンストレーションの話題」をお届けしましょう。

9月2日の「U1延長開業の模様」は、このブログでもお伝えしましたが、Oberlaaでは旧バスターミナル周辺で色々なイベントが開催されていました。

奥の広場にある仮設ステージでは、コンサートも開催されていましたが、その手前の広場では、地下鉄建設に関連する組織や企業などがブースを出していました。

Wiener Linienも、トレーラー方式の売店を出して、各種グッズを販売、VORはブース内でパンフレットやグッズの配布を行っていました。余談ですが、無料のグッズは、こちらでも人気が高く、1時間ほどで配布終了‥という感じでした。

この中で、目立っていたのがオーストリアの大手ゼネコンPORRのコーナー。同社はU1の工事にも深く関わっています。

Img_2017_09_0218

で、PORRのコーナーにあったのは小型油圧ショベル。別に実物を展示するのは驚くに値しませんが、何と、来場者に搭乗させて、係員の指導で油圧ショベルを操作させていたのです(一般的に、この手の油圧ショベルをユンボと呼ぶことがありますが、この名称は某大手レンタル会社の登録商標なので、今回は使用を控えました)。

イベントでの試乗なので、子供さんが対象かと思っていたのですが、大人もOK。結構、大人の方がチャレンジしていました。

実際にシャベルのアームを操作して、バケツを運ぶといった作業を行っていました。普通の人が、油圧シャベルを扱うことは、ほとんど無いので、皆さん、興味津々。どのレバーを操作すると、どのような動きをするのか、係員の案内に従って真剣に操作していました。

こちらでは、プラーターなどにも、純粋なアミューズメント施設として、「油圧ショベルの乗り物」が設置されており、子供さんの人気を集めています。

しかし、今回、使用されていたのは、こういった遊具ではなく、小型ですが本物です。

Img_2017_09_0219

さて、ブースを出展していたPorr AGですが、 ウィーンに本社があるオーストリア最大の大手ゼネコンで、建築、土木、交通土木、環境設備など様々な領域で活動をしています。

同社のルーツは1869年、Ringstraßeの建設を目的に設立されたAllgemeineösterreichischeBaugesellschaftという組織で、その後、ウィーン万博のパビリオン建設を始め、オーストリア各地の建設・土木プロジェクトに携わっています。

140年以上の歴史を誇る同社は、ウィーンやオーストリアで有名な建造物の建築に関わっている他、鉄道、道路、発電所といった国家プロジェクトの建設も手広く受託しており、建設現場で同社のロゴを見ることが多いですね。

現在では、オーストリア国内の他、ドイツ、スイス、ポーランド、チェコなどでも活動しています。

ところで、このイベント中は気づかなかったのですが、後日、写真をチェックしていたところ、使用されていたミニショベルを見ると、TAKEUCHIの文字が‥ そうです。日本が誇る建設機械メーカー竹内製作所の製品TBシリーズだったのです。

Img_2017_09_0232

竹内製作所は、1963年に創業した会社で、本社・工場は長野県坂城町にあります。1971年、世界で初めてミニショベルを開発し、生産したことで、業界では有名な会社。

同社のマシンが、オーストリアを代表するゼネコンで使用されているのは、日本人として嬉しい限りです。ちなみに、同社の販売先は、割以上が海外だそうです。

ヨーロッパでは、建設機械の稼働時間が日本の倍に及ぶため、高い耐久性が要求されます。そういった市場で鍛えられただけに、高い評価を得ているのでしょう。

余談になりますが、「ベルリンの壁」を実際に崩す際に使われたのも同社のミニショベルだったそうです。今回のU1延長工事でも、きっとTAKEUCHIの建設機械が活躍していたことでしょう。

竹内製作所ですが、オーストリアにもHuppenkothen GmbHというディストリビューター(販売代理店)があり、同社が窓口になって営業活動を行っています。

興味深いのは、この会社、ウィーンではなく、Vorarlberg州Lauterach(ラウトラッハ)という人口1万人ほどの小さな街にあることです。オーストリアでは、地方に有力な企業があることが多いので、決して珍しい訳ではありませんが、長野に本社がある会社の販売代理店らしい気もします。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, in 街角の話題 |

« 路線図に変化が‥ | Main | Oberlaaを散策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 路線図に変化が‥ | Main | Oberlaaを散策 »