« 建設工事が加速中 Hauptbahnhof周辺 | Main | Westbahnhofの駐輪場を拝見 »

September 24, 2017

“U-Bahn-Stars”地下鉄駅でデビュー

Img_2017_09_0403

今日は、「ちょっと変わった音楽イベントの話題」をお伝えしましょう。

ウィーンにいらっしゃった皆さまは、街頭で大道芸人がパフォーマンスを行っているのを見かけたことがあると思います。

以前もご紹介したことがありますが、ウィーンでは街頭でのパフォーマンスは許可制になっており、無許可で行えば、警察の取り締まり対象になることもあります。

街頭のパフォーマンスも一定のルールの下、振興していこうという当局の考え方が、よく表れていると思います。

さて、先日、Ottakringのホイリゲへ行くため、Westbahnhofで地下鉄U3に乗ろうとしたところ、駅のコンコースに大勢の人が集まっており、大変賑やかでした。

人だかりが気になり、ちょっと立ち寄ったところ、音楽バンドが演奏中でした。あいにく、この時、Feriは珍しくカメラを持っていなかったので、パフォーマンスの模様を撮影することができず、当日の盛り上がりをご紹介できないのが、ちょっと残念です。

20170919_x201_00001

このパフォーマンスは、バンドが勝手に行っている訳ではなく、Wiener Linienとウィーン市が企画した「U-Bahn-Stars」というプロジェクトの一環でした。

Westbahnhofで行われていたのは「U-Bahn-Stars」のパイロットプロジェクトで、公共交通機関を、さらに楽しいものにすることを目的に、2017年7月6日から始まりました。

毎日、15時から23時の間、12組のアーティストが、特設会場でパフォーマンスを繰り広げました。ちなみに、200組以上のアーティストの応募があったそうです。

オンライン投票などの結果から、地下鉄駅利用者の反応も良かったことから、ウィーン市とWiener Linienは、本プロジェクトを拡大実施を決定。

新たに会場に加わるのは、PratersternとKarlsplatz。10月からは、都合3会場で、前回、出演がかなわなかったグループも含めて、ストリートパフォーマンスが繰り広げられことになりました。

この後、このパフォーマンスがきっかけになって、プロとしてデビューするアーティストが誕生するかもしれませんね。

ところでFeriはVolksoperへ行ってしまったため、見ることはできませんでしたが、U1のOberlla延長開業イベントの際、Altes Landgutの特設ステージで、U-BAHN-STARSのパフォーマンスが披露されました。

当日は、10時30分から18時まで、13組のアーティストが演奏を繰り広げたようです。

なお、本プロジェクトはBuskers Festivalsの支援を受けて、実施されています。ストリートパフォーマンスについては、色々なご意見があると思いますが、ウィーンでは「Straßenkunst」と位置づけている点が注目されます。

次回、パフォーマンス中の模様を見かけたら、改めてご紹介しましょう。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

音楽, in 街角の話題 |

« 建設工事が加速中 Hauptbahnhof周辺 | Main | Westbahnhofの駐輪場を拝見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建設工事が加速中 Hauptbahnhof周辺 | Main | Westbahnhofの駐輪場を拝見 »