« 謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編 | Main | Wiener LinienがÖBBと連携して警備強化 »

October 05, 2017

変わったお店シリーズ131回 Cafe168

Img_2017_09_0075

昨晩は「仲秋の名月」でしたが、皆さまはお月様をめでることができましたでしょうか。

さて、今日は変わったお店シリーズの一環として、「CaféHouseのお話」です。

ウィーンには、様々なCaféHouseが営業しており、独特の文化を創り上げていると思います。特に伝統的なCaféHouseには、独特の雰囲気がありますね。

最近では、海外で見られるような軽い感じのCaféHouseも増えてきましたが、Feriは、個人的には伝統的な方が好きです。

さて、今日、ご紹介するのは、またまたOberlaa周辺の話題です。

U1の延長開業に合わせて出かけたOberlaa。FeriにとってはÖBB線の向こう側(Therme Wienの反対側)は、おはずかしい話ですが、未体験ゾーンなので、何を見ても新鮮です(笑)。

前回、。「In's Steff Gasthaus und Restaurant」というレストランでの昼食をご紹介しましたが、実は、その向かいに1軒のCaféHouseがありました。

Img_2017_09_0074

屋号は「Café168」。数字をあしらった珍しい屋号ですね。ただ、建物そのものは、比較的新しいようです。

本当は入って見れば、色々と発見があったのでしょうが、この日は市内で友人と待ち合わせがあったため、昼食をとった段階でタイムアップ。

そのため、十分に観察していないので、ブログでご紹介するのも気が引けます。

なぜ、変わったお店シリーズに入れたのか‥それは、看板の下の方に「珈琲之旅168」という文字が目に入ったからです。

漢字を使っているところから、オーナーさんが東洋系の方なのかもしれません。最も、オーストリアの方でも、東洋に傾倒している方はいらっしゃるので、決めつけるのはよくありませんが‥

Img_2017_09_0072

しかし、ウィーン郊外のOberlaaで、漢字の屋号が入ったCaféを見つけるとは思ってもみませんでした。

その後、記事をまとめるにあたって、ちょっと調べたところ、意外な事実が明らかになりました。

何と、この「Café168」は、宿泊施設を持っているのです。いわゆるガストホフ(Gasthof)だったのです。

通常、ガストホフの場合、こちらを前面に打ち出すことが多いので、Feriも現地ではわかりませんでした。

ちなみに最近、郊外にある宿泊施設に共通している無料Wi-Fi、無料駐車場などが完備しています。また、一部の客室にはバルコニーもあるようです。

ただ、Caféでは、本格的な料理は提供していないようで、そのためGasthofを名乗っていないのかもしれません。

なお、ホテルの予約サイトを見ると、フロントの対応言語にドイツ語、英語に加えて中国語が入っていることから、中国系の方が経営している可能性が高いと思います。

いずれにしてもOberlaaでひっそりと営業しているCafé168。ちょっと興味深いですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店 |

« 謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編 | Main | Wiener LinienがÖBBと連携して警備強化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編 | Main | Wiener LinienがÖBBと連携して警備強化 »