« またまた食料品サンプルをいただきました | Main | POLIZEIで活躍するHONDA »

October 17, 2017

2017 国民議会選挙雑感

20171017ss00002

オーストリア国民議会選挙の続報と、Feriの個人的感想をお届けしましょう。

こちらでは、郵送分の集計が16日から始まるため、最終的な結果は19日に判明する予定です。特に社会民主党と自由党の、どちらが第2位になるかは、差が顕著なだけに、郵便投票の結果で変わる可能性が残っています。

すでに、国民党のクルツ党首は、自由党も連立協議から排除しない旨の発言をしており、極右政党というレッテルを貼られている自由党が政権に就く可能性が出てきました。

20171016_x201_00003

掲載した地図はDie Presseに掲載されていたもので、各州の第一党をまとめたものです。

元々、社会民主党が強いウィーンは、第一党の地位を死守したものの、それ以外はブルゲンラント州だけでした。

一方、自由党はケルンテン州で第一党になっています。それ以外の州は、総て国民党が第一党のなっていることがわかります。

また、議席獲得のポイントとなる4%の得票率をクリアした政党は、リベラル政党NEOS(ネオス)が約5.0%、「緑の党」から派生した新党PILZ「リスト・ピルツ」が約4.1%でした。

2013年の選挙では、得票率を12.5%に伸ばし、大躍進したGRÜNE(緑の党)は約3.3%と低迷しています。リベラル政党は、基本的に移民受入賛成なので、この結果を見ると、全体的に、移民の受入による混乱に終止符を打ちたいという国民が増えているような気もします。

20171017ss00003

現実問題として、一部の報道によると、オーストリアでは、難民申請者の90%が、最終的に生活保護受給者になるという推計もあるそうです。

オーストリアの内務大臣が、EUからの難民受け入れ拡大を断った理由に、「社会福祉の増大」を上げています。

内務大臣の発言趣旨は、「2014年から2017年まで、私たちは重荷を負担させられていて、単純に圧倒されているのです。難民申請者を見れば、かれらの90%が、必要に応じた最小限の社会保障システムに移行していることがわかります。だから、国境防衛は、まだ非常に重要なのです。」というものです。

20171017ss00001

また、一部の報道によると、オーストリア全体の子ども手当申請者の3分の1が、「外国を背景に持つ家庭」だそうですが、ウィーンでは、55%となっていると言われています。

まだ、キリスト教の信者が多いオーストリアなので、困っている人たちに手を差し伸べたいと考えている方が多いのも事実です。

実際、Feriの友人の奥さまも、地元でボランティアとして難民支援を行っていました。

しかし、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、こちらに住んでいる方は、非常に多額の社会保障費を収めています。

Img_2015_09_3978_001

その社会保障費が、国民のために使われるのであれば、納得できるかも知れませんが、海外からの移民に流れてしまっている‥となると、疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。

今回の選挙結果は、そんな国民の声が反映されたような気もします。いずれにしても、次の焦点は、国民党が、どの政党と連立政権を組むかという点に絞られてきました。

連立相手によっては、EU各国からの避難が集中するかもしれません。実際、インターネット上には、プラーターの観覧車を「ハーケンクロイツ」に改変した動画が公開されており、今後の政権を危惧する動きも出ています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

経済・政治・国際 |

« またまた食料品サンプルをいただきました | Main | POLIZEIで活躍するHONDA »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« またまた食料品サンプルをいただきました | Main | POLIZEIで活躍するHONDA »