« 市民権を得ている特殊自転車 | Main | ご機嫌な軽食“Schnitzelsemmel” »

October 12, 2017

オーストリア航空Premium Economy Classは‥

Oelpa_b7772z9er_img_1978

今日は「オーストリア航空の話題」をお届けしましょう。

7月に日本線復活が発表された際は、当ブログにも多くのアクセスがありました。皆さま、待ち望んでいたことがよくわかります。機材繰りの関係で、デイリーではないのが残念ですが、それでも日本にお住まいの親御さんをウィーンにお呼びになる際には、心強い存在になることでしょう。

さて、今年7月、2018年の夏ダイヤから日本線復活を発表したオーストリア航空ですが、その時、同時に発表された長距離路線用Premium Economy Classの概要が、同社から発表されました。

20171011ss00002

Premium Economy Classが新設されるのは、同社の長距離線用機材B777-200ERとB767-300ER。

今回、新しいシートアレンジメントも発表されましたが、B777-200ERは2-4-2(3列、定員24名)、B767-300ERは2-2-2(3列、18名)と判明しました。

全体の座席数ですが、B777-200ERの場合、現在、Business Class48席、Economy Class260席(機材によってEconomy Classの席数は若干、異なります)が標準ですが、PY改装後は、Business Classが38席、Premium Economy Class24席、Economy Class244席になるようです。

Img_2017_09_0574

オーストリア航空では、パーテションで区切られているため、独立した空間になると発表しています。

最近の日系航空会社は、Business Classの専有面積が広くなり、Economy Classは主翼の後方の最終ゾーンのみというケースが多いですが、オーストリア航空の場合、改装後も、Economy Classの比率が高く設定されています。

しかし、儲かるBusiness Classを一部、縮小してPremium Economy Classを設置するとは思ってもみませんでした。

20171011ss00001

シートピッチは公開されていませんが、座席幅は48.3cm、リクライニング角度は40度になりました。もちろん、フットレストも完備しています。

設備面では、最近はEconomy Classでも標準装備になりつつあるUSB電源が確保されている他、シートの背面に機内エンタテインメントシステム用のモニターが装着されています。まぁ、Premium Economy Classの座席としては標準的なスペックでしょう。

機内食にも工夫が‥通常、日系航空会社の場合、機内食はPremium Economy ClassとEconomy Classは共通で、飲み物(例:スパークリングワインの追加)や軽食だけが違うというのが一般的です。

それに対して、オーストリア航空は、メインディッシュを3種類からチョイスできるようにすると発表しています。なお、2食目は軽食なので、Economy Classと変わらないと思います。

さらに、アメニティキットも専用ポーチに入った形で提供されます。内容は耳栓、靴下などだそうです。

Img_2017_09_0576

気になるPremium Economy Classを利用した場合の運賃ですが、日本線の場合、最も自由度が高いPremium Economy Flex(いわゆるフルフェア、正規運賃)で往復50万円弱という価格設定になっています。

Premium Economy BasicやPremium Economy Saverという料金カテゴリーもあるようです。ただ、現時点では、Sold out表示になっており、金額を確認することができませんでした。

なお、Economy Flexとの価格差は片道で4万円前後に設定されています。フルフェアのお客さまをターゲットにしているような価格設定であることがわかります。

余談ですが、オーストリア航空の機内誌に、日本線復活関連の記事が出ていましたが、その写真が‥以下、自粛‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域, 街角の話題, 飛行機のお話 |

« 市民権を得ている特殊自転車 | Main | ご機嫌な軽食“Schnitzelsemmel” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 市民権を得ている特殊自転車 | Main | ご機嫌な軽食“Schnitzelsemmel” »