« 愛煙家には辛い世の中‥ | Main | またまた食料品サンプルをいただきました »

October 15, 2017

静かな車内環境は実現できるのか?

Img_2017_09_0545

今日、10月15日は、オーストリアで国民議会選挙が行われる日です。

定数は183人で、時差の関係がありますから、体制が判明するのは、日本では16日になってからですが、現状では中道右派の国民党(ÖVP)が、移民反対を明確に打ち出したこともあり、第一党になる可能性が高いようです。

その場合、31歳というヨーロッパで最年少の首相が誕生することになるようです。どのような結果になるか、興味があるところです。なお、最近、日本では余り話題にはなりませんが、難民政策も大きな争点です。

さて、今日は「列車内のマナーに関する雑感」をお届けしましょう。

Feriは、その昔、フランクフルト・アム・マイン空港の某カード会社ラウンジを利用した際、非常にビックリした経験があります。

受付で登録を済ませて、ラウンジ内へ足を向けると、物音がほとんどしないのです。“今日はお客さまがいないのかな”と思って、ラウンジへ入ると、かなりのお客さまが利用していました。

しかし、大声で話す人はもちろんいませんし、携帯電話の利用も皆無。パソコンのキーボードを打つ音も聞こえません。非常に「静かな空間」でした。

Img_2011_12_3199

それまでも、各国の空港で航空会社やカード会社のラウンジを利用していましたが、これは非常に新鮮な経験でした。

その後、月日は流れて、ヨーロッパの空港ラウンジも賑やかになってきましたね。これは、色々な国の利用者が多くなったことも遠因かもしれません。国が変われば生活習慣も変わりますから‥

さて、このブログでも何回かお伝えしているように、ÖBBではRailJetやCityJet、一部のS bahn(2015年2月の記事をご覧ください。詳しくはこちらから)にEntspannungszone(サイレンスゾーン)と呼ばれる客室を設定しています。ここは車内での携帯電話やおしゃべりは禁止となります。

静かにお休みになりたいお客さま向けの客室で、出入り口には写真のようなピクトグラムも掲出されています。

最近、Feriは日本からウィーンへ戻ると、空港から都心までÖBBを使うことが多くなりました。主にHauptbahnhofまでRailJetを使います。

当然、RailJetなので、Entspannungszoneも設定されていますが、先日は、Entspannungszoneの客室で盛大に話をしているグループを見かけました。また、携帯電話で話をしている人も‥

Img_2017_09_0555

Hauptbahnhof-Flughafen間なので、時間は15分ほど。そのため、多少、賑やかでも辛抱できますが、さすがに長距離になった場合、静かに休もうと思ってEntspannungszoneを選んだ場合は、ちょっと‥

まだ、こちらに到着して、事情がよくわからない皆さまではないかと思いますが、長距離列車の場合、何らかの案内や注意が行われているのか、ちょっと気になりました。

特に近距離列車やS Bahnの場合、どの程度、Entspannungszoneが本来の趣旨に則って運用されているのかも気になります。

そして、1つ気になったのが、Feriが乗り合わせたRailJetの車内に掲出されている「お静かに」のピクトグラムに、「斜線のいたずら書き」が入っていたことです。

つまり、会話を禁止するEntspannungszoneが気に入らない人がいるという意思表示なのでしょう。だったら、会話ができるゾーンへ移動すれば良いだけなのですが‥

皆さまもご存じのようにオーストリアでは、現在は他国の出身者が大幅に増えています。その中にはキリスト教文化圏以外の人も多く、必ずしも価値観が一致しているとは限りません。

以前でしたら、こういったルールやマナーを守ることが、ある意味、当たり前だったオーストリアですが、色々な価値観を持った方が増えてくると、どうなのでしょうか‥

さて、今日のタイトル「静かな車内環境は実現できるのか」は、Feriの素朴な疑問です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき, 街角の話題, 鉄道のお話 |

« 愛煙家には辛い世の中‥ | Main | またまた食料品サンプルをいただきました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愛煙家には辛い世の中‥ | Main | またまた食料品サンプルをいただきました »