« POLIZEIで活躍するHONDA | Main | 移動図書館もあります »

October 19, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 運河への転落注意

20171016_x201_00005

最初にニュースから。10月18日の午後、FlughafenWien駅構内でCATの車両から発煙があり、一時、駅が閉鎖され、消防隊が出動。消火活動に当たりました。

幸い、人的被害は発生しませんでしたが、FlughafenWien駅が全面閉鎖されたため、CATやS7の代行バスが運転されたようです。

さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

先日、ウィーン市内中心部で、深夜に若者による乱闘騒ぎがあり、その過程で19歳の少年がドナウ運河に飛び込んだそうです。

Img_2007_07_8020

ドナウ運河に飛び込んだ少年は、近くの通行人が引き上げて、救急搬送され、一命は取り留めたそうです。

なお、乱闘騒ぎを起こしたのは、外国人と言われていますが、警察が駆けつけた際には、すでに逃亡していたそうで、詳細は不明です。

そのニュース記事の写真で、Feriが気になったのが、件のピクトグラムです。

こういうピクトグラムもあるのですね。

Img_2003_06_361_6137

運河の護岸に貼り付けられているものらしく、運河への転落を警告すると同時に、万が一、転落した人を発見した場合は、122へ通報するように促しています。

ちなみに122は、消防の緊急通報用電話番号で、水難救助隊への出動要請をするのだと思います。

Img_2016_08_2405

ウィーンの「消防署まつり」でも、水難救助隊の車両や装備が展示されていました。

ノイジードラーゼーに隣接するRustでは、当然のことながら、水難救助の要請が多いようで、小さな消防署ですが、写真のような車両が配備されています。

転倒注意と相通じるピクトグラムですが、Feriは、このタイプのピクトグラムは見たことがありません。

しかし、護岸が濡れていた場合など、不注意で運河に転落する可能性があるにもかかわらず、護岸にフェンスがないのは、日本では考えられないですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in ピクトグラム |

« POLIZEIで活躍するHONDA | Main | 移動図書館もあります »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« POLIZEIで活躍するHONDA | Main | 移動図書館もあります »