« ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(下) | Main | 2017 Weihnachtsmärkte in Wien »

November 17, 2017

100 Jahre Symphonieorchester der Volksoper Wien

1g6a0443_top

このところ、音楽やオペレッタの話題とご無沙汰で、変な方向に向かいつつある当ブログ。

愛想をつかした読者の方もいらっしゃるような気がします。諸般の事情で、まだまだ現役続行中のFeri。

ありがたいことに、本業が超多忙になり、Volksoperへ顔を出す時間が全く取れない状況に陥っております。

さて、11月16日は「100 Jahre Symphonieorchester der Volksoper Wien」と題したコンサートが開催されました。

シーズン当初からわかっていたので、顔見知りのメンバーも増えたこともあり、本当は馳せ参じたかったのですが、身動きがとれず、断念。

本来ならば、実際に観賞した上でのレポートをお届けしたかったのですが、今回は叶いませんでした‥

_1g6a0396_top_variante1

Volksoper Wienの前身は、1898年にオープンしたKaiser-Jubiläums-Stadttheaterですが、オペラなどが上演されるようになったのは1903年のことです。

1905年には劇場名は1905年に「Kaiserjubiläums-Stadttheater Volksoper」と改称され、さらに1908年に「Volksoper」となりました。

「Tosca」(1907年)、「Salome」 (1910年) などは、Volksoperで初演された演目です。Volksoperがウィーン第2の歌劇場として本格的にスタートしたのは、第1次世界大戦後ですから、ちょうど、そのタイミングで座付きオーケストラが誕生したことになります。

11月16日の記念コンサートの指揮は、Lorenz C. Aichner.さん。

当日は、Erich Wolfgang Korngold作曲の「Sea Hawk」、Gustav Mahler作曲の「Lieder eines fahrenden Gesellen」(ソリストはMartina Mikelicさん)、そしてAntonin Dvorak作曲の交響曲第9番「Aus der Neuen Welt」が演奏されました。結構、通好みの選曲ですね。

日頃、演奏しない楽曲を選んでいるところに、オーケストラメンバーの心情が反映されているような気がします。勝手な想像ですが‥

Feriは、何も出来ませんでしたが、ブログから、現在のオーケストラメンバーに「100周年、おめでとうございます」というメッセージをお送りしたいと思います。

それにしても、Volksoperのオーケストラは、良い意味で器用な方が多いですよね。

劇場で上演されるプログラムが、オペレッタを始め、オペラ、ミュージカルなど、多種多様。当然、演奏に関する要望も違う訳ですから、それを毎日、やり遂げるのは、たいしたものだと思います。

そうそう、オペレッタではありませんが、11月19日にはPierangelo Valtinoni作曲のオペラ「Pinocchio」のプレミアが行われますね。

また、本業が落ち着いたら、戻りますので、皆さん、Feriおじさんを忘れないでね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

音楽, in フォルクスオーパー |

« ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(下) | Main | 2017 Weihnachtsmärkte in Wien »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(下) | Main | 2017 Weihnachtsmärkte in Wien »