« 謎のピクトグラムシリーズ 手すりにお掴まりください | Main | すごい場所にパラボラアンテナが‥ »

November 12, 2017

移民大国「JAPAN」

Img_2015_09_3978

今日は「移民の話題」をお届けしましょう。

日本でも報道されているようにオーストリアは、新し首相の就任にともなって、難民・移民に対する規制が強化されるようです。

同時にオーストリアに住む外国人に対しても、様々な規制が強化されています。長年、オーストリアで生活し、仕事をしている友人も“住みにくい国になってきた”と嘆いています。

では、日本はどうでしょうか? 今まで「日本は、単純労働に従事する移民は少ない」というイメージがありますが、最近は、定住し、仕事をしている外国人の方が増えたなと感じることがあります。

実際、工業団地の最寄り駅などでは、シフトが代わる時間単になると大量の外国人の方が集まっている姿を見かけることがあります。しかも、従来、日本ではあまり見かけなかったアフリカ系、イスラム系の方も含まれています。

そのため、宗教上の理由から「豚肉」を避けている方が、コンビニエンスストアでスタッフに、片言の日本語で“豚は入っていますか?”と質問するというった、従来では考えられなかったことも起こっているようです。

これは大都市圏に限ったことではなく、地方都市でも同様で、友人の話によると、九州の某県庁所在地のコンビニエンスストアで、イスラーム系の従業員を見かけたという話をしていました。

20171111_x61s_00001

ちょっと古い資料ですが、2015年、日本への外国人移住者数は韓国を上回り、ベスト4になったという記事を見たことがあります。何とビックリ、世界4位の移民受入大国です。2015年の移住者数は39万人だそうです。

トップは、もちろんドイツ。年間200万人です。ちなみにオーストリアは11位。グラフを見ると、日本よりもはるかに海外移住者数が少ないのですよ。

にもかかわらず、大問題になっているのですから、日本で何も起こらないのが本当に不思議な気がします。

ご存じのように、オーストリアと同じく、日本でも「就労ビザ」の獲得は極めて困難です。日本の場合、単純労働を行うための就労ビザは、事実上、出ないという話を耳にしたこともあります。

しかし、実際には単純労働についている外国人の方が沢山いらっしゃいます。

その理由は、様々な「裏技」(合法的な抜け道)を使っているからだと言われています。

その代表は、外国人技能実習制度かもしれませんね。本来の趣旨は「実習」なのですから、単純に働かせるだけでなく、母国に帰って仕事に生かせるよう、様々な教育を行うのが趣旨なのでしょう。

しかし、雇う側も働く側も、単なる労働者という認識らしく、制度が形骸化しているような気がします(ちゃんとした運用をしている企業も、もちろん存在するでしょうが‥)。

余談になりますが、Feriは学生時代、「実際に企業の現場で実習を行う」というカリキュラムがありました。もちろん、正式の単位です。

Feriは、テレビを生産している某大手電子メーカーに派遣されましたが、実習の趣旨にふさわしく、ラインの色々なセクションを回り、指導担当の管理職から、色々と教えてもらいました。

当然、働いているため、若干の給与は支給されましたが、こちらとしては、色々と現場で手間をかけて実習をさせてもらったので、正直、申し訳ないような気持ちになったことがあります。

また、留学生の就労も多いという話を友人から聴きました。とくに語学留学で来日して、実質、労働がメインになっているケースも多いとか‥ ただ、留学生の場合、就労時間に上限が設定されているため、時給の高い職場に行きたがるようです。

アジア系の方では、今まで、中国や韓国が多かったのですが、最近増えているのはベトナムの方。語学留学で来日して、各種の職場で働いているという話を聴いたことがあります。

この他、来日して難民申請をすると、一定期間、働くことができるという制度を活用して、仕事に就いている人もいるようです。

何しろ、コンビニ各社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会が「外国人技能実習制度」の対象職種にコンビニの店舗運営を加えるように政府に働きかけているそうですから‥

日本は、「本音と立て前」を使い分けることが得意な国なので、「単純労働の移民受け入れ可否」を明確な争点にして選挙をした訳でもないのに、回りは外国人だらけ‥という矛盾に満ちた国になっている気がします。

個人的には、国民的な議論を踏まえた上で、移民の受け入れ可否を決めた方が良いとは思うのですが‥

さて、知らないうちに移民が大量に入っている日本。移民の受け入れを拒否する勢力が、国民に支持される時代を迎えるのでしょうか。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« 謎のピクトグラムシリーズ 手すりにお掴まりください | Main | すごい場所にパラボラアンテナが‥ »

Comments

The comments to this entry are closed.