« すごい場所にパラボラアンテナが‥ | Main | ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(上) »

November 14, 2017

謎のテンキーボード

1993080016b

今日は「レンタカーの車内にあった謎のテンキーボードの話題」をお届けしましょう。

当初は列車やバスで各地を回っていたFeriですが、ある年、友人とレンタカーを借りてからは、その利便性に負けて、その後は、夏はレンタカーで移動するようになりました。

今はインターネット経由で簡単にレンタカーを予約できるようになりましたが、昔は、そんな便利なシステムはなく、日本の予約センターに連絡を入れて、予約をとってもらうというのが一般的でした。

今でも、この点だけは同じですが、海外の場合、実際に現地の営業所に到着するまで、どんな車が割り当てられるか、わからないことです。

車種のカテゴリーで予約していますが、実際には、あちらの都合で、一つ上のカテゴリーの自動車が割り当てられることも、よくあります。ただ、一人しか乗らないのに、ミニバンはもったいないですが(燃料代金も含めて‥)。

さらにヨーロッパ大陸の場合、陸続きなので、レンタカーも国を超えてプールしているようで、必ずしも借りた国のナンバーがついた自動車が割り当てられるとは限りません。

今から四半世紀前のことです。日本からミュンヘン行きのJAL直行便が設定されていたことがあります。機種は、当時は一般的だったB747。

1993080016a

当時、ザルツカンマーグートなどを回ることが多かったので、同便を利用し、新しく開業したミュンヘン・フランツヨーゼフシュトラウス空港から旅を始めたことがあります。

フランツヨーゼフシュトラウス空港からレンタカーを借りたのですが、営業所での手続きを行ってキーを手渡された後、係員から“この車にはコンピューターがついている。イグニッションキーを回しただけでは、エンジンがかからない。キーを差し込んでから、車内に取り付けられているキーボードから4桁のPINコードを入力するように”という案内がありました。

そして、“PINコードは絶対に忘れないように”という忠告が‥

さっそくレンタカー専用駐車場へ行くと、割り当てられたのはイタリア・ローマナンバーのフィアットUNO。

以前、イタリアでは自動車の盗難が多いという話を聴いたことがありますし、実際、オーストリアやドイツでレンタカーを借りる際も、“イタリアへ行く予定はありますか?”と質問されることがありました。

恐らく盗難防止のための装置が取り付けられているのでしょう。運転席につくと、通常、カーオーディオがついている場所に「謎のテンキーボード」が後付けされていました。

1993080017

写真をご覧になるとわかるように、正直、後から無理矢理、取り付けたような感じで、非常に体裁が悪かったのに驚きました。

少なくともディーラー指定の正式オプションではなさそうです。

実際、係員に指示されたようにイグニッションキーを差し込み、テンキーボードから指定のPINコードを入力すると、普通にエンジンがかかりました。

ちなみにPINコードを入力しないと、イグニッションキーを回しても、全く反応しません。

Feriは、この装置を搭載したレンタカーは、結局、この時が最初で最後だったのですが、今でも、取り付けられている車はあるのでしょうかね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

昔のオーストリア, in 乗り物 |

« すごい場所にパラボラアンテナが‥ | Main | ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(上) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« すごい場所にパラボラアンテナが‥ | Main | ジャンボジェット アッパーデッキの思い出(上) »