« 2017 Weihnachtsmärkte in Wien | Main | アドベントの電飾に思う »

November 19, 2017

今年も運転 Weihnachtliche Manner Straßenbahn

Img_2016_12_0615

「Christkindlmarkt am Rathausplatz」が、11月17日から始まりました。この他の場所でも、次々と開幕。クリスマスシーズンの幕開けです。

今年も、この時期、恒例のクリスマス・トラムが運行されます。一つはベッカライチェーンのStröck がスポンサーを務める「Weihnachtsbim von Ströck」。

そして、もう一つはウィーンを代表するお菓子メーカーMannerがスポンサーを務める「Weihnachtliche Manner Straßenbahn」です。発着停留所はKarlsplatz(Otto-Wagner-Pavillon)です。

「Weihnachtsbim von Ströck」が有償でお客さまを運んでいるのに対し、「Weihnachtliche Manner Straßenbahn」は、リンクを走りながら、主要停留所で止まり、お姉さま方が同社の商品の無料配布するというユニークな乗り物。

Img_2016_12_4648

お菓子の無料配布が、始まると子供さんは、もちろん、大人も集まってきます(無料配布にはウィーン子も敏感です)。日本でも、地方では新築祝いに屋根からお菓子やお餅を投げたりしますが、そんな雰囲気です。

ちなみにFeriも、その昔、ウェハースを頂いたことがあります。

運転ダイヤは、公式には公開されておらず、運行日と時間帯だけは公開されています。

ちなみに2017年は11月17日から運転が始まりました。

今後、12月2日、12月3日、12月6日、12月8日、12月9日、12月10日、12月17日、12月23日の運転が予定されています。

Img_2016_12_4650

運行時間は、12月6日までが、16時から19時、それ以降は14時から18時となっています。

「Weihnachtsbim von Ströck」と運転日が重なる日は、リンクを二つの特別トラムが走る訳ですから、大盛り上がり。運行ルートは、Ring Tramとは反対側の「外回り」ルートです。

Img_200_12_1131358

使用される車両は、博物館に動態保存されている電車で、ピンクのMannerカラーに塗られた特別仕様。もちろん、写真のようにクリスマス用の飾り付けも施されています。

12月2日から6日までは、Nikolo-Fahrt(サンタクロース)が乗車するようなので、子供さんには大受けすることでしょう。

ダイヤは明示されていませんが、「Weihnachtsbim von Ströck」の10分後に、Karlsplatzを出発するパターンが多いような感じがします。

ところで、こちらも乗車できるようなのですが、乗車方法がはっきりしません。同社のホームページにも乗車料金が明示されていないところから、無料らしいという話も耳にしたことがあります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

鉄道のお話, in 街角の話題 |

« 2017 Weihnachtsmärkte in Wien | Main | アドベントの電飾に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2017 Weihnachtsmärkte in Wien | Main | アドベントの電飾に思う »