« AEDを積極的に活用しましょう | Main | 2017年のオペレッタ観賞を振り返って »

December 30, 2017

IKEAの街頭広告チーム

Img_2017_12_0200

仕事納めを終えて、年末年始休暇に入っている皆さまも多いと思いますが、Feriは諸般の事情で、仕事を続行中。そのため、今日は短めの話題でご容赦ください。

今日は「街頭での宣伝にまつわる話題」をお伝えしましょう。このブログでもたびたびお伝えしていますが、こちらでも街頭で色々な広告を見ることがあります。

食料品などの場合、サンプルを配布するケースが多いのも特長です。先日、Adventの期間、ウィーン市内で集中的に街頭宣伝を行っていたのが、ご存じIKEAです。

スウェーデン生まれのIKEAですが、現在では日本を含む世界に出店している世界最大の家具量販店なのは、皆さま、ご存じのとおり。

Img_2017_12_0428

オーストリアでは、Graz、Haid (Linz近郊)、 Innsbruck、Klagenfurt am Wörthersee、Salzburg、Vösendorf (Wien近郊)、Wienに店舗があります。

オーストリアで、最初にオープンしたのはShopping City Südで、1977年のこと。こちらでも、同社の家具などを使っている人が非常に多いですね。

最近、こちらで短期滞在用のアパートを利用した友人の話によると、家具やキッチンの備品はほとんどIKEAだったと話していました。

ちなみに、IKEAのオーストリアでの市場シェアは3位だそうです。これだけ住民に浸透しているIKEAですから、別に宣伝を行わなくても、十分商売にはなると思うのですが、Adventの期間中ということで、積極策に出たようです。

面白いのは、街頭宣伝に使っていたのは自転車で牽引する広告カート。確かにアドトラックなどに比べると環境には優しいですね。

Img_2017_12_0199

雪の結晶をあしらったデザインが出色。「SCHWEDISCHE BESCHERUNG」という文字が書かれており、Adventの期間は、特別なセールを打っていたようです。ただ、家具類を買う予定のないFeriは、実際に店舗まで行っていないので、内容は存じません。

このカートを拠点に白いコスチュームに身を包んだ女性スタッフが、街を歩く人に、何かを配っていました。2枚目の写真はKarlsplatzで見かけたものですが、通りかかったお客さまが配布物を手に取っていましたね。

今から考えれば、Feriももらってくればネタになったのですが、この時は、先を急いでいたので、女性スタッフのところまで行きませんでした。

そう言えば、IKEAの店内には「IKEA Restaurant」がありますが、格安で有名。これを目当てで来店するお客さまもいらっしゃるという話を耳にしたことがあります。

余談ですが、この広告カートはBoomerang Media GmbHという広告代理店が所有しているもので、様々な媒体を使って宣伝を手がけているようです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« AEDを積極的に活用しましょう | Main | 2017年のオペレッタ観賞を振り返って »

Comments

以前3,4年前に質問させていただいた者です。あの頃とチケットの買い方が変わったと聞きました。以前はだいぶん前からリクエストだけあげておきましたが、現在の買い方(ネット)はどのように変更になったのでしょうか?

Posted by: ゆか | December 30, 2017 22:47

ゆか様

Culturall経由の場合は、以前と同じです。フォルクスオーパーの場合は、発売前月1日に一斉発売です。

事前にリクエストを入れることも可能です。現在は日本語サイトもあるので、わかりやすいと思います。

Posted by: Feri | December 31, 2017 18:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AEDを積極的に活用しましょう | Main | 2017年のオペレッタ観賞を振り返って »