« クリスマスに流れる音楽に思う | Main | 同性婚が正式に認められるそうです »

December 07, 2017

ペットは家族の一員ですが‥

Img_2014_05_3951

今日は、諸般の事情で更新が遅くなりました。今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。

先日、日本興味深いニュースがありました。

飼育が禁止されているアライグマ4匹を自宅で飼育し、その後、山中に放したとして、女性が書類送検されたというものです。

犬や猫が飼えなくなって、どこかに放置する飼い主さんが売るのは決して日本ばかりではありません。

このブログでも、たびたびお伝えしているように、こちらでは、原則としてペットの動物はペットショップでは手に入れることはできません。ブリーダーさんから、分けてもらうのが原則です。

という訳でペットショップの店頭に並んでいるのは、飼育用のグッズだけです‥

その際、ブリーダーさんが飼い主としての資質をある程度、判断して譲るかどうかを判断しているという話です。

Img_2012_08_4240

そのため、日本よりは、飼えなくなったから、どこかに放す‥というケースは少ないのですが、最近は困った問題が起きています。

EUの拡大に伴って、旧東欧圏で小遣い稼ぎのためなのか、アウトバーンのステーションなどで、子犬などを闇で売っている業者が現れたのです。

Adventの季節、どこかへ出かけて帰りに子供さんにせがまれて、つい飼い主になったというケースが、一番、手放す確率が高いと言われています。

そのため、ウィーン市でも、この時期になると「ペットをむやみに買わないように」というキャンペーンを展開しています。

というのは、こちらは「ノラ」に関しては、容赦なく捕獲して、処分しますので‥それだけ飼い主に高いモラルが求められる‥という訳です。

Img_2012_08_4407

ペットの一生は、飼い主よりも短いのが一般的。そのため、飼い主の資質によって、ペットの一生も決まってしまうと言っても過言ではありません。

Feriが、オーストリアで見かけたペットたちは、幸い優し、愛情あふれた飼い主さんの元で幸せな生活を送っています。そういうペットは、気のせいか表情が違うように見えるのですが‥

一方、最近、日本の有人から聴いた話ですが、有人の自宅近くに野良猫に餌を与えている家庭があるそうです。

一応、周辺住民に配慮して、ペット保護の団体と協力し、避妊手術などをしており、これ以上、個体が増えないようにはしているようです。

Img_2013_12_2674

餌の時間になると、数匹の野良猫が集まってきます。周囲の人が危害を加えないため、中にはふてぶてしい態度の野良猫もいるとか‥ 

ただ、友人曰く“寝ている時の表情は優しいけれど、起きていて周囲を通る人を見るときの目は冷たく感じる”。
もしかしたら、自分を放置した飼い主に対する、何らかの思いがあるのかもしれませんね。

実は、Feriが子供の頃、父親が動物好きだったため、色々な小動物を自宅に飼っていました。物心着いた頃から、でも犬、鶏、ウサギ、リス、各種小鳥などが身近にいました。

Img_2014_08_5479

とくに父親は小鳥に関してはかなり気合いが入っていたようで、当時でも許可証が必要なウグイスなどの野鳥も飼っていました。鳥が多かった関係で、猫は飼っていた記憶がありません。

とくに小鳥に関しては、小さなカゴで飼うだけでなく、人が入れるようなケージをつくって、そこで飼っていた時代もあります。

当然、複数の鳥を飼うので、中には意地悪をするヤツも‥ ウズラはいつも文鳥にいじめられていたことを覚えています。

そのため、鳥と相性の悪い猫は、飼った試しがありません。父親は猫は、あまり好きでは無かったのかもしれませんね。

犬に関しては、老犬だったので、Feriが子供のうちに亡くなってしまい、それ以降、両親が犬の死に目に会うのが辛いということで、飼うのを断念していたようです。

とりとめのない話になってしまったので、今日は、このあたりで‥


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ペット, in 日記・コラム・つぶやき |

« クリスマスに流れる音楽に思う | Main | 同性婚が正式に認められるそうです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クリスマスに流れる音楽に思う | Main | 同性婚が正式に認められるそうです »