« 問題山積 新参シェアバイク | Main | ペットは家族の一員ですが‥ »

December 06, 2017

クリスマスに流れる音楽に思う

Img_2015_12_7116

今日は「クリスマスの音楽にまつわる話題」です。

日本でも12月に入って商業施設では、まずクリスマスをターゲットにした各種プロモーションが始まっていると思います。

ただ、日本の場合、新年も伝統的な御祝いなので、クリスマス用のグッズと来年の干支グッズが一緒に並ぶなど同時並行で進むところが特徴ですが‥

先日、日本でコンビニエンスストアを経営している友人から、“うちでも店内のBGMが12月に入って、クリスマスバージョンに変わったよ”という話がありました。

店内のBGMを気にしているお客さまは少ないと思いますが、従業員さんの場合、働いている時間、店内で聴くため、どんな音楽が流れているのかが、気になるそうです。確かに‥

Img_2014_12_8742

今年は、従来の楽曲(J-POPなど)に加えて、賛美歌をアレンジした曲も流れているとか‥

最近では、賛美歌をポップスやジャズ調にアレンジしたものが、あるんですねぇ‥ Feriは知りませんでした。これも時代でしょうか。

Feriの両親はキリスト教徒(プロテスタントでしたが)だったので、この時期になると凝り性の父親がクリスマスツリーを準備すると同時に、自慢のステレオで賛美歌を流していたのを思い出します。

そのため、Feriは、子供の頃から、賛美歌には親しんでいました。特にクリスマスの時期に流れる賛美歌は、よく覚えています。

ところで、こちらでは、日本のように、商業施設ではBGMを流すことは少ないような気がします。これは音楽を大切にするという文化と関係があるのかどうか、詳しくは知りませんが、日本とは大きな違いのような気がします。

Img_2014_12_9245

そのため、街中の商業施設でクリスマスソングを耳にしたという経験は、Feriは、ほとんどありません(もちろん、例外はありますが‥)。

クリスマスソングを盛大に流していたのは、このブログでもご紹介しているStröck-Weihnachtsbim(クリスマストラム)の車内でしょうか。

リンクを運転中、車内には終始、クリスマスソングが流れています。では、どんな楽曲が流れているかというと、ほとんどがちょっと古いアメリカのクリスマスソングです。Feriなどの年代には、懐かしい楽曲が多いですね。

逆に、賛美歌をアレンジした楽曲などは、耳にした記憶がありません。

Img_2015_12_6818

元々、観光客の利用が多いStröck-Weihnachtsbimなので、ポピュラーな楽曲を選択しているのかもしれませんが、穿った見方をすると「賛美歌は教会で歌う(聴く)もの」という、常識があるのかもしれません。

このあたり、詳しく掘り下げてみると、「文化の違い」が浮き彫りになって面白いのかも知れませんね。

余談になりますが、通常、カトリックのミサとプロテスタントの礼拝では、使用される賛美歌が異なります。Feriも、最初のうちはカトリック教会の賛美歌には戸惑いました。

Img_2016_12_0525

しかし、クリスマスの時だけは、同じ賛美歌が使われます。正直、子供の頃から慣れ親しんだ賛美歌をオーストリアの教会で聴くと、心に響くものがありました。

さて、今年のクリスマス。ウィーンの教会で賛美歌を聴くチャンスはあるでしょうか。今日も、とりとめのない話で失礼しました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

音楽, in 日記・コラム・つぶやき, in 街角の話題 |

« 問題山積 新参シェアバイク | Main | ペットは家族の一員ですが‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 問題山積 新参シェアバイク | Main | ペットは家族の一員ですが‥ »