« Westblue運行開始 | Main | これは酷い!! シェアバイクの実態 »

December 21, 2017

新製品? Spiralkartoffel

Img_2017_12_0174

今日は「Adventmarktで見かけたスナックの話題」をお届けしましょう。

Adventmarktに限らず、冬の時期になるとウィーンの街角で見かける「Maroniの屋台」。ドラム缶のような釜で焼いた栗を販売しているのは、皆さま、ご存じのとおり。

また、栗だけではなく、ジャガイモを加工したBratkartoffelnやKartoffelpufferといったスナックも販売しています。寒い時期になると温かいスナックは人気がありますね。

そんな「Maroniの屋台」で、最近見かけるようになったのが、Spiralkartoffelという商品です。

結構、人気があるようで、子供さんにせがまれて親御さんが買っている姿を見かけました。

どのような商品化というと、ジャガイモを薄くスライスし、串に刺して揚げたものようです。似たような商品に自家製ポテトチップスがありますが、串に刺したというのがミソ。

ある意味、ワンハンドスナックなので、Adventmarktなどには最適なスナックかもしれません。

Img_2017_12_0315

どうも、ドイツが「発祥の地」らしく、Spiralkartoffelといいうのは、某社の登録商標になっているようでした。

専用のSpiralkartoffel Chips Schneider(スパイラルポテトチップカッター)を使ってジャガイモを加工するようです。

この会社では、製造に必要なSpiralkartoffel Chips Schneider、Beckenfritteuse(電気フライヤー)、トッピングに使うスパイス、Bambus Spieß(竹串)、ポスターなどを販売しています。

「ポテトチップスを串に刺したというアイデア商品」なのですが、物珍しさも手伝って、結構、人気があるようです。

なお、Feriは見かけませんでしたが、竹串に代わりにブルストを使うSpiralkartoffelwürstchenという商品もあるようです。

Img_2017_12_0318

ただ、類似の商品が他社からも発売されているようですが、シンプルなので基本的に作り方は同一です。

Feriは、以前、同じ手法で作った自家製ポテトチップスを食べたことがありますが、揚げたては香ばしいのですが、しばらくすると脂分がきつくなってくる特長があります。

その点、今回はトッピングで工夫をしているような感じがしました。また、串に刺さっているため、ポテト同志がくっつくことがない分だけ、脂分が出てきにくいかもしれません。

また、小さな「Maroniの屋台」では、電気フライヤーの設置が難しいので、別の場所で作ったものを、釜で温めているようでした。

ちなみに2枚目の写真はAdventmarkt in dir REMISEで見かけたものですが、お客さまがオーダーすると、Spiralkartoffelを釜の中に入れて、1分ほど温め直していました。ちなみにお値段は一串3Euroくらいです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, in 街角の話題 |

« Westblue運行開始 | Main | これは酷い!! シェアバイクの実態 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Westblue運行開始 | Main | これは酷い!! シェアバイクの実態 »