« さすがに長い新型連節バス | Main | 玉ねぎ<Zwiebel> »

December 27, 2017

Volksoperからクリスマスカードが!

Img_2017_12_3017

こちらは、休日だった昨日から、旧市街を中心にシルヴェスターの準備が急ピッチで始まっています。

何しろ、Adventの飾り付けやヒュッテを撤去してから、新しくイベント用の設備を架設するため、結構、手間がかかります。

基本的にのんびりしているオーストリアでも、この時だけは、「お尻」が決まっているので、仕事が早いです。

さて、先日、Volksoperから一通の封書が届きました。中を開けてみると、クリスマスカードでした。

表のデザインは、2017/18シーズンのPremiere作品に登場する主人公をあしらったもの。年間プログラムの表紙と同じデザインですが、クリスマスバージョンに変更してあります。

中を開くとDirektorのRobert Meyerさんからの手書きメッセージが添えられていました。

Img_2017_12_3018

Feriは、ここ数年、Adventの時期になると、Robert Meyerさんにクリスマスカードを送っています。ただ、郵送ではなく、劇場の楽屋口で守衛さんにお願いして渡してもらうというパターンです。

日本へ戻ったときに、日本風のカードを準備して‥

自分のカードに電子メールのアドレスも書いているので、最近では電子メールでお礼が来ることが多かったのですが、今回は、立派な紙ベースのカードでお返事が来ました。

ご本人自筆というのが、嬉しいところです。

今シーズンは、オペレッタの上演回数が減っている上に、Feri自身の多忙さもあり、劇場から足が遠のいていることを察しているのかどうかは存じませんが、絶妙のタイミングで、Feriの心を掴むカードの到着でした。

何しろお忙しいRobert Meyerさんが、Feriのために時間をつくって、カードにメッセージを入れてくれたのですから‥

大晦日に「今年のオペレッタ観賞を振り返って」をお届けしますが、2017/18シーズン、Volksoperでは、まだオペレッタのPremiereは上演されていません。

そう、2018年2月の「Der Opernball」が唯一です。もちろん、「Eine Nacht in Venedig」の再演などもありますがCaramelloにJoge Schneiderさんが起用されないので、今ひとつ“観たい”という気持ちがわいてきません。

それだけに「Der Opernball」には期待したいものです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_v_02

日記・コラム・つぶやき, in フォルクスオーパー |

« さすがに長い新型連節バス | Main | 玉ねぎ<Zwiebel> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« さすがに長い新型連節バス | Main | 玉ねぎ<Zwiebel> »