« まだまだ治安の良い国 日本 | Main | 変わったお店シリーズ133 24時間営業? »

January 14, 2018

謎のピクトグラムシリーズ CityJet編

Img_2017_12_0215

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。最近、ウィーン市内でも見かけることが多くなった「新型近郊型電車CityJet編」です。

先日、衝突事故を起こしてミソを付けてしまったCityJetですが、車両そのものに事故の要因がある訳ではないので、ある意味、お気の毒。

最新型らしく乗り心地は良く、出入り口もステップレスなので空港アクセスなどには最適な電車です。

Img_2017_12_0225

新型なので、色々な仕掛けが組み込まれており、当然、目新しいピクトグラムも車内に掲出されています。

こちらでは自転車の搭載が日常的に可能ですが、車内にも自転車搭載場所を示すピクトグラムが掲出されています。

これは他の車両でも見かける比較的ポピュラーなピクトグラムと言えるでしょう。

Img_2017_12_0224

そして、今回、新しく登場した(と思われる)ピクトグラムが、ベビーカー+自転車にイスの折りたたみを合成したもの。

このピクトグラムだけ見ると、意味がよくわからない方もいらっしゃると思いますが、実は、この部分の座席は折りたたみ式になっています。

ベビーカーや自転車を搭載する場合、イスを跳ね上げることになっています。という訳で、このピクトグラム登場となった訳です。

Img_2017_12_0230

従来の近郊型電車でも、折りたたみ式のイスは取り付けられていましたが、CityJetでは、写真のように「コの字型」配置になっています。

Img_2017_12_0220

これはベビーカーに乗った子供さんを親御さんが座って見守りやすくするための配慮だろうと思います。色々と工夫していますね。

なお、ベビーカーや自転車を搭載できるゾーンがある客室への出入り口には、ドアに大きなピクトグラムが表示されています。

ところで、CityJetでは「静かな客室」を実現するために、Entspannungszoneが設けられているハズなのですが、ピクトグラムは発見できませんでした。

もしかしたら、近距離運転なので、中止になった可能性もありますね。今度、もう少し、詳しく調べてみることにしましょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

ピクトグラム, 鉄道のお話 |

« まだまだ治安の良い国 日本 | Main | 変わったお店シリーズ133 24時間営業? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まだまだ治安の良い国 日本 | Main | 変わったお店シリーズ133 24時間営業? »