« 家具の搬入は大事です | Main | 謎のピクトグラムシリーズ CityJet編 »

January 13, 2018

まだまだ治安の良い国 日本

Img_2017_12_0343

日本では、そろそろ受験シーズンに突入ですね。

コンビニエンスストアを経営している友人から聞いた話で、つくづく日本は「治安の良い国」だと実感したことがあります。

最近では、各種受験料もインターネットで申請し、コンビニエンスストアで支払うことができるケースが増えているとか。

また、学校によっては店頭に置いてあるマルチメディア端末で手続きを行い、そのままレジで受験料を支払うシステムを採用しているところもあるという話を耳にしました。昔では考えられなかった時代になったものです。

さすがに入学金については、まだコンビニエンスストアでの支払いはないようですが、これも時間の問題かも知れません。

ところで、コンビニエンスストアで取り扱う代金支払い(代行収納)ですが、各種公共料金や税金、通販代金、チケット代金など、多種多様に及んでいるます。

Img_2017_12_0525

そのため、支払いが集中する時期になると、両々の現金が持ち込まれるとか‥もちろん、防犯上の問題から、一定の金額(特に絶対に支払いに使わない1万円札)になると、貯まった現金を金庫へ入れるルールになっているようです。ただ、忙しい時には、その時間もないことがあるとか‥

コンビニエンスストアだと、安い商品など10円代のものから販売されていますが、この手の支払いでは、1件の支払いで30万円以上という桁違いの金額になることがあるとか‥

これだけ金額の差がある商品(実際には高額商品を販売している訳ではありませんが‥)を取り扱っているのは、日本のコンビニエンスストアくらいかもしれません。当たり前ですが、こちらには、そのような商業施設はありません。

こちらでは、基本的に各種料金の支払いは銀行経由です。日本と異なり、振込用紙に対応したATMが銀行に設置されており、これを使います

。いわゆる自動化ロビーの場合、窓口の営業時間外でも使うことができるので、便利です。自分のBankomat Cardを使って口座から振り込むことになるので、高額の現金を持ち歩くことは少なくなっています。

高額な現金を持ち歩くのを避けるのは、治安上の問題も影響していると思います。

日本と異なり、陸続きですから、犯人が他国に逃げられてしまえば、捜査は困難。そのため、窃盗犯ば跋扈している可能性がありますから、高額の現金を持ち歩かないのは、当然かも知れません。

Img_2017_12_0573

また、日本の1万円に相当する100Euro紙幣ですが、一般の商店などでは利用を断られるケースがあります。これは偽造が増えていることが要因です。また、利用が可能な場合でも、真贋の確認に専用の機械を使うなど、時間がかかるケースもあります。

皆さまもご覧になったことがあると思いますが、ウィーンでは宝飾店などには武器を持った民間のセキュリティが警備しています。

日本では、武器の携行は禁止されていますが、それだけ治安の問題があるということでしょう。

このように考えると、日本はコンビニエンスストアで高額な支払い依頼が平気ででき、大きな事故や事件が頻発することが少ないことを考えると、まだまだ治安の良い国なのでしょうね。

最近は、日本でも地方都市で定住している外国人の姿を見かけることが増えてきましたが、治安の良さは何とか維持したいものですね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« 家具の搬入は大事です | Main | 謎のピクトグラムシリーズ CityJet編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家具の搬入は大事です | Main | 謎のピクトグラムシリーズ CityJet編 »