« 2017年のオペレッタ観賞を振り返って | Main | 珍しいBierの自販機 »

January 01, 2018

Prosit Neujahr 2018

2018_01_01_s

Prosit NeuJahr 2018」 新年、あけましておめでとうございます。

皆さまにとって、2018年が良い年になりますよう、お祈りしております。オーストリアでは、年末にセバスチャン・クルツ首相が率いる新政権が発足し、政治的な話題が多い年になるかもしれません。

日本時間では夜になりますが、こちらではお昼に、恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートが行われますね。今年はリッカルド・ムーティーさんの指揮。すでに曲目も発表されていますが、楽しみにしている方も多いと思います。

さて、新年、最初の話題は「ウィーンの可愛い同胞」です。オーストリアでは「干支」は関係ありませんが、Feriは日本人。

Img_2017_12_0557

という訳で「戌年」にちなんで、安直ですが日本犬の話題を‥

このブログでも何回かお伝えしていますが、ウィーンでも時々、日本犬を連れている人を見かけることがあります。

日本から持ってきた訳ではなく、こちらで日本犬のブリーダーさんがいらっしゃるので、その方から分けてもらっているようです。

こちらでは、比較的大型の犬を飼う方が多いため、日本犬は小型に見えてしまいますが、尻尾がくるりと丸まった姿は、海外で見ると、日本以上に愛おしく感じます。

Img_2017_12_0558

こちらでは、比較的大型の犬を飼う方が多いため、日本犬は小型に見えてしまいますが、尻尾がくるりと丸まった姿は、海外で見ると、日本以上に愛おしく感じます。

多くの犬種がいる中、日本犬を飼っているということは、飼い主さんも、ある種の思い入れがあるのでしょう。そのため、かわいがっている様子が感じられて、微笑ましい限りです。

トップと2枚目の写真は、昨年の12月、「Adventmarkt in dir REMISE」で見かけた日本犬。非常におとなしい犬でした。残念ながら飼い主さんに名前をうかがうチャンスがありませんでしたが‥

Img_2015_09_4674_01

もう1枚は、以前、旧市街で見かけたもの。こちらは飼い主さんがお散歩の途中、休憩中だったので、ちょっと声をかけてみました。

名前をたずねたところ、残念ながら日本式のお名前ではありませんでした。「Bear」という名前でしたが、名前の由来は聞きそびれました。

そう言えば、こちらでは日本式の名前を付ける場合でも、日本では猫に多い名前をつける人もいるとか‥まぁ、国が違えば名前の付け方も違いますからね。

ところで、ウィーンで見かける日本犬は、何となく顔の感じが似ています。友人の話によると、同じブリーダーさんで繁殖されているものではないか‥という話でした。

確かに可能性はありますね。皆さまも、こちらで「可愛い同胞」を見かけたら、飼い主さんに声をかけてみてください。きっと喜ぶと思います。

さて、今年はFeriにとって、どんな一年になるでしょうか。皆さまに楽しんでいただけるような記事を掲載できると良いのですが…

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります


人気ブログランキング

|

« 2017年のオペレッタ観賞を振り返って | Main | 珍しいBierの自販機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2017年のオペレッタ観賞を振り返って | Main | 珍しいBierの自販機 »