« 業態転換が進む個人商店 | Main | Flexity Wien - Willkommen daheim! »

January 06, 2018

UPSの「秘密兵器」かな?

20180105_x201_00002

今年、日本では1月8日が「成人の日」になったので、1月6日から3連休という方もいらっしゃると思います。

毎年、ご紹介していますが、オーストリアでは1月6日は「Heilige Drei Könige」(三聖王の日、公現祭)でお休みです。今年は土曜日になってしまったので、実質、お休みが減ってしまった方も多いようです。

子供達が3人の王様の格好をして家々の前で歌を歌い、お菓子をもらう習慣があります。市内の歌劇場にもロビーに子供たちが現れて、寄付を募るのも恒例行事です。

20180106ss00001

また、Christbaum(クリスマスツリー)の撤去が始まるのも、この日。市庁舎前のChristbaumも5日に撤去されたそうです。

市内にはChristbaumsammelstellenと呼ばれるツリーの集積ステーションが仮設され、そこへ捨てることになります。

もちろん、資源回収がお得意な国なので、回収したツリーは、燃料として再利用されます。

市当局もステーションへの持ち込みを推奨しており、どこにステーションがあるかをホームページで紹介しています。なお、集積ステーションは、2018年の場合、1月14日まで開設されています。

Img_2017_12_0320

さて、今日は「宅配便の話題」をお伝えしましょう。

世界でも、ここまできめ細かい宅配便が広く普及しているのは、日本くらいだと思います。

こちらで比較的、よく見るのはアメリカに本社がある世界的な運送業者UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)でしょうか。

ご存じの方も多いと思いますが、UPSは宅配便に特化した会社ではなく、物流全般を担う会社で、自社で貨物専用機も所有しているそうです。

通常は専用のライトバンを使って配送を行っていますが、旧市内で写真のような車両を見かけました。

Img_2017_12_0321

UPSのシンボルカラーに塗られている3輪自転車です。恐らく電動アシストがついていると思われます。なかなかスタイリッシュなデザインですね。

まだきれいなので、もしかしたら最近、導入されたものかも知れません。

日本でも最近、都市部ではトラックの駐車場所を確保できないため、特殊な車両を使って配達をしているケースがありますが、それと同じ発想でしょう。

ウィーンでは、自転車の活用を奨励していますから、それにマッチしていると思います。今後、こういった運搬手段が増えてくるような気がします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in 乗り物 |

« 業態転換が進む個人商店 | Main | Flexity Wien - Willkommen daheim! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 業態転換が進む個人商店 | Main | Flexity Wien - Willkommen daheim! »