« Japanisches Informations- und Kulturzentrum lädt zu kostenlosen Anime-Filmtagen | Main | 日本のオペラ制作の思う »

January 30, 2018

WKOの起こりは‥

20180129_x201_00001

今日は「経済団体の話題」をお伝えしましょう。

こちらでは、色々な店舗にWKOという文字が書かれたポスターなどを見かけることがあります。営業時間の案内、未成年へのアルコール販売禁止などのポスターが代表的なものかもしれません。

WKOとは、Wirtschaftskammer Österreichの略称で、日本語では「オーストリア経済商工会議所」と訳されることが多いようです。

実際には経済に関連する幅広い活動を行っており、人材育成なども行っており、以下の七つの部門があります。

-Gewerbe und Handwerk
-Industrie
-Handel
-Bank und Versicherung
-Transport und Verkehr
-Tourismus und Freizeitwirtschaft
-Information und Consulting

さて。先日、日本オーストリア食文化協会の役員さんとお目にかかった際、このWKOに関して、興味深いお話をうかがうことができました。

食文化協会の方なので、まずは食品の話から始まりました。Feriも好きなブルストの一つ、フランクフルターは1805年にJohann Georg Lahner(ヨハン・ゲオルグ・ラーナー)氏というドイツ生まれの職人さんが開発した商品だそうです。

Img_2017_12_0389

Johann Georg Lahner氏は、農家の生まれでしたが、ドイツで肉屋に就職した後、ウィーンへ移ってきました。

ウィーンでも、腕の良いソーセージ職人として働き、男爵夫人の援助を受けて、「ラーナー肉店」として独立、1805年にフランクフルターという新しいソーセージを開発しました。

ご存じの方もいらしゃると思いますが、それまでブルストは、豚肉で作っており、食肉に関して「は豚のギルド(組合)」が取り仕切っていました。

そのため、混ぜ物をすると罰金が課せられたのですが、Johann Georg Lahner氏は、豚肉単体で作るよりも、牛肉を混ぜて作ると美味しいブルストが出来る事を発見したのです。

しかし牛肉や豚肉を扱うギルド(組合)に、相談なく製品を作ることはできません。

Johann Georg Lahner氏は、当然、牛肉や豚肉のギルドと交渉を重ねたようですが、どのように説得したのかは、残念ながら、よくわからないそうです。

歴史に詳しい方はご存じかと思いますが、Gilde(ギルド)とは中世、近世における「商工業者の組合」「同業組合」で、Zunft(ツンフト)、Innung(インヌング)と言う場合もあるそうです。

Img_2016_09_0495

中世、各職業の同業者が集まり、自分たちの権利を守る為に作られた団体ですが、職業も千差万別。いずれも組合員の利益を守る団体でした。

このギルドが、社会的に影響力があった要因の一つに、有名なマイスター制度があります。

その道を究めるため、弟子になり立派な職人になるという道で、現在でも小学校卒業後、マイスターの道を目指す進路もあります。

Feriも話を伺って驚いたのは、食肉一つとっても、牛肉のギルド、豚肉のギルド、鶏や羊などなど、細かく別れていたそうです。

そうなると、他のギルドと関係のある肉を使って製品を作るのは、二つのギルドと交渉をする訳ですから、非常に大変だったことがわかります。

さすがに、今ではギルドは、昔ほど影響力はなくなっているようですが、オーストリアではこのギルド制度を手本にWirtschaftskammer Österreich(オーストリア経済商工会議所)が設立されたというのです。

日本でも、各地に商工会議所が存在しますが、オーストリアほど影響力が強くはないと思います。

中世のギルドが形を変え、発展して新しい組織となり、オーストリアの経済を支えている‥そうなると、WKOが影響力を発揮できる背景がわかるような気がします。なお、傘下には110の魚介団体が所属しているそうです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

経済・政治・国際, in 街角の話題 |

« Japanisches Informations- und Kulturzentrum lädt zu kostenlosen Anime-Filmtagen | Main | 日本のオペラ制作の思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Japanisches Informations- und Kulturzentrum lädt zu kostenlosen Anime-Filmtagen | Main | 日本のオペラ制作の思う »