« いずこも頭の痛い受信料問題 | Main | “DER OPERENBALL” Premiere Report(その1) »

February 17, 2018

バスマットの量り売り

Img_2018_02_0391

日本の皆さま、おめでとうございます。男子フィギュアスケート、羽生選手が金、宇野選手が銀、やりましたね。日本では、号外が出ることでしょう。

ORFでは自国選手が出ていないため、リアルタイムではなく、時間差放送でしたが、本日、早朝、試合の映像を見ることができました。

こちらの解説者も絶賛していました。オーストリアで見る日本人選手の活躍は感慨深いものがあります。

しかし、怪我で長期間、試合から離れていたにもかかわらず、勝負感が鈍らなかった羽生選手は、正直、すごいですね。

Img_2018_02_0227

連日、オリンピック放送が続くオーストリア。当たり前ですが、自国選手の活躍を中心に紹介しています。

アルペン競技の男子スーパー大回転でMatthias MAYER選手が優勝したので、大変な盛り上がりです。

逆に自国選手が出場しない種目は、ORFでも「報道しない自由」を行使しています。それだけにオーストリア選手と日本選手が同じ表彰台に乗るようなシーンを、ぜひ、見たいものです。

さて、今日は「ものの売り方に関する話題」をお伝えしましょう。

Img_2018_02_0166

日本でも、最近は食料品などを中心に、一部では「量り売り」が復活しているような話を耳にしたことがあります。必要なものを、必要なだけ購入できるので、ある意味、量り売りは便利な仕組みだと思います。

ただ、反面、料金計算などが面倒な部分もありますが‥ こちらでは、野菜や果物は量り売りが一般的です(例外も、もちろんありますが‥)。

自分で必要な商品を手に取って、売場横にある秤で値段を設定し、印刷されるプライスカードを、商品を入れている袋に貼り付ける‥という方式です。

さて、先日、街中を歩いていたら、某ディスカウントショップの店頭で「BADEMATTENバスマット)」を販売していました。

これ自体は珍しいことではありませんが、売り方に目が止まりました。

というのは、1メートル単位で価格が設定されており、自分が必要な長さだけ買い求めることができるのです。ちなみに幅は65cmで一定でしたが‥

ちなみにお値段は1メートル当たり7.99Euro。ディスカウントショップらしく微妙な価格設定ですね。

Img_2018_02_0165

この時は7種類販売していましたが、やはり売れ行きに差があるのか、ロールの太さが違っていました。

バスマットとなっていますが、実際にはバスルームで使うだけでなく、リビングでフィットネスなどをする時も利用できます。そういった使い方も、写真で例示されていました。

そうなると、使い方によって長さも変わってきます。ある意味、定型のものよりも、使い勝手が良さそうです。

Feriが興味深げに見ていたら、店長さんが出てきて、“買いませんか?”と声をかけてきましたが、私は使う予定がないので、丁重にお断りして、店を後にしました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in グッズ |

« いずこも頭の痛い受信料問題 | Main | “DER OPERENBALL” Premiere Report(その1) »

Comments

バスマットと羽生選手が結び付かないので一瞬驚きました(笑)。66年ぶりの連覇が報じられ、66年前の金メダリスト(元気でピンピンしているアメリカ人)も紹介されていますが、調べたら2連覇した人は他にもう一人いるようですが、そのことは残念ながら報じられていません!その方は1930年代のオーストリアの選手です。ちと残念です。まあエライ昔の人ですけど。

Posted by: AK | February 18, 2018 02:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いずこも頭の痛い受信料問題 | Main | “DER OPERENBALL” Premiere Report(その1) »