« 今年のWiener Eistraum は‥ | Main | 煙突の処理も大変です »

February 25, 2018

自転車のケータリングが増えました

Img_2018_02_0681

冬期オリンピックもフィナーレが近づいて来ました。女子のフィギュアスケートはロシア勢が、ハイレベルの戦いですごかったですね。

日本勢も、メダルには届きませんでしたが、宮原選手が素晴らしい演技を魅せました。
さて、今日は、テレビでのスポーツ観戦には便利な「ケータリングの話題」です。

最近は、こちらでもケータリングサービスが増えてきました。以前と異なるのは、店舗が独自にケータリングするパターンではなく、専門のケータリング会社が配達を担当している点でしょうか。

ピンクがシンボルカラーのFoodoraも、そんな会社の一つです。

Img_2018_02_0689

ドイツのBerlinの本社がある会社で、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデンをはじめ、カナダ、オーストラリア、アジアなど22ヵ国で営業活動をしています。

オーストリアでは、現在、Wienでサービスを展開しています。Wienには、オーストリア料理のお店はもちろんですが、世界各国の料理を提供するレストランやファストフードが展開しているのは、皆さまもご存じのとおり。

そこと契約して、インターネットやスマートフォンのアプリケーションで、日付と時間を指定してオーダーを入れ、自宅や指定場所まで配達をしてくる(出前ですね)というものです。

20180223_x201_00001

同社のホームページを見ると、日本食を提供しているレストランも多数、登録しているのがわかります。

ただ、温かい料理を、30分以内にデリバリーすることが信条のFoodoraなので、当然、該当する店舗から遠いエリアの配達は行っていません。

Foodoraのホームページから配達可能店舗を確認することができるようになっています。このあたり、かつて日本でも当たり前だった「出前」に近い感覚ですね。

気になるお値段ですが、料理の値段に加えて、配送料(2.9Euro)が加わります。なお、支払いは、こちらでは一般的なクレジットカードやPayPalです。

Img_2018_02_0633

デリバリーに際して、同社は、料理を最適な状態を保証するために、専用の「保温容器」に入れて、自転車で配達しています。この容器がピンクで、非常に目立ちます。

週末に市内に出ると、Foodoraのデリバリーをよく見かけるようになりました。ふと、気になったのは、デリバリーを担当しているライダーさんの立場。日本で言う「アルバイト」(非正規雇用)なのでしょうかね。

社員募集のサイトもあるのですが、それを見ると、登録してあるライダーに対して、会社側から“このエリアで配達できるライダー募集”といった指示がスマートフォンに入り、それにいち早く応じたライダーが仕事をゲットするシステムのようです。時給の目安は12Euroとなっていますが、恐らく歩合制になっているのでしょう。

応募条件を見ると、iPhoneまたはAndroidのスマートフォンを持っていること、自転車を持っていること(車両は持ち込みかぁ‥)、18歳以上などの項目が並んでいました。

また、パートタイムの他に、フルタイムの雇用も行っているようですが、基本的に副収入が欲しい方向けのお仕事という雰囲気がします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, in 街角の話題 |

« 今年のWiener Eistraum は‥ | Main | 煙突の処理も大変です »

Comments

日本ではUberEARTSというアプリで同様の出前サービスが為されているようです
始まった頃にホリエモンも試してお気に召したようで 彼の発行するコードを入れると割引になると書いていました
今も グーグルさんに 出前 UberEARTS と入れてみると 其の便利さに UberEARTSは人を廃人にすると褒めている記事がありました 其の人も同じく2000円の割引クーポンを発行していましたので 誰でも試すと自分のブログでクーポンを広めることが出来るのかもしれません
男性ならともかく 独り暮らしが分かってしまいそうな内容の商品を配達して貰うのは 自分の位置情報が他人である配達員のスマホに残るリスクを考慮した上で 家でのんびりと過ごしつつ食事を運ばせる事の利益を考えなければなりませんでしょうね

Posted by: Salzburg.Love | February 25, 2018 09:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年のWiener Eistraum は‥ | Main | 煙突の処理も大変です »