« Wiener Linienが新型券売機をテスト中 | Main | 来場者が増えたTherme Wien »

February 09, 2018

郵便小包の新サービスですが‥

20180208_x201_00001

8日の「OPERENBALL」は、大きなトラブルもなく、無事に終了したようです。ところで、福井県の大雪で、国道で自動車が閉じ込められているニュースが、こちらでも流れています。

さて、今日は「ÖsterreichischePostの新しいサービス」をご紹介しましょう。

Feriが、子供の頃、個人で荷物を送る場合、郵便小包しかサービスがありませんでした。あまり利用した経験はありませんが、郵便局の窓口に小包を持っていって、配達の手続きをしてもらう方式でしたね。

また、国鉄時代は、鉄道で荷物を送ってくれるサービスもありましたが、この場合は駅まで持っていって、受け取る場合も指定の駅まで出かけるというものでした。いずれにしても利用者が、営業拠点まで出向く必要があった訳です。

20180208_x201_00002

皆さま、ご存じのように、その後、宅配便が急速に普及し、個人宅へも集荷に来てくれるようになりました。これは本当に便利ですね。

もちろん、コンビニエンスストアなどへの持ち込みに比べると料金は上がりますが、それでも重い荷物を、わざわざ営業拠点まで持っていく必要がない訳ですから、色々な意味で助かります。

それが、結果として、日本では、郵便小包のシェアを下げた理由の一つかもしれません。

もちろん、その後、日本でも郵便小包は、名称も変えて、サービス内容もレベルアップしていますが、一度、他社に流れてしまったお客さまを呼び戻すのは、並大抵のことではないようです。

前置きが長くなりましたが、最近、こちらのでディアで「Neuer Service: Post holt Packerl auf Wunsch ab sofort bei der Haustür ab」という記事を見つけました。

Feriは、こちらでは通常の郵便を出すことはあっても、荷物を送ることは皆無なので、知らなかったのですが、今まで、個人のところへ集荷(ピックアップサービス)は行っていなかったようですね。

20180208_x201_00003

ある意味、ビックリ。今回、ÖsterreichischePostでは、個人についても、1回につき最大3個までの荷物を、指定場所で集荷するサービスを開始することになりました。

利用方法ですが、予めインターネットでユーザー登録を行い、ここから集荷依頼を行う方式です。気になる手数料は2.5Euro程度のようです。

Feriは、実際に使ったことがないので、詳しい指定方式はわかりませんが、集荷は発送するお客さまの自宅はもちろん、職場など自由に指定できます。通常の荷物発送に加えて、通信販売の返品などもピックアップの対象になると紹介されていました。

Img_2014_12_9526


ただ、集荷はホームページで依頼した翌営業日(月曜日から金曜日)だそうです。週末に集荷をしてくれないのは、さすがに労働者を大切にしているお国柄です(日本が異常なのかも知れませんが‥)。

日本の宅配便は、365日対応で、なおかつ集荷についても時間帯指定が可能、なおかつ冷凍や冷蔵といった付加サービスも多用ですから、こちらの皆さまが知ったら、ビックリするかも知れません。

こちらでも通信販売の利用者が増えており、宅配便の利用は増えています。ただ、日本と同じように不在による再配達が増えているようで、その対策として、このブログでおお伝えしたことがありますが、宅配ロッカーの設置も進んでいます。

郵便局などの設置されている宅配ロッカーでは、発送も可能になっており、利用者が動けば、週末や休日でも荷物の発送や受け取りは可能です。さて、どちらの方式が良いのでしょうかね。ふと、そんなことを考えた話題でした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« Wiener Linienが新型券売機をテスト中 | Main | 来場者が増えたTherme Wien »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Wiener Linienが新型券売機をテスト中 | Main | 来場者が増えたTherme Wien »