« 許せない街中の落書き | Main | 自転車のケータリングが増えました »

February 24, 2018

今年のWiener Eistraum は‥

Img_2018_02_0726

2月も中旬を過ぎて、日が長くなっているウィーン。春の息吹を徐々に感じることができるようになりました。

今日は、週末を控えて営業も後半に突入した「Wiener Eistraumの話題」をお伝えしましょう。

以前もお伝えしましたが、競技としてのスケートは低調なオーストリアですが、レジャーとしてのスケートは、大変人気があります。

実際、週末になるとWiener Eistraumは大勢のお客さまで賑わいます。靴はレンタルもできますが、地元の皆さんは、自前のスケート靴を持参している人が多いようです。

Img_2018_02_0268

コース設定は、昨年と同じで、人気の周回コースを中心に、市庁舎前広場に大きなリンクが開設されています。昨年、お目見えした巨大なスノーグローブですが、今年も登場しています。また、カーリングレーンも別に設けられています。

最近は、混雑緩和のため、チケットの自動券売機も設置されていますが、なぜか有人カウンターを利用するお客さまが大多数。理由は、よくわかりませんが、日本とは逆のような感じがします。

Img_2018_02_0715

ところで、Wiener Eistraumは、アマチュア用のお手軽レーンですが、定期的に整氷作業を行っており、リンクを良い状態に保っています。

当然、整氷には専用の車両が活躍。この間は、スケーターの利用を中断して作業を行います。まぁ、当たり前なのかもしれませんが、こういうところはしっかりしています。

昨年あたりから、様々な注意書きが増えましたが、これは今年も健在。とくに勾配の関係でスピードが出やすいこともあり、この点はしっかりと注意しています。

Img_2018_02_0269

それから、写真のような「ゆるキャラ」も登場。お客さまの人気を集めていました。名前は何と言うのは存じませんが‥

ところで、以前からコース上にあるデッキには、手すりに腰掛けないように注意するピクトグラムがありましたが、今年は表示が大きくなりました。

Img_2018_02_0270

Wiener Eistraumは、週末など、非常に混雑するため、接触事故も懸念されます。それだけにスピードの出し過ぎは、接触事故の際、リスクがたかまりますので、色々な形で注意を喚起しているのでしょう。

また、利用者に注意を喚起するピクトグラムが、ゲート前に設置されています。

禁止事項は、通常レーンでは、車いす禁止、禁煙、飲食禁止、肩車禁止、犬禁止、アイスホッケー禁止、靴でのレーン立ち入り禁止となっています。

肩車禁止は、今年になってから出てきたような気がします。

Img_2018_02_0261

だいたい禁止事項が出る背景には、前シーズンに、こういった行為をしたお客さまがいたケースが多いようです。だんだん、非常識な行為をするお客さまが増えているのかも知れません。

特にWiener Eistraumは、地元のお客さまに加えて、観光客の方も多いもで、想定外の行為をする方が多いのかもしれません。

Img_2018_02_0712

いずれにしても、ご利用の皆さんが、安全に楽しい一時を過ごすことが一番です。しかし、Wiener Eistraumは、日中よりも、夜の方が、照明の関係で雰囲気が良いですね。

今シーズンの営業は、3月4日までなので、あと1週間ほどです。

関係者の皆さんは、暖冬になるとコースの維持がきになると思いますが、今シーズンは、何とかなりそうな感じです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in ピクトグラム |

« 許せない街中の落書き | Main | 自転車のケータリングが増えました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 許せない街中の落書き | Main | 自転車のケータリングが増えました »