« ルフトハンザの新サービス | Main | 大胆な大規模改修工事 »

March 15, 2018

19区の高級アパート その後‥

Img_218_02_0368

今日は、このブログで建設途中の模様を定期的にお伝えしていた19区の高級アパート「Pfarrwiesengasse 23」の「その後」をお届けしましょう。

このアパートは、古くなり移転した老人ホーム跡地に大手デベロッパーBUWOGが建設を進めていたもので、同じ敷地内に集合住宅(Apartment)とTown Hauseが設けられています。 2017年9月にApartment(78戸)とTown Hause(7戸)の両方が竣工し、入居が始まりました。

実際、どの程度、埋まっているのかは、関係者ではないので、わかりませんが、夜に通りかかると明かりが灯っている部屋も数多く見えるとことから、一定数はうまっているようです。

Img_218_02_0367

ところで、このアパートには入居者が利用できる共用施設として、プールをはじめとするスポーツ施設などが設けられることが決まっています。

しかし、2017年9月に入居が始まった時点では、それらしい施設が見あたりませんでした。Feriは、計画が頓挫したのかと思っていたのですが、地下駐車場付近で再び大規模な工事が始まりました。

どうやら、本体工事を優先させて、付帯設備の工事は後から行うことになったようです。Feriは関係者ではありませんから、その理由はわかりませんが、全体的な工事が遅れていたことが要因かもしれません。

Img_218_02_0191

また、入居者にとって不可欠な地下駐車場の工事を優先させ、その後、工事を継続する方式をとったのかもしれません。

そのため、こちらの建設現場ではおなじみの大型タワークレーンも再び設置されていました。この他、コンテナハウス方式の現場事務所も健在でした。

この感じだと付帯工事の完成まで、しばらく時間がかかりそうな気がします。中には付帯工事が完了してから、入居を考えている方もいらっしゃるのかもしれません。

何しろ富裕層向けの高級アパートですから‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題 |

« ルフトハンザの新サービス | Main | 大胆な大規模改修工事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ルフトハンザの新サービス | Main | 大胆な大規模改修工事 »