« どうなる「飲食店の全面禁煙」 | Main | どうなるのでしょうか? »

March 30, 2018

オーストリア航空の2018夏スケジュール

Img_2015_09_3735

今日は「オーストリア航空の話題」をお伝えしましょう。

3月27日、同社は2018年の夏スケジュールで行われる拡大路線の概要を発表しました。

再開される日本線ですが、5月15日のウィーン発が初便となります(成田発は5月16日)。運航日は、すでに発表されているようにウィーン発が月曜、火曜、水曜、金曜、日曜で、成田発が月曜、火曜、水曜、木曜、土曜という週5便体制です。

機材は、以前と同じB777-200ER型ですが、今回からプレミアムエコノミーのサービスが始まります。座席配置ですが、Business38席、Premiumeconomy24席、Economy244席が標準となります。

Premiumeconomy設置前は、Business48席、Economy260席だったので、両社のゾーンを若干、削ってPremiumeconomyを設置したことがわかります。

日本線のダイヤですが、以下のようになっています。便名も、そのまま復活です。

20180329ss00001

-OS51便:ウィーン発13時40分、成田着7時30分

-OS52便:成田発10時55分、ウィーン着15時55分

日本線の復活で一番喜んでいるのは、日本のご家族を呼び寄せることがある、こちらにお住まいの日本人だと思います。ご家族がご高齢の場合、乗り継ぎがネックになりますので‥

直行便でしたら、途中でトラブルになるリスクはゼロですからね。Feriの友人も安心していると思います。

さて、日本線以外の長距離路線では、北米路線の運航充実が図られます。

具体的には、ロサンゼルス線が週6便、マイアミ線が週4便、トロント線が週6便、ワシントン、シカゴ線をデイリーで運航するほか、ニューアーク、JFK線で引き続き週13便、運航します。

中国線については、特に変化はないようです。

しかし、日本線および中国線、北米線の機材は、B777-200ER(5機)とB767-300ER(6機)で回しています。

Img_218_02_0113

正直、非常にタイトな運用なので、万が一、故障などが発生した場合、代替え機の手配が難しいと思います。

運行機材は「航空会社の看板」です。ヨーロッパの航空会社で、日本に乗り入れている会社は、A350やB787などに機種変更しつつあります。

できれば、オーストリア航空もB777-200ER、B767-300ERとも新鋭機材に置き換えてもらいたいところですが、経営状況を考えると厳しそうですね。

さて、今回の夏スケジュールですが、ヨーロッパ内では、ドイツ、ギリシャ、イタリア路線の強化が図られます。

Img_218_02_0835

具体的には、ベルリン・テーゲル線が最大週55便、デュッセルドルフ線が最大週38便、シュツットガルト線が最大週31便などに増便されることが発表されました。ちなみに、ウィーン発着のドイツ路線は最大週248便となります。

次に、ギリシャですが、ハニア、ケルキラ島、カルパトス、コス島、アテネ線が増便されます。

一方、イタリアについては、ヴェネツィア、カターニア、オルビア、カリアリ線が増便され、11都市に最大、週112便を運航されることになりました。

Img_2017_09_0562

中欧、東欧に関しては、夏スケジュールでは33都市に就航します。ウクライナでは、リヴィウ、オデッサ線が増便されます。

この結果、キエフ、ドニプロペトロウシク線と合わせて、週最大42便の運航となります。

また、ロシアでは、モスクワ、サンクトペテルブルグ、クラスノダール線へ最大週28便、ルーマニアではブカレスト、ヤシ、シビウの3都市へ、最大週47便を運航されることになりました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 飛行機のお話 |

« どうなる「飲食店の全面禁煙」 | Main | どうなるのでしょうか? »

Comments

Feriさん ご無沙汰しております

日本線、復活しますね。
なので、6月にウィーンに行くことにしました。
LHのサイトから予約しましたが、エコノミーも前1/3くらいの座席は値段が高く、それ以降の座席も指定すると3270円を払うようになってました。
でも、まだまだがら空きでした。どのくらい埋まるのでしょうか、心配です。

機体の問題は、パイロットがその機種しか操縦できないという問題と表裏だと思います。

ウィーンの治安も、あまり良いとはいえなくなってきているようですね。Feriさんのこのブログがとても参考になします。注意して暮らすようにします。では、また。

Posted by: pouilly | March 31, 2018 14:15

pouillyさま、コメント、ありがとうございます。

ご存じのようにAUAの日本線は、某旅行会社が主に使っていたようです。日本線撤退で、当然、その旅行会社は別の会社に切り替えている訳で、日本線が復活したからと言って、すぐに戻るかどうか‥

その間、ポーランド航空が日本への乗り入れを果たし、ポーランドからオーストリアへ向かうルートも確立されたような気がします。

PYはなかなか良さそうですが、結構、よいお値段ですね。

6月は良い季節なので、楽しいご滞在になると思います。

Posted by: Feri | March 31, 2018 16:52

Feriさん、OS便の情報ありがとうございます!
昨年ウイーン~クロアチアを旅したのですが、Fin Air経由のウィーン入りでした。今年再度クロアチアのトレッキングに出かけますが、5月末出発なので、OS52便で気分的に楽に出かけられそうです。あのシンボルの赤い制服は健在なのでしょうか?自分は仙台なので東北楽天の赤色と少し色合いは違うのですが、親近感を持っていました。
楽しい旅になりそうです。

Posted by: ウィーンの散歩道メンバー | April 21, 2018 21:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どうなる「飲食店の全面禁煙」 | Main | どうなるのでしょうか? »