« 謎のピクトグラムシリーズ ベビーカー禁止? | Main | REGIO JETは、こんな感じ »

March 18, 2018

変わったお店シリーズ136 SPARの新業態“SPAR enjoy”

Img_218_02_0293

今日は変わったお店シリーズの一つとして「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

ご存じのように、こちらでは日本のコンビニエンスストアと同じ業態はありません。事業形態が比較的似ているのは、ガススタンドに併設されているショップでしょうか。

しかし、それでも、日本のコンビニエンスストアに比べると、圧倒的に品揃えが少ないですね。それでも加工食品やドリンク類が手に入るので、一般のスーパーマーケットが休みの日曜日などには助かります。

一方で、こちれでも生活パターンが多様化してきており、従来の営業形態が、必ずしも利用者のニーズにマッチしているとは言えなくなってきました。

Img_218_02_0295

そのため旧市街にあるスーパーマーケットでは、テイクアウトして、すぐに食べることがでいる商品が増えています。

さらにイートインコーナーを開設しているところも増えてきているように感じます。ただ、基本的な品揃えは、従来のスーパーマーケットに近いと思います。

そんな中、旧市街(Vollzeile39)に今までからあったSPARの小型店が、最近、改装されちょっと変わった店舗になりました。

大げさに言えば「新業態」といった感じです。そのため、店名も「SPAR enjoy」となっています。キャッチフレーズは“Ready to Eat!”。正にすぐに食べることができる商品を取り揃えていることがわかります。

Img_218_02_0294

具体的にはサンドイッチやサラダが中心ですが、SUSHIも並んでいました。また、日本のコンビニエンスストアほどではありませんが、チキンなど温かいスナック(Hot to Go)も販売されています。

当然、ドリンク類も充実しており、紙コップに入ったCoffee(Coffee to Go)も販売しています。

まず、取り扱っている商品が、オフィスなどで昼食をとるときに便利な「中食」(調理済み食品)中心であるという点です。

営業時間は、月曜から金曜日までが7時15分から19時30分まで、土曜日は7時15分から18時00分までとなっています。

Sparangebote8

住宅立地のスーパーマーケットが7時40分位から営業するに対し、30分ほど早い理由ですが、こちらでは出勤してから職場で朝食をとる方もいらっしゃるためのようです。

また、出勤途中で、昼食を買い求めるビジネスパーソンも対象にしているのでしょう。

狭いお店ですが、万引き防止のため、通常のスーパーマーケットと同じく、入口と出口が明確に分けられており、店内に入ってしまえば、レジ前を通らない限り、店舗から出ることはできません。

Feriが前を通りかかったのは15時前でしたが、結構、お客さまが出入りしていましたので、需要にマッチしている業態のようです。

なお、「SPAR enjoy」は店舗ブランドだけではなく、SPARが提供する「調理済み食品シリーズ」の名称にもなっているようです。

さて、「SPAR enjoy」がビジネス街で普及するのかどうか、ちょっと注目したいところです。

最後に「SPAR enjoy」のテレビスポットをご紹介しましょう。店舗ではなく、商品ブランドのコマーシャルですが、場所がWienでないのは、ご愛敬。やはりWienでは絵にならないのでしょうかね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

変わったお店, in スーパーマーケット |

« 謎のピクトグラムシリーズ ベビーカー禁止? | Main | REGIO JETは、こんな感じ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ ベビーカー禁止? | Main | REGIO JETは、こんな感じ »