« ウィーン地下鉄開業40周年「ウィーン地下鉄トリヴィア40」 | Main | CityBikeWienが15周年を迎えました »

March 03, 2018

国民性の違いなのでしょうか?

Img_2018_02_0240

3月に入って、日本では気温が上がっていると思います。気温が上がると、必ず問題になるのが「スギ花粉」。

一節によると、花粉症は前年は発症していなくても、一定の許容量を超えると突然、発症する場合があるとか‥ という訳で、これからは花粉症でマスク‥という皆さまも多いと思います。

冬季オリンピックも終わり、パラリンピックまで、時間が空くため「祭りの後」のような雰囲気になっているかと思います。何でも分析が好きな日本人は、マスメディアでも、メダルが取れた要因、期待されながらメダルが取れなかった要因の分析をしていますね。

その中で、興味深い分析を目にしました。今回、メダルを獲得した種目に多いのは、1.外国人コーチの採用、2.ナショナルチームを創立しての長期的・継続的なトレーニング、というものです。

確かに羽生選手、女子スピードスケート、女子カーリングなどは、いずれも優秀な外国人コーチの指導があったことが、結果に大きく寄与しているのは事実でしょう。

ただ、日本のコーチが海外に招へいされて、素晴らしい実績を残している例もありますから、コーチの国籍は関係ないと思います。

Img_2018_02_0240_2

さらに、コーチの指導を成果に結びつけるためには、個々の選手にも高い実践力が問われますから、コーチだけの力とは言えないと思います。

Feriが注目したのは、従来の所属組織別に選手がトレーニングをするのではなく、ナショナルチームを組んで長期間、同じメンバーでトレーニングをするという点です。

たしかに長期間、共同生活を送れば、団体競技の場合、チームメイトの特性もつかめます。また、個人競技でも、良い意味でライバルが身近にいるので、刺激にもなりますね。

実際、同じスケート種目でもショートトラックは、ナショナルチーム制をとらなかったため、今回は惨敗したという分析も目にしました。

この話を耳にして、ふと、思い出したことがあります。それは、以前、ウィーン国立歌劇場の専属歌手を10年間、務めていた甲斐 栄次郎さんから聴いた話です。

ご存じのようにウィーン国立歌劇場では、演目数は少なくなったとは言え、現在もレパートリー方式で、多数の演目を上演しています。さらに主役級には、外部から著名な歌手をゲストとして招へいするケースも増えています。

Img_2018_02_0228

そこで、Feriが甲斐さんにお目にかかった際、“ゲストが入る公演では、アンサンブル(専属歌手)を交えた稽古を沢山やるのですか?”とうかがったところ、“新演出以外では、ゲネプロは行いません。各自が個別に稽古をして、いきなり本番というケースが一般的ですね”という意外なお答え。

Feriが、“それで、大丈夫なのですか?”とうかがったところ、“ドミンゴやグルベローヴァといった「超一流の歌手」ほど、自分のパートは完璧にこなすので、ゲネプロを行わなくても、共演者は全く問題はありません。逆にスムーズに舞台が運びます”という話でした。

ただ、“歌い出しのタイミングなどは、歌手によって異なるので、本番では、その点をプロンプターさんがカバーしてくれます”という話でした。

この話には続きがあって、“逆に日本では、本番の上演回数が少ないこともあり、全員参加の稽古を入念に行って仕上げていく傾向が強いですね”というものです。

私はオペラ制作の現場を熟知している訳ではありませんが、現役のオペラ歌手である甲斐 栄次郎さんからの話なので、興味深く聴くことができました。

オペラとスポーツはジャンルが異なりますが、高い技術を持つ個々人が、いきなり集まっても素晴らしいチームプレーができるという点では、ヨーロッパと日本では、大きく異なるような気がします。

考えてみると、ヨーロッパでは各国のサッカーチームに日本選手が多数、活躍するようになりましたが、日本のナショナルチームに招へいされると、今ひとつチームとしての総合力が出ないケースがあります。これも、上記の話とも相通じるような気がします。

Feriは、社会心理学者ではないので、その奥はわかりませんが、もしかしたら国民性が影響しているのかも知れません。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

日記・コラム・つぶやき |

« ウィーン地下鉄開業40周年「ウィーン地下鉄トリヴィア40」 | Main | CityBikeWienが15周年を迎えました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン地下鉄開業40周年「ウィーン地下鉄トリヴィア40」 | Main | CityBikeWienが15周年を迎えました »