« 20周年を迎えたArgus Bike Festival | Main | 携帯電話基地局のアンテナも色々 »

April 16, 2018

お肉料理が安い?

Img_218_02_0604

今日は「外食の話題」をお届けしましょう。

最近では、ウィーンにいる時、めっきり外食が少なくなってしまったFeriですが、それでも街を歩いていると、色々なお店が気になります。

基本的にお値段の高いお店とは無縁のFeriなので、気になるのは「安さをウリ」にしているお店です。

「なんちゃって日本料理系」のお店でも、最近はディスカウントで勝負に出ているところが出てきました。それだけ競争が激しいと言うことなのでしょうかね。

こちらの方は、基本的に大食漢が多いので、お店を選ぶ場合、量も重要な要素だと思います。

Img_218_02_0606

ところで、日本では、炭水化物を摂る人が多いと言われていますが、こちらでは、やはりメインはお肉でしょうかね。

先日、市内を歩いているとき、写真のような看板を見かけました。「1kg Grill 12Euro」というストレートなアピール。

こちらではGrillはバーベキュー料理のことなので、お肉やブルストを焼いたものを盛り付けいるようです。

この量で12Euroはコストパフォーマンスが高そうですが、最近、通常のオーストリア料理でも完食が難しくなっているFeriには、手に負えそうもありません。美味しそうですが、チャレンジできないのが残念‥

Img_218_02_0605

そして、もう一つの目玉メニューが「100Stk.Cevapcici」。

チェヴァプチチは、ケバブと同じ焼いた肉料理で、バルカン半島などの伝統的な料理の一つ。オーストリアでもポピュラーな肉料理で、軽食的な位置づけです。また、バーベキューでも定番の一つ。

さて、料理自体は珍しくないのですが、100Stkがくせ者。つまり100個で39Euroという訳です。

さすがに1人で食べるのは無理でしょうから、グループで楽しむのでしょうね。ただ、味が単調な料理なので、正直、途中で飽きてくるような気がします。

お店は「HOLZKOHLEN GRILL」と書かれていたので、バーベキュー料理の専門店といったところでしょうか。

こういった色々な料理が楽しめるのもウィーンの魅力でしょうか。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, in 街角の話題 |

« 20周年を迎えたArgus Bike Festival | Main | 携帯電話基地局のアンテナも色々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 20周年を迎えたArgus Bike Festival | Main | 携帯電話基地局のアンテナも色々 »