« 200年ぶりの平均気温更新 市営プールも営業開始 | Main | 未成年が乗車する自動車内で喫煙すると罰則です »

May 03, 2018

セセッションのドームが‥

20180501ss00002

今日は「盗難事件の話題」です。

ウィーンの観光スポットにもなっている分離派協会(セセッション、Secession)の建物。正面上部に月桂樹のドームを頂く印象的な建物です。

さて、4月25日、ウィーン警察から「4月23日、セセッシオンのドーム、通称“金のキャベツ”を構成する金箔かぶせた月桂樹の葉のうち6から8枚が、何者かに盗まれた」という発表がありました。

「金のキャベツ」を構成する「金の葉」は、鋼鉄に金箔をかぶせたもので、1枚は長さ約60センチ。今回価値は約1000Euro(約13万3000円)だそうです。

Img_2010_04_3243

1898年に建設されたアールヌーボー様式のこの建物は、現在、修復工事中で、警察の発表によると、犯人は23日夜、工事用足場を利用して屋根によじ登り、金の葉を盗んだもようです。

実は、ドームは改修工事にのために一旦取り外されていたようですが、修復が完了し、4月中旬、再度、取り付けられました。

再取付のニュースはマスコミでも報道されており、それを見て、犯行を思いついたようです。改修直後を狙うとは、言語道断です。

Img_2010_04_3252

しかし、鋼鉄製の部材は溶接されていると思われるので、それを盗み出すには、それなりの機材が必要な気がします。

ということは、通りすがりの犯行というより、計画的な犯行ではないでしょうか。恐らく複数犯でしょう。

皆さまご存じのようにセセッシオン館は、建築家ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒが手掛けた作品で、ウィーンの芸術家協会「クンストラーハウス」を離れ、新たな団体「セセッシオン(ウィーン分離派)」を結成したグスタフ・クリムトらの作品を収蔵、展示するために建てられたものです。

8bfb3fab19624f95963fee157465da26

昨年、10月、調査の結果、ドームを校正する2500枚の月桂樹(金の葉)と、311個「ベリー」が腐食していることが判明し、修復工事が行われることになったものです。なお、盗難による工事の遅れはないとセセッシオン側から発表されています。

今回はファザードの改修工事以外にも、会館内のバリアフリー化なども行われており、セセッシオンが80万Euro、ウィーン市と政府が100万Euroを負担しています。

また、民間から資金を調達するため、“Gild the dome!”というキャンペーンを展開中です。

これは、「黄金の葉」の修復のため、100Euroを寄付すると、寄付したサポーターの名前が電子パネルに掲載されるというものです。

いずれにしても歴史的建造物に対する冒涜であることは間違いなく、出来心によるイタズラでは済まされない話です。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, 街角の話題 |

« 200年ぶりの平均気温更新 市営プールも営業開始 | Main | 未成年が乗車する自動車内で喫煙すると罰則です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 200年ぶりの平均気温更新 市営プールも営業開始 | Main | 未成年が乗車する自動車内で喫煙すると罰則です »