« 伝統ある職業 煙突掃除職人さん | Main | Bühne Baden2018/2019プログラム »

May 06, 2018

番外編 Staatsoperette Dresden 2018/19プログラム

20180505ss00004

最近、オペレッタでは、今ひとつ魅力的な作品がかからないオーストリアに対して、勢いが良いのがドイツ。
郊外から念願の旧市街の新劇場へ引っ越したシュタットオペレッタ・ドレスデンの2018/19シーズンプログラムが発表になりました。

オペレッタ・プレミア
DIE SCHÖNE GALATHÉE(美しきガラテア、2018年10月27日Premiere)
スッペ作曲のオペレッタで、ウィーン・オペレッタの黄金時代幕開けとなった作品です。「伝説の時代」のキプロスを舞台とした作品です。

オッフェンバックの「美しきエレーヌ」にあやかった作品とも言われています。来シーズン、オペレッタのプレミアは、本作品だけとなりました。

レパートリー・オペレッタ
基本的に前シーズンにPremiereを行った演目がレパートリーとして残ります。なお、定番オペレッタの「Die Fledermaus」(こうもり)が、来シーズンは外れることになりました。また、「ORPHEUS IN DER UNTERWELT」も外れています。

IM WEISSEN RÖSSL(白馬亭にて)
オーストリアを若干、馬鹿にしたような演出ですが、楽しい作品に仕上がっています。
9月から11月にかけて10公演、上演されます。

20180505ss00003

DIE CSÁRDÁSFÜRSTIN(チャールダーシュの女王)
これからPremiere(6月30日)が行われるため、新演出の仕上がりはコメントできず。来シーズンは9月から2019年4月にかけて11公演、上演されます。

CANDIDE(キャンディード)
「キャンディード」はLeonard Bernsteinの作品ですが、Dresdenではオペレッタという位置づけで上演されます。来シーズンは10月から2019年6月にかけて7公演、上演されます。

FRAU LUNA(ルーナ夫人)
Paul Lince作曲のベルリン・オペレッタです。2019年2月から7月にかけて13公演、上演されます。

MARÍA DE BUENOS AIRES(ブエノスアイレスのマリア)
Horacio Ferrerの作品で、音楽はアルゼンチンの作曲家でバンドネオン奏者のAstor Piazzollaのものが使われています。「Tango-Operita」と名付けられています。
この作品は、通常の劇場ではなく、座席配置が異なる特別な会場で上演されます。2019年3月と5月に都合8公演、上演されます。

DIE LUSTIGE WITWE(メリーウィドウ)
来シーズン、Volksoperからは消えてしまいましたが、Dresdenでは健在です。2019年5月から7月にかけて9公演、上演されます。


20180505ss00001

オペラ・プレミア
GIANNI SCHICCHI(ジャンニ・スキッキ)
Giacomo Puccini作曲のコミック・オペラ。単独でも歌われることがあるラウレッタのアリア「私のお父さん」が有名ですよね。なお、本演目は単独で上演されることが少ない作品ですが、今回は「DIE SCHÖNE GALATHÉE」と一緒に上演されます。

オペレッタとオペラを同時に上演するというのは、珍しいですね。

DIE ZAUBERFLÖTE(魔笛、2018年11月7日Premiere)
ご存じモーツァルトの作品。11月から2019年3月にかけて12公演、上演されます。

オペラ・レパートリー
以下の3作品が継続上演されます。以前は、オペラは1演目程度だったのですが、増える傾向にあります。
-DIE DREIGROSCHENOPER(三文オペラ)
-HÄNSEL UND GRETEL(ヘンゼルとグレーテル)
-DIE HOCHZEIT DES FIGARO(フィガロの結婚)

ミュージカル・プレミア
最近は、同劇場もミュージカルに力を入れているようで、来シーズンは3作品のPremiereが行われます。

MY FAIR LADY(マイフェアレディ、2019年1月26日Premiere)
クラシックミュージカルの傑作「MY FAIR LADY」が新演出で上演されることになりました。
2019年1月から7月にかけて16公演、上演されます。やはり定番ミュージカルだけあって、上演回数も多いですね。

DER MANN MIT DEM LACHEN(2019年4月27日Premiere)
Frank Nimsgern作曲の作品です。2019年4月から6月にかけて9公演、上演されます。

EIN HAUCH VON VENUS(2019年6月22日Premiere)
Kurt Weillの作品で、1943年に初演されました。Kurt Weillはユダヤ系のドイツ人であったため、ナチスから迫害を受けて、アメリカに移った経緯があります。
本作品も、アメリカ移住後にヨーロッパスタイルを捨てて、創り上げたもので、ニューヨークを舞台とした作品です。シーズン後半にPremiereが行われるパターンで、2019年6月と7月に、都合7公演、上演されます。

ミュージカル・レパートリー
来シーズンは「WONDERFUL TOWN」と「LA CAGE AUX FOLLES」の2作品が外れ、
レパートリーは、1作品となりました。
-ZZAUN! – DAS NACHBARSCHAFTSMUSICAL

ニューイヤーコンサート(2019年1月1日、3日、4日、5日、6日、12日上演)

古い旧劇場は、チケット料金が現在の水準では非常に安かったのですが、劇場が都心に移ってからも、リーズナブルな価格設定です(最も高いKAT C1で43Euro)。

興味深いのは曜日によって同じ演目でも値段が異なること。これは、集客を考慮しているのだと思います。

しばらくStaatsoperette Dresdenから足が遠のいているFeriですが、2018/19シーズンはÖBBが運行する夜行列車「NightJet」にでも乗って遠征してみたくなりました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

オペラ, オペレッタ, ミュージカル |

« 伝統ある職業 煙突掃除職人さん | Main | Bühne Baden2018/2019プログラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 伝統ある職業 煙突掃除職人さん | Main | Bühne Baden2018/2019プログラム »