« Donauinselfest開催中 | Main | 自転車の載せ方ガイド »

June 24, 2018

Galakonzert KS Edita Gruberova

Img_2018_06_6054

ついにこの日がやって来ました。ウィーン国立歌劇場でのグルベローヴァさん引退記念ガラコンサートが6月23日に行われました。

副題は「anlässlich ihres 50jährigen Bühnenjubiläums Konzert」となっているように、舞台生活50周年記念のガラコンサートですが、実質的には引退記念の公演です。

当日は、席は売り切れだったのですが、実際には満席にはなりませんでした。

指揮はMarco Armiliatoさん、共演はPaolo Rumetzさん、Jinxu Xiahouさん、Donna Ellenさん、Dan Paul Dumitrescuさん。

前半はW.A. Mozartの作品が選ばれました。

W.A. Mozart :Ouvertüre zu Die Entführung aus dem Serail
W.A. Mozart :Arie der Konstanze "Welcher Wechsel / Traurigkeit, ward mir zum Lose" aus Die Entführung aus dem Serail
W.A. Mozart: Ouvertüre zu Don Giovanni
W.A. Mozart :Arie der Donna Anna "Crudele..." aus Don Giovanni
W.A. Mozart :Ouvertüre zu Idomeneo
W.A. Mozart :Arie der Elettra "D'Oreste d'Ajace" aus Idomeneo

休憩を挟んで、後半は、グルベローヴァさんが得意とするヴェルディ、ドニゼッティなどのオペラから選ばれました。

Img_2018_06_0926

Giuseppe Verdi: Preludio 3. Akt aus La traviata
Giuseppe Verdi : Auszug aus La traviata: "Teneste la promessa"
Vincenzo Bellini :Sinfonia aus Norma
Gaetano Donizetti :"Egli è spento... Quel sangue versato" aus Roberto Devereux

グルベローヴァさんの公演は、熱心ファンが多いため、今回も拍手のフライングはありませんでした。しかし、最後の演目、「Roberto Devereux」の時は、さすがに我慢できなかったのか。、フライングがありましたね。

Img_2018_06_0930

さて、仕上がりですが、正直なところ、前半はコロラツゥーラに関しては、年齢の関係で以前よりも、かなりレベルが下がっていました。

ある意味、ご本人が引退を決意した要因かも知れません。もちろん確かめた訳ではありませんが‥

幕間にお目にかかった友人も同じ感想で、2015年に行われた「45 Jahre Edita Gruberova an der Wiener Staatsoper」の時よりも、かなり衰えている感じがしました。

ある意味、2015年の段階で引退を決定していれば、最高の状態で引退を迎えることができたかもしれません。

ただ、後半の「La traviata」と「Roberto Devereux」に関しては、持ち前の高い表現力と演技力でお客さまを魅了しました。

Img_2018_06_0947

ガラ・コンサートですが、もちろん暗譜で、役になりきって演技をしているところはさすがです。

そういう意味では、「このタイミング」が、ファンを魅了するぎりぎりのタイミングだったかもしれません。もちろん、熱心なファンが多数来場したので、今までの活躍に対して、感謝の念を込めた拍手や声援が送られたのは、言うまでもありません。

アンコールは2曲ありましたが、フィナーレは「こうもり」からアデーレのアリア。

日本のコンサートでも、よくアンコールで歌う曲ですが、ウィーン国立歌劇場で聴くと、印象が大きくことなります。オペレッタを愛するFeriへの最高の贈り物になりました。

アンコールが終わった段階で、舞台に近い最上階のLogenから花吹雪が‥写真は、花吹雪で撒かれた現物です。

Img_2018_06_0939

終演後はDominique Mayerさんの祝辞と記念品のプレゼントがありました。また、ご本人からのご挨拶も。

なお、当日はGustv Mahler—Sallがグルベローヴァさんの活躍を紹介する展示会になっていました。また、プログラムも、通常とは異なり、50年に渡るご活躍を紹介する写真集になっており、ファンにとっては良い記念品になったと思います。

例によって「怒濤のカーテンコール」でしたが、最後の時は、ご本人も何となく肩の荷が下りたような表情をしていたのが印象的でした。

当然、「怒濤のカーテンコール」が沸き起こったのは言うまでもありません。Feriも久しぶりに騒いでしまいました。

Img_2018_06_6043

また、楽団員の中にグルベローヴァさんのデビュー当時から演奏している奏者がひとり在籍しており、最後に紹介されていました。これも印象的でしたね。

この他、ガラコンサートでは珍しくカラヤン広場で「Oper live am Platz」が行われました。

プログラムには、ウィーン国立歌劇場での出演記録も掲載されていますが、最も多かったのは「ナクソス島のアリアドネ」のツェルビネッタで、何と100回。

Img_2018_06_0905

次は「ランメルモールのルチア」のルチアが88回。第3位は「魔笛」の夜の女王が69回となっていました。

今秋には日本公演もあるようですが、Feriにとってはウィーンでの出会いをフィナーレにしたいと思っています。ちなみに国内公演も含めて、Feriがグルベローヴァさんの公演を鑑賞したのは、今回が50回目でした。感慨深いものがあります。

いつもならば出待ちをしてサインを頂くのですが、今回は、余韻を楽しむため、出待ちはせず、馴染みのホイリゲへ向かい、1人で杯を傾けることにしました。

ワインを傾けながら、Feriにとって、オペラ観賞が一つの区切りを迎えたことを実感しました。

今晩は、色々な意味で思い出深い一夜になりました。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

オペラ, in ウィーン国立歌劇場 |

« Donauinselfest開催中 | Main | 自転車の載せ方ガイド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Donauinselfest開催中 | Main | 自転車の載せ方ガイド »