« オーストリア航空60周年記念塗装機搭乗記 | Main | 今年も「Spargelの季節」がやって来ました »

June 14, 2018

OTTO WAGNERの駅にご案内板が掲出されました

Img_2018_06_0156

今日は「OTTO WAGNERの話題」をお届けしましょう。

今年は、OTTO WAGNER(オットー・ワグナー)の没後100周年に当たることから、現在、KarlsplatzにあるWien Museumで大規模な特別展「OTTO WAGNER展」が開催されています(詳しくは2018年3月13日の記事をご覧ください)。

その関連かも知れませんが、OTTO WAGNERがデザインした駅に、Wien Museumによる案内板(VERKEHRS DENKMALと書かれていますので、記念碑ですね)が取り付けられました。

今回お目にかける写真は、Feriがよく利用するU6の「Währingerstraße-Volksoper駅」で見かけたものです。

案内板は、上下のプラットホームに設置されており、アクリル製の立派なものです。向かって左側がドイツ語、右側が英語で、OTTO WAGNERの略歴、駅建設の経緯などの解説が綴られています。

Img_2018_06_0157

そして、案内板には、下に当時の写真がプリントされています。いずれもStadtbahn時代のものです(英語だとMetropolitan Railwayと言うのですね。何か雰囲気が出ませんが‥)。

向かって左側は1885年当時の駅外観。ちょうど、Währinger Straßeにかかる高架部分を撮影したものです。この写真を見ると、路面電車は古めかしいですが、構造体は、現在とほとんど変わりません。

100年以上が経過しているにもかかわらず、当時のまま、使えるところは基本設計が優秀だったことを表しているような気もします。最も日本と異なり、地震がないことも影響しているかもしれませんが。

Img_2018_06_0365

左側の写真は、プラットホームのもので、撮影は1930年代と記述されています。乗客の姿が時代を象徴していますが、プラットホームの構造やデザインは、基本的に現在と同じなのには、驚かされます。

この案内板ですが、Wiener LinienがWien Museumの協力を得て設置したようです。Währinger Straße駅は復元工事も完了しましたから、それに合わせて設置したのかも知れません。

恐らく、復元工事が完了した他の駅にも取り付けられていると思いますが、Feriは、まだ確認していません。

この手の案内板には、時々、誤りが書かれているケースがあるのですが、Wien Museumが監修しているので、この点は問題ないでしょう。

なお、案内板の副題には「Historisches Stationsgebäude、erbart 1898 von Otto Wagner」と書かれています。「歴史的な駅」と定義づけているところが、素晴らしいですね。

しかし、せっかく、きれいに修復した駅にいたずら書きが絶えないのは、本当に腹が立ちます。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

文化・芸術, 街角の話題, 鉄道のお話 |

« オーストリア航空60周年記念塗装機搭乗記 | Main | 今年も「Spargelの季節」がやって来ました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空60周年記念塗装機搭乗記 | Main | 今年も「Spargelの季節」がやって来ました »