« Canon Testtag 2018 in Wien | Main | OTTO WAGNERの駅にご案内板が掲出されました »

June 13, 2018

オーストリア航空60周年記念塗装機搭乗記

Img_2018_05_0013

今日は、とりあえず路線復活した「オーストリア航空日本線の話題」をお届けしましょう。

先日、急きょ、オーストリア航空52便に乗ることになりました。直前でもエコノミークラスでも安いカテゴリーSのチケットが確保できたのは幸いでした。

日本からオーストリアへ戻るOS52便については、出発当日の朝、「Flightradar24」を見ると、OS51便で「どのシップが日本へ向かっているか」がわかります。便利な世の中になったものです。

早朝、Webサイトでチェックすると「OE-LPF」。何と60周年記念塗装機が51便に投入されているではありませんか。

Img_2018_05_0015

Feriがウィーンに戻るのに合わせて、オーストリア航空が配慮してくれる訳はなく、単なる偶然です。

成田国際空港ほ使用ゲートは37番でしたので、チェックイン後、セキュリティチェックとイミグレーションを通過後、ターミナル2のANAラウンジへ向かう途中、機材をチェック。あの独特の塗装のBoeing 777-2Q8/ERが駐機していました。

12時55分から優先搭乗が始まりました。Feriはエコノミークラスですが、スターアライアンス・Goldなので、優先搭乗の対象になっています。

Img_2018_05_0021

以前はGold会員の場合、本来、追加料金が必要なエコノミークラスの非常口席が空いている場合、追加料金なしで割り当ててくれたのですが、最近は「収益性優先」で、このサービスはなくなってしまいました。

という訳で通路側のG席を選択しました。

先日、このブログでもお伝えしたように、事前に座席指定を行うと別途「座席指定料金」がかかりますが、Web Check-in開始後は、指定料金は不要。

速攻で、通路側を押さえました。Feriは、通路側を選択する際、横9列配置の場合CやHを選びません。これは、万が一、満席になった場合、お隣2人のお客さまの出入りを邪魔する形になるからです。

Img_2018_05_0023

なお、搭乗時に確認したところ、同機の愛称は「Sibanye」となっていました。

Feriが気になっていたのは、“60周年記念塗装機の機内は通常機材とは異なるのか?”という点ですが、残念ながら「完全に一般機材と同じ仕様」でした。という訳で、乗ってしまえば、全く同じです。

さすがにPYを増設したこともあり、エコノミークラスのシートピッチは従来と一緒のようです。

ただ、Feriは、以前よりも「ダウンサイジング」したので、狭いシートでも余り苦にならなくなりました(負け惜しみですが‥)。

Img_2018_05_0022

座った感じでは、PYの設置に合わせてエコノミークラスのシートも変更したような感じです。もっとも、搭乗機は最近、デリバリーされた機体だったからかもしれませんが‥

全席の背もたれに埋め込まれているモニターディスプレイが若干、大きくなったような気がします。最も正式に採寸した訳ではないので、明言ができませんが‥

日系航空会社の場合、エコノミークラスでもAC電源が付くようになりましたが、オーストリア航空はUSB電源だけ(ディスプレイモニターの横にあります)。そのため、持参のパソコンはバッテリーで使い使いました。

Img_2018_05_0026

OS52便は12時26分にランプアウトし、ランウェイ16Rから離陸しました。

映画のプログラムも以前よりは充実しているような気がしますが、Feri好みの作品はなし。オペレッタ作品を放映してくれたらご機嫌だったのですが‥

最初の機内サービスでは、定番のOttalringerをお願いしました。銘柄で指名したので、乗務員さんが笑っていましたが‥ 

Img_2018_05_0031

その後、食事の際はWeißweinをお願いしましたが、男性パーサーが“ GRÜNER VELTLINER”といってサーブしてくれたのには、大笑い。

良くも悪くも、乗った途端にウィーンに戻った気分になります。日本では仕事が忙しかったこともあり、その後、パソコンを取り出して、資料の整理を行ってから、お休みタイム。

Img_2018_05_0027

お休みタイムに入る前、オーディオをチェックしたら、Eschwéさんの指揮によるヨハン・シュトラウスの作品が配信されていたのを発見。これはご機嫌です。

さて、エコノミークラスの機内食ですが、やはり日系航空会社に比べると、大幅に見劣りしますね。

特に食器やカトラーが簡易なプラスチック製(恐らく使い捨て)になっているため、余計に貧相に見えます。何事も「収益性の向上」が優先なのでしょう。改めて「盛り付け」の重要性を再認識しました。

Img_2018_05_0029

OS52便は順調にフライトを続け、17時49分、ランウェイ11に離陸。17時55分にF23ゲートにランプイン。フライトライムは11時間28分でした。

降機の際に確認したところでは、やはり大手旅行会社のパッケージツアーが二組ほど利用していたようです。

Img_2018_05_0035

たまたまツアーのお客さまがバゲイジクレイムで話をしているのを小耳に挟んだのですが、Cクラス利用のようでした。

ただ、日系航空会社のCクラスが、完全独立仕様になっているのに対し、OSの場合、フルフラットながら、二人掛け仕様になっているのがお気に召さなかったようです。

富裕層の皆さまは、富裕層なりのご不満があるようですね。

さて、現時点ではサマースケジュールの運行計画しか発表されていませんが、需要が落ち込むウィンタースケジュールも運行が継続されるかどうかが、一つの焦点になるでしょう。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域, 飛行機のお話 |

« Canon Testtag 2018 in Wien | Main | OTTO WAGNERの駅にご案内板が掲出されました »

Comments

今年5月28日 憧れのOS52便に乗ってきました。帰りは6月6日のOS51便(日本時間は6月7日)で、今回はウィーン経由で、クロアチア方面の旅でした。昨年はウィーン2泊から思い出のシベニック(1997年内戦終結間もないところで、世界平和子供音楽祭に出演でした)~ドブロクニクと回りました。今年も二年続きでクロアチア詣で。おかげで、OSに乗ることが出来ました。Feri さんと一つ違うのはビールのリクエストを「Gösser]ビアとしたところでしょうか?もちろんOtaklingerも頂きましたけど!

Posted by: ウィーンの散歩道メンバー | June 17, 2018 at 03:25 AM

ウィーンの散歩道メンバー様

コメント、ありがとうございます。クロアチアですか。私は訪れたことがない国ですね。

Bierですが、Gösserも好きな銘柄の一つです。ところで、Gösserは日本にも輸入されているので、飲むことができます。

Posted by: Feri | June 18, 2018 at 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Canon Testtag 2018 in Wien | Main | OTTO WAGNERの駅にご案内板が掲出されました »