« 「Österreichisches Blasmusikfest 2018」開催 | Main | ウィーンで大捕物 »

June 27, 2018

果物の季節

Img_2018_06_0052

今日は「果物の話題」をお届けしましょう。

「野菜の王様」Spargelの季節は終わってしまいましたが、変わって、今、店頭を賑わしているのは果物です。

一つはイチゴです。スーパーマーケットや市の店頭でも見かけますが、この時期の風物詩は移動販売でしょうか。

Img_2018_06_0596

写真のように近郊の農家が直接販売するケースもあるようです。最近、Ottakring駅前の広場には、四阿風の売店が出来て、ここでも美味しそうなイチゴを販売しています。

また、ちょっと前まではSchottentorの地下でも臨時売店が出て、イチゴを販売していました。

そして、もう一つはサクランボ(Kirschen)。こちらもオーストリア産が出回るようになりました。写真はBILLAの広告ですが、4.99Euroとお買い得(単価は1kg、7.99Euro)。

Img_2018_06_0811

日本ではサクランボは輸入品以外は高級路線に走っているような気がしますが、こちらでは、この時期、庶民的な果物として皆さんに親しまれているようです。

季候が良くなる、この時期ならではの光景でしょうか。どちらも生で食べるほかに、お菓子の材料や加工品としても使う食材なので、需要は多そうです。

こちらでも、野菜や果物に関しては、陸続きですから輸入品も多いのですが、やはりオーストリア産の表示を見ると、何となくそちらを選びたくなるものです。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

グルメ・クッキング, in ウィーンのキッチンから |

« 「Österreichisches Blasmusikfest 2018」開催 | Main | ウィーンで大捕物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「Österreichisches Blasmusikfest 2018」開催 | Main | ウィーンで大捕物 »