« 意外な場所の「風向計と風速計」 | Main | ワールドカップも終わりましたが‥ »

July 15, 2018

ウィーンではキックスケーターは「大人の交通手段」

Img_2018_06__0813

日本では、7月16日が「海の日」で祝日なので、3連休という方も多いのではないでしょうか。

また、この連休を活用して、西日本の被災地へボランティア活動に出かける方もいらっしゃるという話を耳にしました。日本は高温に見舞われているので、熱中症には注意が必要かと思います。

さて、今日は「キックスクーターの話題」です。このブログでも、時々、自転車とともに「キックスケーターの話題」をご紹介しています。

キックスケーターはは自転車に似た感覚で乗る事ができ、ローラースケートやスケートボードよりも扱いが簡単な事から、日本でもレジャー用途やスポーツとして使われています。

日本の場合、動力なしのキックスケーターは、道路運送車両法上では、「軽車両」に分類されるそうです。ただ、キックスケーターは、力を伝達するペダルなどを備えないことから自転車には分類されていません。

Img_2018_06__0780

しかし、警察の見解では、キックスケーターは、「人を搬送する目的で設計していない」、「社会通念上、移動目的と認められない」ため、道路交通法上、軽車両ではなく遊具とされており、「交通のひんぱんな道路」での使用は制限されているようです。

いずれにしても、日本では現行の法令では、キックスケーターの取扱いは明確になっておらず、いわゆる「グレーゾーンの乗り物」となっているようです。

このように「のけ者」にされる要因の一つには、自転車専用レーンが完備されていないこともあるような気がします。

Img_2018_06__0583

Feriは、オーストリアの法律には詳しくありませんが、街中では自転車ほどではないにしろ、キックスケーターを公道で使っている人を、結構、見かけます。

基本的に若い人が多いようですが、必ずしも学生という訳ではなく、女性なども利用しており、自転車と同等のパーソナルな交通機関として市民権を得ているようです。

先日、ヘルデンプラッツにある国会議事堂の臨時施設前を通りかかった時のことです。

オフィス前の駐輪場にキックスケーターが専用の駐輪場に止めてあるではありませんか。

通常、街中では折りたたみタイプを使っている人が多いのですが、こちらは前輪が大きいタイプで、しっかりブレーキもついているようです。

Img_2018_06__0584

Feriが、注目したのは、「同じ形のキックスケーターが並んでいたこと」です。もしかしたら、国会の事務方が準備した公用車なのかもしれません。

国会の事務方が使っているくらいですから、自転車と同じく市民権を得ていることがよくわかります。

2枚目の写真は、以前にもご紹介したことがあるキックスケーター専用駐輪場です。場所は Ottakringにある某学校の前です。こちらは、比較的小型の折りたたみ式が多いようですが、これだけ並んでいると壮観です。

また、併設されている自転車用駐輪場に止まっている自転車の数とほぼ同じというのも、ある意味、驚きです。学校で、若い人が多いためかも知れませんが、パーソナルな輸送手段になっていることがわかるシーンです。

キックスケーターは、自転車のように力を伝達するペダルなどがなく、乗っている人が蹴ることで、前に進むため、長距離の移動には向かないと思います。しかし、短距離では歩くよりも便利なのでしょうね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in 乗り物 |

« 意外な場所の「風向計と風速計」 | Main | ワールドカップも終わりましたが‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 意外な場所の「風向計と風速計」 | Main | ワールドカップも終わりましたが‥ »