« ワールドカップも終わりましたが‥ | Main | 日清焼そば ウィーンに見参 »

July 17, 2018

セルフィースティック愛用者が増加中

Img_2018_06_0810

今日は「記念写真撮影の話題」をお届けしましょう。

最近は人混みが苦手になっているFeriは、あまり観光客の皆さんが集中する場所には出かけません。

ただ、所要があって、どうしても観光客の皆さんが多いエリアを通過せざるを得ない場合もありますが‥

そんな中、Feriの個人的な感想ですが、「セルフィースティックを使っている人が増えたなぁ」ということ。

日本では自撮り棒と呼ばれるセルフィースティック。小型デジタルカメラを取り付けることができる製品もあるようですが、最近、見かけるのはもっぱらスマートフォンを取り付けて撮影に興じている人。

Img_018_06_0829

こちらの方は、写真のように1人でセルフィースティックを使っているケースもありますが、カップルやグループが記念撮影をするために使うことが多いようです。

普及するようになった最大の要因は、記念撮影に、高性能のカメラを搭載してスマートフォンを使用することが一般的になったためだろうと思います。

実際、先日、旧市内で行われた「Österreichisches Blasmusikfest 2018」の会場でも、写真や動画を撮影している人の多くがスマートフォンを使っていました。

そう、最近では動画もビデオカメラではなく、スマートフォンなのですねぇ。セルフィースティックの使い方も、自撮りはもちろん、人の頭越しに撮影するために利用する人も多くなっているような気がします。

Img_2018_06_0830

セルフィースティック自体も機能が強化されているようで、以前は、本体のセルフタイマーを使う簡単な仕様が多かったようですが、現在ではリモコンを搭載しているものが増えているとか。

スマートフォンの中には、無線のBluetoothでリモコン撮影ができる製品もあるため、この機能を使うセルフィースティックも多いようです。

Img_2017_12_0288

そう言えば、先日、某所で見かけた「アヒルちゃん」には、セルフィースティック・バージョンがありました。これだけ普及しているということなのでしょう。

ただ、観光地などでもトラブルが少なくないようで、実際に使用が禁止されている美術館や博物館も多いとか‥

また、このブログでもお伝えしたこともありますが、セルフィースティックで撮影中に列車に接触するというケースもあるため、ÖBBでも注意を呼びかけています。

ところで、日本でも、最近は地方にも外国人観光客が激増しているという話を耳にしたことがありますが、やはりセルフィースティックを愛用している人が多いのでしょうかね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

街角の話題, in グッズ |

« ワールドカップも終わりましたが‥ | Main | 日清焼そば ウィーンに見参 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ワールドカップも終わりましたが‥ | Main | 日清焼そば ウィーンに見参 »