« ウィーンにも公道カートが登場 | Main | 「街頭充電ステーション」が増えてきました »

July 03, 2018

ウィーンの紫陽花

20180702_x201_00001

日本時間の3日早朝(2日深夜)に行われたワールドカップ・ロシア大会、日本対ベルギー戦ですが、凄まじい試合でしたね。

前半はベルギーに猛攻をよく耐えて、後半、日本が2点を先行した時点で、もしや‥と思いましたが、やはり最後は力尽きてしまいました。

しかし、強豪ベルギー相手に見事な試合だったと思います。

Img_2018_06__0673

関東地方では、早くも梅雨が明けて連日、猛暑が続いているようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は「ウィーンで見かけた紫陽花の話題」をお届けしましょう。

日本では、梅雨時の花」として、取り上げられるのが紫陽花ではないでしょうか。実際、紫陽花を名物にしている場所も多く、人気を集めているという話を耳にします。

紫陽花は、日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカなどで観賞用に広く栽培されており、多くの品種があるという話を聞いたことがあります。

実際、ウィーンの街中を歩いていると、時々、紫陽花を見ることがあります。ただ、日本でよく見かける青色のものは、見たことがありませんでした。もちろん、ウィーン市内をくまなく探した訳ではありませんが‥

Img_2018_06__0672

Feriは、はじめはヨーロッパで栽培されている紫陽花は、日本のものと品種が異なるためなのだろうと思っていました。

ところが、先日、19区にあるバイスルに食事に出かけた際、近くの植え込みで、写真のような紫陽花を見かけました。

Feriが言葉で説明しなくてもおわかりのように、日本でよく見かける青い紫陽花です。その雰囲気が日本の紫陽花とよく似ているものですから、しばらく見とれてしまいました(実際には写真よりも青が鮮やかでした)。

その後、ちょっと調べたところ、紫陽花は土壌の酸性度によって花の色が変わるそうで、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると言われていることがわかりました。

つまり、品種の違い以上に、植えられている「土壌の質」が影響しているとは、想像していませんでした。植物の世界も奥が深いものですね。

Img_2018_06__0686

何でも土壌が酸性の場合、アルミニウムがイオンとなって土中に溶け出し、アジサイに吸収されて、花に含まれるアントシアニンと結合し青色となるそうです。

逆に土壌が中性やアルカリ性の場合、アルミニウムは溶け出さず、アジサイに吸収されないため、花は赤色となるのだとか‥

今までFeriがウィーンで見た紫陽花は、きっと土が中性がアルカリ性だったのかもしれませんね。ウィーンで見かけた可憐な紫陽花‥何となく日本の梅雨時を思い出してしまいました。

ところで、紫陽花はドイツ語では「Gartenhortensie」と言うそうですね。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

旅行・地域, in 街角の話題 |

« ウィーンにも公道カートが登場 | Main | 「街頭充電ステーション」が増えてきました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンにも公道カートが登場 | Main | 「街頭充電ステーション」が増えてきました »