« 次も考えています 発電も色々 | Main | Summer in the City  ウィーンの「猛暑対策」 »

August 14, 2018

ÖBBがArlberg線で大規模工事実施

20180813ss00001

日本は「お盆休み」で、通常とは異なる「人の移動」が多いと思います。

鉄道や航空機、道路の混雑が「風物詩」として報道されるのが「日本の常」。へそ曲がりのFeriなどは、“昨年の映像を使い回しても、誰も気づかないのではないかなぁ‥“と思ったこともあります。

このブログでは、Wiener Linienが実施中の「地下鉄の大規模改修工事」にまつわる話題をお届けしていますが、今日は「ÖBBの工事情報」です。

8月17日8時00分から9月3日16時10分まで、大規模改修工事のためアールベルク線のÖtztal-Bludenz間(91km)が閉鎖されることになりました。

皆さま、ご存じのようにアールベルク線はオーストリアとスイスを結ぶ幹線です。Feriも最近はご無沙汰ですが、その昔はスイスからオーストリアの移動でお世話になっていました。

スイスとオーストリアを結ぶ幹線で、RailJetやNightjetも運行されれる路線を2週間も、終日、線路閉鎖して、工事を行うとは、ÖBBも大胆なことを行うものです。

当然、運休区間にはオーストリアお得意の代行バスが運行されます。特に現在、ÖBBホールディングスは、傘下にPostBusを擁しているため、バスの手配はお手のもの。代行バス(系統番号SV400)が運行されます。

Rote Linie(赤系統):Ötztal-Bludenz間の長距離列車停車駅に停車する代行バスです。この区間で乗車、下車する乗客用のバスです。ただし、列車への接続は考慮されていません。

20180813ss00003

Grüne Linie(緑系統):こちらはÖtztal-Bludenz間は無停車(所要時間70分)で、長距離列車と接続するダイヤで運行されます。

ただし、鉄道よりもバスの方が、時間がかかるため、チューリッヒ、ブレゲンツからBludenzへ向かうRailJetとICは出発時刻が早くなります。

Gelbe Linie(黄系統):Ötzta-Landeck-Zams間のローカル代行バスです。

この他、一部のRailJetに関しては、出発時刻が変更になる関係で、これを補完する列車が運行されます。

RJ 168:22時06分着、REX 22時17分発、Bregenz 22時48分着
RJ 866:23時09分着、SB 23時21分発、Bregenz 00時05分着
RJ 760:00時07分着、SB 00時23分発、Bregenz 01時07 分着

20180813ss00002

Nightjet:さすがに夜行列車の場合、時間帯によっては途中で代行バスに乗り換えてもらうのは困難なので、一部の列車(NJ466列車など)については、Lindau-München -Salzburgという迂回ルートで運行されます。

しかし、運休区間が早朝通過となる列車(NJ246列車、EN 40462列車など)に関しては、日中と同じくÖtztal-Bludenz間はバス代行となります。

ただ、EN 40462列車のÖtztal到着は4時54分、接続バスの出発時刻は5時50分‥ バス乗り場までの移動時間も含めて、1時間の接続時間をとっているのでしょうが、利用者にとってはきつい時間帯での乗り換えですね‥

この他、EN40467列車、NJ467列車などは、Ötztal始発に変更となり、Zürich-Bludenz間はRailJetなどで運行し、Ötztal-Bludenz間は代行バス利用となっています。

20180808_railjet_arlberg

また、ÖBB-Infrastruktur AGからは、以下のような工事内容が発表されています。

-Bahnhof Roppen:プラットホームのリニューアルと待避線の新設。駅案内放送システムと昭明のリニューアル。

-Haltestelle Imsterberg:プラットホームのリニューアルと駅案内放送システムと昭明のリニューアル。

-11.000 メートルの軌道とポイントの交換。

-橋梁の検査と保守。防護壁の改修。

-トンネルの点検とトンネル内無線設備の改修。およびトンネル内排水システムの更新。

-倒木による列車障害を防止するため、沿線の樹木伐採。

幹線ですから、本来ならば列車を運行しながらの保守作業が望ましいのでしょうが、作業効率向上と作業員の安全などを考慮すると、このように線路を閉鎖しての工事の方が望ましいと判断したのでしょう。

また、この区間は、一部を除くと単線(Wald am Arlberg -Bludenz間は完全な単線)なので、こちらでお得意の片方の線路を閉鎖して工事を行うという手法も使えません。

この期間、同区間をご利用になる予定の方は、ÖBBのホームページから乗車になる予定の列車時刻などをご確認することをお勧めします。


※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース, in 鉄道のお話 |

« 次も考えています 発電も色々 | Main | Summer in the City  ウィーンの「猛暑対策」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 次も考えています 発電も色々 | Main | Summer in the City  ウィーンの「猛暑対策」 »