« 日本人もビックリ アウトバーンの大渋滞 | Main | レストラン跡がホテルになりました »

August 28, 2018

久しぶりのLungau 小さな街の「大きな変化」

Img_2018_08_0359

今日は久しぶりに訪問したLungauの「ある街の変化」についてご紹介しましょう。

オーストリアの場合、地方の街へ行くと、幹線道路が街中を縦断しているケースと、バイパスを作って街を迂回するケースがあります。

Lungauの場合、後者が多いようです。Feriが、毎夏、滞在していた「某街」も、市内中心部に入るには幹線道路から曲がる必要があります。

もちろん、市内中心部にもバスや物販用トラックも走っています。2年ぶりに訪れたところ、中心部の道路に「写真のような標識」が取り付けられていました。

Img_2018_08_0360

このブログでも、よくお伝えしたウィーンの繁華街Mariahilfer Straßeの一部に掲げられている標識と一緒です。

つまり歩行者優先で、車道を歩行者が歩いてもOK。そのため、自動車は20km/hの速度制限がかけられています。

この道路は、バイパスが出来るまでは、幹線道路だったのですが、現在では生活道路になっています。

Img_2018_08_0361

しかし、商店が並ぶ、この街、随一の「繁華街」です。

道路を良く見ると、従来は片側1車線だったのですが、歩道を広げて、なおかつ車道との段差をなくし、一部区間に関しては、車両は一方通行に変更しているではありませんか。

規模は全く違いますが、Mariahilfer Straßeと同じ発想です。なお、商店を利用するお客さまのために、路上駐車スペースも設けられています。

Img_2014_08_5542

元々、狭い道でしたから自動車もゆっくりとした速度で走っていましたが、歩行者優先ゾーンにしてしまったのには、正直、驚かされました。

この日は週末だったのですが、あいにくの雨模様だったため、歩行者優先ゾーンをそぞろ歩きする人は少なかったですが、天気が良ければ買い物のお客さまなどで、賑わうことでしょう。

なお、最後の写真は、Feriお得意の定点撮影。歩行者優先ゾーン化される前の道路です。

小さな街ながら、思い切った政策転換をしたものだと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_austria_001

旅行・地域, in 街角の話題, in ピクトグラム |

« 日本人もビックリ アウトバーンの大渋滞 | Main | レストラン跡がホテルになりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日本人もビックリ アウトバーンの大渋滞 | Main | レストラン跡がホテルになりました »